ORICON STYLE

3年半の成長が感じられるアルバムに

――『SINGLE COLLECTION』のリリースを記念して、今回はgirl next doorの3年半を振り返り、今だから話せる裏話的なものを聞かせていただければと思うんですが。 【鈴木】 これも裏話といえば裏話だと思うんですけど、今回ボーナストラックとして「偶然の確率」のDave Ford Mixが収録されているんですよ。実は、デビュー当時には、もうあったものだったんです。それが今回初めて世に出るという。やっぱり通常のバージョンとはちょっと違うミックスになっているので、2曲を聴き比べてみるのも面白いと思いますね。
【井上】 このミックスがその頃からあったことを、僕もいま知った。まさに裏話ですね(笑)。
【鈴木】 あとはCDの前半と後半で、だいぶ曲のテイストが変わって来てますよね。ツアーを経験したことで、後半に行くに従ってライブで盛り上がるような楽曲が増えていってる。

――そうか。ツアーをやって、どういう曲が必要かを実感したんでしょうね。 【鈴木】 そうですね。僕らの場合、最初の1年半くらいはライブをやらないままCDをリリースしていましたから。
【井上】 このアルバムでいうと、ちょうどM8の「Freedom」までツアー未経験なんですよ。そういう目で見ると「Ready to be a lady」から、本当に曲調がガラッと変わってるのがわかると思います。たぶん僕らは最初の頃、3人が口を揃えて「早くライブがやりたい」って言ってたと思うんですけど、それは、そうしないとなかなかお客さんの顔が見えてこないから。そういったなかで1stツアーを経験できたのは、今考えても、すごく大きかった記憶がありますね。
【千紗】 本当にそうだなって、私も改めて思いました。今回のアルバムを聴いたとき、自分自身でも「偶然の確率」の頃と最近の曲では、声が全然違うなって思ったんです。それは、やっぱりライブを経験したことで声量が変わってきたから。お客さんを目の前にして歌うライブでは、レコ―ディングのとき以上のパワーが自分の中から出て来ましたからね。そのおかげで鍛えられたんだと思います。

ライブの入門編としてもピッタリなアルバムに

girl next door girl next door

――声だけじゃなく、ライブパフォーマンスにも、最初の頃と最近の千紗ちゃんでは、だいぶ変わって来てるんじゃないですか? 【鈴木】 それは全然違いますよ。最初の頃は、“大丈夫かな、この人?”っていう挙動不審なところがありましたから(笑)。だから、いつ千紗が何かをやらかしても対応できるよう、マイク片手にやっていた感じでした(笑)。
【井上】 確かに。千紗と対面しているお客さんより、千紗を後ろから見ている僕らのほうが、強烈に不安感は感じていたと思います(笑)。心配すぎて、水も飲めないみたいな(笑)。でも、最近のツアーは、もう安心して水を飲めるようになりました(笑)。

――ギターにもからんで来るようになったり? 【井上】 そうそう!寄って来るようになりましたね(笑)。以前は、“どこ行っちゃったんだ?”ってことも多かったですけど(笑)。
【千紗】 あ〜(笑)。昔は自分が歌っていない間奏部分って、何をしていいのかわからなかったんです(笑)。でも、今はそういうことがなくなったから、心から楽しめてますね。

――今回のアルバムにもライブのキラ―チューンが満載ですよね。 【鈴木】 そうですね。「Infinity」「ダダパラ!!」「ROCK YOUR BODY」あたりは、ライブでやるとかなりヤバイです!
【井上】 高カロリー消費曲ですね(笑)。
【鈴木】 「ダダパラ!!」なんかは、あまりにもメンバーが汗だくすぎて、お客さんがガル扇(ガルネクのグッズの扇子)であおいでくれます(笑)。
【千紗】 なので、お客さんも相当燃焼してます。
【鈴木】 逆に、このアルバムの中に入っている曲でいうと「Orion」や「Silent Scream」は、CDで聴くよりライブで聴いたほうが、千紗の歌にもグッと来るものがあると思います。
【千紗】 いやぁ、嬉しいです。今ちょうどツアー中なので、なんかアルバムっていうよりライブのインタビューみたいになっちゃってすみません(笑)。でも、今回のアルバムにはライブでやっている曲がたくさん入っているので、入門編としてもピッタリだと思います。

――ちなみに、この『SINGLE COLLECTION』後の展開は? 【鈴木】 5月30日に次のシングルをリリースすることになっています。そこでは7年ぶりに僕と(元Every Little Thingの)五十嵐充さんでタッグを組もうかなと思っていまして。実は、もう7曲くらいデモは上がっているんですよ。4thアルバム『アガルネク』で、ライブでアガる曲はひと通りできたと思うので、ちょっとシフトチェンジというか、また違うgirl next doorを見せられたらいいなって思っています。

(文:高橋栄理子)

RELEASE

Single Collection【DVD付】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) このCDについて語ろう! Single Collection
【DVD付】

girl next door
2012/03/07[アルバム]
価格:\3,990(税込)
エイベックス・トラックス
品番:AVCD-38439/B

Single Collection CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 着うた®配信 Single Collection
girl next door
2012/03/07[アルバム]
価格:\3,150(税込)
エイベックス・トラックス
品番:AVCD-38440

PROFILE

girl next door
関西でダンサーとして活躍していたところを見出された千紗(Vo)、day after tomorrowのキーボーディスト・鈴木大輔(Key)、スタジオミュージシャンとして活躍していた井上雄治(G)による3人組ユニット。

2008年9月3日、シングル「偶然の確率」でメジャーデビュー。初登場3位を記録。
2008年12月24日、アルバム『GIRL NEXT DOOR』をリリース。
2008年12月、『第50回日本レコード大賞』で新人賞を受賞。
2008年12月31日、『第59回NHK紅白歌合戦』に初出場。
2009年6月10日、シングル「Infinity」をリリース。1位を獲得。
2010年1月20日、アルバム『NEXT FUTURE』をリリース。
2011年4月27日、アルバム『Destination』をリリース。
2011年12月28日、アルバム『アガルネク!』をリリース
2012年3月7日、初のベストアルバム『Single Collection』をリリース。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

BACKNUMBER

■アルバム『Destination』インタビュー
 『王道から新境地まで、テーマは“おもちゃ箱”!』(2011/04/27)
■アルバム『Ready to be a lady』インタビュー
 『新曲は女の子への応援ソング!』(2010/10/20)
■アルバム『NEXT FUTURE』インタビュー
 『さらなる進化が感じられるバラエティに富んだ最新アルバム!』(2010/01/20)

▲このページの最初に戻る