ORICON STYLE

2005年07月13日
Dragon Ash「夕凪UNION」 夕凪UNION
Dragon Ash
2005/07/13発売[シングル]
\1,260(税込)
ビクターエンタテインメント
VICL-35856

CDを購入する
【収録曲】
01.夕凪UNION  02.ROUND UP  03.SPRIGGAN

  とんとご無沙汰だったDragon Ashが、いきなり2ヶ月連続でシングルをリリースだ。そこで聴かれる計6曲の新曲達は、そのどれもがアグレッシヴな「せつなさ」でもって、我々を「どこか」に誘拐しようとしている。おいおい、嬉しいぞ。



 去年シングル僅か1枚しか出さなかったDragon Ashが、なんと2ヶ月連続のシングル・リリースだ。「出る出る」と言われ続けてるうちに、もはや皆忘れかけていたニュー・アルバムも近々姿を見せるらしい。いいじゃないか別に、アーティストの勝手じゃん。それぐらいマイペースの奴の方が、信用できるというものだ。
 まず先月の「crush the window」は、「超高速」ドラムンベースでいきなり人を追いたてておきながら、哀愁のメロディとその展開はまさに「昭和」の文脈で、よくわかんないうちに聴く者をぐっとさせてしまう、彼ららしい一品だった。
 大体Dragon Ashの楽曲達は、昔からこうなのだ。とりあえず<ミクスチャー>であるのをいいことに、そのサウンドスタイルは勿論、曲毎に何でもありまくりである。しかしそのドサクサに紛れてというか、「火事場泥棒」というか、人々が抱えてるせつなさ満載の世代感をやたらくすぐるのだ。これが。
 何でもいいからとにかく「人と繋がってる自分」に安心したくて、ケータイ依存症に陥ってる今の世代には、頼もしくて優しいのがDragon Ash特有の<アッパー性>である。ここんとこKJ自身も孤独感に苛まれてたような楽曲が続いていたが、久々に抜いた伝家の宝刀はやはり人を安心させる。
 面白いのは、「crush〜」が<そう夢の続きを>、c/w曲も「resound」が<約束の地へ行こう>で「soldier」が<無限の海 船を出せ>と、新曲3曲共が「ここではないどこか」へ誘いまくってる点だ。しかも自信ありありなのだから、まさにバージョン・アップされた「確信犯」だろう。こりゃ。



 その「行くぞ行くぞ」ノリは、今回のニューシングルにも引き続き登場している。
リード曲「夕凪ユニオン」は「crush〜」の押し出しが強い「車窓ロック」とはまた異なり、スティングを思わせる緩くてせつないメロとヴォーカルが、どこまでもオルタナティヴなギターと絡み合う叙情性がポイントだ。そんなしみじみする楽曲ではあるけども、やはり<照らすhorizon 揺れ今集う 急かす到来を play the song>と、その目線はどこか「安息の地」を見据えてるのだから。
 そして「crush〜」流れのc/w曲「ROUND UP」もまた、<新世界へ Here we fly away>と誘っている。
このけたたましくも優しい「ハーメルンの笛吹き」Dragon Ashについつい惹きこまれてしまうのは、歌詞も去ることながら、独特のミクスチャー具合を誇るサウンドの存在がやはり、デカい。
 さっきも「ドサクサ紛れ」と書いたが、どんなにテクノロジーと合体しようがヒップホップ色も幅を利かそうが、ロック・バンド的ダイナミズムが基本に据わっているのが、Dragon Ashの持ち味だ。だからこそ、日本人は無意識にでも盛り上がってしまうのである。鼓舞されちゃうのである。
 もっと言うと、ガンプラに飛行機やら戦車やらのプラモの部品を自分勝手にくっつけて、大胆なグレードアップを図ってるような、わかり易いミクスチャーぶりもまた、「ヴァージョン・アップ好き」の我々をかなりくすぐってる気もする。
 そんなことを妄想してたら、c/wのもう1曲「SPRIGGAN」はそのタイトル通り、頼まれもしないのに勝手に作っちゃった、少年サンデー連載の人気漫画『スプリガン』の主題歌だったりする。これがまた、クールなサウンドといかにも漫画主題歌っぽい勇壮な日本語詞のズレ加減が、面白いのだ。というか、こういう楽曲の誕生自体が、Dragon Ashの「優秀なプラモ感覚」を象徴してたりなんかして、なにか愉しくなってしまった。
 そういうことも含めて、やっぱ彼らは<ジェネレーション・バンド>なのだ!
(文:市川哲史)


Dragon Ash「crush the window」 crush the window
Dragon Ash
2005/06/01発売[シングル]
\1,260(税込)
ビクターエンタテインメント
VICL-35855

