ORICON STYLE

見せたくなかった部分も包み隠さず出した

平原綾香

――今作は久々のオリジナルアルバムですが、制作はどんな心境で取り組みましたか? 【平原】 とにかく気合が入っていました。2009年に出したクラシックのカバーアルバムの時は作曲家の想いを汲み取りながらアレンジをしたり歌詞を書いていると、天国にいる作曲家が教えてくれるというか、ある意味ひとりで作っている感覚じゃなかったので、すごく心強かったんですね。でも今回はゼロからなので、すべてを自由に表現できるのは嬉しいけれど、自分の中を探る作業でもあり自分だからこそわからない部分もあって。本当にこれで進んでいいのか、常に自分と対話しながらつくっていきました。

――アルバム全体のテーマはありましたか? 【平原】 今まで出していなかった側面を、もっと、出していこうっていうコンセプトがありました。私はイメージ的に“「Jupiter」の平原綾香”っていうおとなしい印象を持たれていますが、それ以外でも学生の頃とか「平原さんって話にくい人だと思っていたけど、話したら意外と気さくだった」って言われることが多かったんですよ。そう考えると自分では楽しい自分を出しているつもりでも、人には全然伝わっていなかったんだなって反省もあって。今回は思い切って出していこうと思ったんです。

――具体的にどんな部分を表現し、出していきましたか? 【平原】 自分の弱さを素直に書きました。今までは弱い自分を出しちゃいけない、それよりも背中を押せるような曲を書こうと思っていたけれど、弱さを見せ共感してもらうことで初めて癒しが生まれると思って、見せたくなかった部分も包み隠さず出したんです。

――『ドキッ!』というアルバムタイトルは、そんな平原さんを見た人たちをドキッとさせる意味が? 【平原】 それだけでなく、制作している時に楽しかったり感動したりいろんなことを感じていたので、この言葉がいいんじゃないかってプロデューサーさんと相談して決めたんです。人間が“ドキッ”とする時って本能的に出てくる感情だったりするので、今回の作品にピッタリだなと自分でも思いました。

新たな自分を出してみなさんと“ドキッ!”としたい!

ドキッ! ニューアルバム『ドキッ!』

――今作はそんなDISC1に加え、昨年行われたツアーのライブ盤をあわせた2枚組になっていますが。2枚組にした理由は? 【平原】 このツアーは震災後に行ったもので、1曲目の「Jupiter」は黙祷の意味でアカペラから始めたので、当時の想いが込められています。なので今も復興に向けてがんばっている人たちを忘れないし、忘れたくないっていう気持ちを届けたくて収録しました。震災の影響で中止になってしまい、観に来れなかった方たちにもぜひ聴いてもらえたらと思います。あとラップを歌っている「JOYFUL,JOYFUL」とかコンサートに来ないとわからない“動く平原綾香”も入っているので、CDでしか私を知らない方にアクティブな一面をぜひ知ってもらえたら嬉しいです。

――そういった意外な側面に加え、ライブ盤からは平原さんの歌い手としての奥深さや、ステージ上のピンと張り詰めた空気感や気迫みたいなものも感じました。 【平原】 目を閉じて聴くと、コンサート会場にいるみたいに感じるし、歌の細かいニュアンスまで生々しく聴こえてきます。ライブで何度も歌っている曲は、CDのリリース時より歌い方が変わっているものも多いんですよ。ぜひ、ライブならではの雰囲気を楽しんでください!

――そんな2枚のCDをつくり終えた今の心境は? 【平原】 もっともっと新しい平原綾香を出していきたいっていう心境です。でも決してイメージチェンジではなく、ラーメン屋さんの“冷やし中華を始めました”みたいな(笑)。今までのベースの上にさらに違う要素を加えていく感覚。そうやって新たな自分を常に出して、みなさんと“ドキッ!”としていきたいです。

(文:若松正子)

RELEASE

ドキッ! ドキッ!
平原綾香
2012/02/29[アルバム] 価格:¥3,200(税込)
DREAMUSIC 品番:MUCD-1260/1
CD購入(Amazon)CD購入(HMV)このCDについて語ろう!着うた®配信

PROFILE

平原綾香
1984年5月9日生まれ。東京都出身。A型。サックス奏者の平原まことを父に、ジャズトランペッターでホットペッパーズの平原勉を祖父に、アーティストのaikaを姉に持つ。
2003年12月17日、シングル「Jupiter」でデビュー。シングルチャート最高位2位を記録。
2003年2月に発売されたアルバム『ODESSEY』はアルバムチャート最高位2位を記録。
2004年、『第55回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たし、同年『第46回日本レコード大賞』新人賞を受賞する。
2006年、シングル「誓い」をリリース。NHK『トリノオリンピック』放送テーマ・ソングに。
2009年9月、カバーアルバム『my Classics!』をリリース。同作品で『第51回輝く!レコード大賞』優秀アルバム賞を受賞。
2011年、平成22年度文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。
2012年2月1日、シングル「NOT A LOVE SONG」と、DVD『DREAMOVIES 3』をリリース。
2012年2月29日、アルバム『ドキッ!』をリリース。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

BACKNUMBER

■シングル「虹の予感」インタビュー
 『人の心を動かす音楽をいくつになっても続けていたい』(2004/07/28)

▲このページの最初に戻る