ORICON STYLE

2007年04月04日
福山雅治
Special Issue
映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
主題歌に迫る!
 オダギリジョー主演の映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の主題歌「東京にもあったんだ」は、ギターの音色が全編を貫くアコースティック感が心地良い福山ならではのバラードだ。主題歌として感動を呼び起こすだけでなく、映像と切り離して心の中で噛みしめることでも大きな勇気を与えてくれる曲となっている。

“東京”に対する思いが溢れている

 実は、この曲の原型(最初のフレーズ)は、2005年に発表した作品「東京」を作ったときに福山のなかにあったもの。断片だけで未完成だったそのフレーズを、今回の主題歌制作にあわせて動かしはじめた。その時、この曲を完成させるための準備が整ったと彼は感じたという。「東京」から2年のインターバルを置いて完成を見ることとなった「東京にもあったんだ」。そこには、“東京”に対する彼らしい思いが溢れている。

 世界屈指のメトロポリス東京。この地に憧れ、目指し、訪れる地方出身者は後を絶たない。街に溢れる人、渦巻く情報、車の波、猛烈な勢いで流れていく時間・・・、それらはいつしか人々の感覚から“空を眺める余裕”を奪い取っていく。東京には空がない。使い古された表現だが、かつての光化学スモッグに代わって、現代の東京のそんな“サイバーパンク”な姿が、人々の視界から空を消し去ってしまった。だからこそ、ふとしたときに出会う夕焼けや星空、月の美しさは心に染み込む。夢を追いかけて街へ出て来たけれど、日々の忙しさや都会のルールのなかで、自分を見失いそうになる現代人にとって、その美しさはなにものにも変えがたい輝きと優しさに満ちている。自身もミュージシャンになるという夢をもって東京へ足を踏み入れた福山が、そんな思いを胸に書き上げたのがこの「東京にもあったんだ」なのだ。

“今を精一杯生きる”ことから人生の大逆転は始まる

 だから、この曲には地方から東京へやってきた人々が抱く、心のつぶやきや叫びが溶け込んでいる。共感する、というレベルを超えた、“わかってるね、福山!”と思わずにはいられない感動が聴くものを包み込むはずだ。誰にも共通する故郷への愛、親への愛。それを映し出した『東京タワー』だからこそ、この曲は似合うし、この曲でなければいけないようにも感じる。主題歌然とした曲以上の説得力がある。

 カップリングの「無敵のキミ」は一転してリズミカルなビートポップ。誰もが抱く月曜の朝の憂鬱から物語はスタートし、さまざまな心の葛藤が描かれていく。でも“今を精一杯生きる”ことから人生の大逆転は始まるんだって、福山が微笑みかける。

 そう、この2曲はどちらも日々に疲れた現代人に贈る“応援歌”。新年度のスタートだからこそ、心の隣に置いておきたいナンバーだ。特に、これから新しい環境で新しい生活を始めるという人、この1枚で心のエンジンに火を点けろ!
(文:田井裕規)
Release
東京にもあったんだ/無敵のキミ【初回盤】
福山雅治
2007/04/11[シングル]
\1,500(税込)
ユニバーサルミュージック
UUCH-9020
CDを購入する(Amazon)
松竹配給映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』主題歌
コーセー『ESPRIQUE PRECIUS』CMソング
東京にもあったんだ/無敵のキミ【通常盤】
福山雅治
2007/04/11[シングル]
\1,000(税込)
ユニバーサルミュージック
UUCH-5075
CDを購入する(Amazon)
映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
オリジナルサウンドトラック

2007/04/11[アルバム]
\2,500(税込)
ユニバーサルミュージック
UUCH-1062
CDを購入する(Amazon)
Profile
1969年2月6日、長崎県に生まれる。
1990年3月、シングル「追憶の雨の中」でデビュー。
1991年、ドラマ『あしたがあるから』で役者デビュー。
1993年、フジテレビ系TVドラマ『ひとつ屋根の下』で全国的な認知を得る。
1993年10月21日、アルバム『Calling』で自身初の首位獲得。以降、『ON AND ON』 『M Collection 風をさがしてる』で首位獲得。
1994年3月24日、シングル「IT'S ONLY LOVE/SORRY BABY」で自身初となるシングルチャート首位を獲得。以降、「HELLO」 「Message/今このひとときが遠い夢のように」 「HEAVEN/Squall」で首位獲得。
2000年4月26日、シングル「桜坂」で首位獲得。この年を代表する名曲としてロングヒットし、社会現象となる。
2000年10月12日、シングル「HEY!」で首位獲得。
2003年8月27日、「虹/ひまわり/それがすべてさ」で首位獲得。
2005年8月17日、シングル「東京」をリリース。
2006年5月24日、シングル「milk tea/美しき花」、アルバム『Fukuyama Masaharu ANOTHER WORKS remixed by Piston Nishizawa』を同時リリース。
2006年12月6日、アルバム『5年モノ』をリリース。首位獲得。
2007年4月11日、シングル「東京にもあったんだ/無敵のキミ」(映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』主題歌)をリリース。
オフィシャルサイト
【過去の特集】
■アルバム『5年モノ』特集
  『5年の歳月を費やした極上のフルコースをお試しあれ!』(2006/12/06)