CDを購入する
【収録曲】
01.crush the window
02.resound feat.HIDE,136
03.soldier
メンバーはKj(Vo&G)、IKUZONE(B)、桜井誠(Dr)、BOTS(Turntable)、DRI-V(Dance)、HIROKI(G)、ATSUSHI(Dance)の7名。 1997年2月21日、ミニ・アルバム『The Day dragged on』でデビュー。
1999年、DJ BOTS正式加入。
1999年5月1日、シングル「I LOVE HIP HOP」「Grateful Days」同時発売。最高4位を獲得しメガヒット。
1999年7月23日、アルバム『Viva La Revolution』リリース。初登場2位、翌週1位を獲得。
2002年1月23日のシングル「Life goes on」、3月6日のシングル「FANTASISTA」が共に2週連続の1位を獲得。
2003年、HIROKI(G)、ATSUSHI(Dance)、DRI-V(Dance)加入。現在の7人編成となる。
2003年7月23日、アルバム『HARVEST』リリース。初登場1位獲得。
2005年6月1日、シングル「crush the window 」リリース。初登場2位獲得。
2005年7月13日、シングル「夕凪UNION」リリース。

オフィシャルサイトへGo


7月
7月24日(日)
SETSTOCK '05
OPEN 11:00 / START 13:30 / END 20:00
会場:国営備北丘陵公園(広島県庄原市)
問い合わせ:SETSTOCK’05 インフォメーションダイヤル 0180-998-900(24時間テープ対応)
詳細はコチラ
8月
8月05日(金)
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005
OPEN 11:00 / START 13:30
会場:国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)
問い合わせ:ROCK IN JAPAN FESTIVAL 事務局 0180-993-611(24時間テープ対応、PHSからは不可)
詳細はコチラ
8月27日(土)
MONSTER baSH
OPEN 9:00 / START 11:00 / END 20:00(予定)
会場:国営讃岐まんのう公園・芝生広場(香川県)
問い合わせ:デューク高松 087-822-2520
詳細はコチラ
8月28日(日)
RUSH BALL 05
OPEN 11:00 / START 13:00
会場:大阪府・泉大津フェニックス
詳細はコチラ
9月
9月03日(土)
音楽と髭達
'FESTIVAL2005
OPEN 12:00 / START 14:00 / END 21:00(予定)
会場:国営越後丘陵公園・野外特設ステージ(新潟県長岡市)
問い合わせ:サンライズプロモーション北陸チケットセンター 025-246-3939
詳細はコチラ
10月
10月27日(木) ・28日(金)
Zepp Tokyo
OPEN 18:00 / START 19:00
問い合わせ:DISK GARAGE 03-5436-9600
11月
11月03日(木・祝)
新潟フェイズ
OPEN 18:00 / START 19:00
問い合わせ:キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100
11月04日(金)
桐生市市民文化
会館・小ホール
OPEN 18:00 / START 19:00
問い合わせ:桐生音協0277-53-3133
11月11日(金)
Zepp Sendai
OPEN 18:00/19:00
問い合わせ:G.I.P 022-222-9999
11月12日(土)
Zepp Sendai
OPEN 17:00 / START 18:00
問い合わせ:G.I.P 022-222-9999
11月17日(木) ・18 (金)
Zepp Osaka
OPEN 18:00/ START 19:00
問い合わせ:GREENS 06-6882-1224
11月20日(日)
岡山オルガホール
OPEN 18:00/ START 19:00
問い合わせ:夢番地岡山 086-231-3531
11月23日(水/祝)
Zepp Sapporo
OPEN 17:00/ START 18:00
問い合わせ:WESS 011-614-9999
11月25日(金)
YOKOHAMA BLITZ
OPEN 18:00/ START 19:00
問い合わせ:DISK GARAGE 03-5436-9600
11月27日(日) ・28日(月)
Zepp Nagoya
OPEN 18:00/ START 19:00
問い合わせ:ジェイルハウス 052-936-6041
12月
12月02日(金)
京都KBSホール
OPEN 18:30/ START 19:00
問い合わせ:GREENS 06-6882-1224
12月03日(土)
京都KBSホール
OPEN 17:30/ START 18:00
問い合わせ:GREENS 06-6882-1224
12月09日(金)
長野県松本文化
会館・中ホール
OPEN 18:00/ START 19:00
問い合わせ:キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100
12月11日(日)
高知BAY5-SQUARE
OPEN 17:30 / START 18:00
問い合わせ:デューク高知 088-822-4488
12月13日(火)
松山市総合コミュニティセンター
OPEN 18:30 / START 19:00
問い合わせ:デューク松山 089-947-3535
12月15日 (木) ・16 (金)
Zepp Fukuoka
OPEN 18:00/ START 19:00
問い合わせ:BEA 092-712-4221
★チケット代金:前売り¥5,600(税込・ドリンク別)
 ※新潟、桐生、岡山、京都、松本、松山公演以外は別途ドリンク代¥500

詳しくはオフィシャルサイトまで