ORICON STYLE

芸能界に一発ぶちかましたい!

――いよいよメジャーデビュー(仮)の日が近付いてきました。 【安本彩花】 ちゃんとCDが売れて、有名になれるのか不安だけど、友達にも宣伝して、売れるようにがんばります!
【真山りか】 エビ中は、今年の8月4日で結成からまる3年になるんですね。私は最初からいたメンバーで、エビ中を3年もやっているので、インディーズだとかメジャーだとかも全く気にしてないんです。何が起きてもどーんと構えて、とにかく、やることをやるだけだって思っていて。でも、メジャーデビューするからには、芸能界に一発ぶちかましたいと思ってます!

――どんな3年間だったといえばいいですか? 【真山】 ももクロちゃんが引っ張ってくれたので、ももクロちゃんほどの苦労はしてないんですけど、自分たちなりに考えることはたくさんあって。結成1年目はオリジナル曲がなくて、恥ずかしいなって思うこともあったし、「もっとがんばらなきゃ!」っていう向上心を鍛えられた3年間だったと思います。

――ここまでの活動のなかで、それぞれが思ういちばん印象的な出来事を教えてください。 【安本】 2011年の1月10日のライブで、メンバーが転校しちゃったんですけど、泣きながら言った最後のあいさつを聞いて号泣しちゃって。私は泣いて歌えなくなっちゃったんです。でも転校する本人は、気持ちを切り替えて、ちゃんと歌っていたんですね。「あの空に向かって」(ももクロのカバー)で、せっかくいいパートをもらえていたけど、歌えなくて。あとで、お父さんに「転校する方が歌えてるのに、転校しないお前がなんで歌えないんだ」って叱られた思い出があります。
【松野莉奈】 私は、渋谷O-EASTでやった、いちばん最初のワンマンライブです。あんなにたくさんのお客さんが来てくれるとは思ってなくて。ステージに立って、すごい人数のお客さんを見たときにびっくりしちゃって。緊張して何がなんだか分からなくなっちゃったんですけど、今では、あのライブがあったおかげで自分が変われたかなって思っています。
【柏木ひなた】 『TOKYO IDOL FESTIVAL2011』のメインステージで踊れたことが嬉しかったです。お客さんの声援がすごくて、キョンシーメイクをしてたんですけど、メイクなんてどうでもいいやって吹っ切れるくらい楽しかったです。
【真山】 私はインディーズでは最後となった赤坂BLITZでのワンマンライブです。今までで一番大きい会場だったので、ちゃんと埋まるのかなっていう不安があったんですが、「ebiture(OPENING)」でステージに出たときに、お客さんの多さに圧倒されちゃって。みんなも緊張してたと思うけど、エビ中らしいパフォーマンスができたし、会場全体がひとつになることもできた。「ああ、エビ中もちょっとは成長してるんだな」って感じることができた瞬間でしたね。

世間にエビ中が浸透して、“エビ中ファミリー”を増やしたい

――その“エビ中らしさ”はどんなものだと言えばいいですか? 【真山】 「King of 学芸会」というキャッチフレーズに尽きると思います。アイドルなのに歌やダンスができないから、その分だけ、ファンの方に保護者目線で見てもらっているなと。“保護者目線”からの成長への“期待感”と、どんなことをするか分からない“未知数”なところが魅力だと思います。
【安本】 あと、曲が、ほかのアイドルと違います。例えば、春は桜ソングや卒業ソングをとは思いますが、エビ中は花粉症の歌「ザ・ティッシュ〜とまらない青春」とか、お化けの歌「オーマイゴースト?〜わたしが悪霊になっても」を歌っていて。少しズレた曲が魅力なのかなと思います。

――では、デビューシングル「仮契約のシンデレラ」を最初に聴いたときの印象は? 【柏木】 ほかのアイドルが歌うような可愛らしい曲だなって。今までのエビ中にはない感じというか。
【真山】 こんなにまともな曲を歌っていいのか心配になりました。
【松野】 私もかわいい曲だなって思ったんですけど、お母さんには「また、いつもの感じだね」って言われて。ほかのアイドルたちから見たら、また変な曲なのかなって。
【真山】 うそ!普通にいい曲じゃない?

――でも、セリフやお芝居もたくさん入っていますし。最後は<お疲れちゃん>で終わる曲ですよ!? 【安本】 あれ、結構、清純派な方です(笑)。もうちょっとひねっても良かったんじゃないかなって思ったんですよね。でも最近、今は抑えめにして、みんなが慣れた頃に、もっとひねったらいいのかなって考えるようになりました。
【真山】 花粉症やお化けの歌に比べたら、お姫様になりたい女の子が主人公だから、断然かわいいし、エビ中を知らない人でも分かりやすいストーリーになってると思います。
【柏木】 フリも簡単なので、この曲をたくさん聴いて、ミュージックビデオをいっぱい観て、曲とフリを覚えてライブに来て欲しいです。
【真山】 たくさんの人にエビ中を好きになってもらって、世間にエビ中が浸透していけたらいいなって思います。個人的には、歴史的なアイドルになりたいので、将来的には、アイドル雑誌の年表に“2012年 エビ中がデビュー”って載るようなグループになりたい。“エビ中時代”を作りたいです。
【松野】 まずは、「仮契約のシンデレラ」でオリコン9位を目指したいです。メンバーが9人なので、9位を目標にしています(笑)。そのためにも、いろんなところに行って、たくさんの方と会って、“エビ中ファミリー”をどんどん増やしていけたらいいなって思います。

(文:永堀アツオ)

RELEASE

仮契約のシンデレラ【初回生産限定エー盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) このCDについて語ろう! 仮契約のシンデレラ
【初回生産限定エー盤】

私立恵比寿中学
2012/05/05[シングル]
価格:\1,200(税込)
DefSTAR
品番:DFCL-1885

仮契約のシンデレラ【初回生産限定ビー盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 仮契約のシンデレラ
【初回生産限定ビー盤】

私立恵比寿中学
2012/05/05[シングル]
価格:\1,200(税込)
DefSTAR
品番:DFCL-1886

仮契約のシンデレラ【通常盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 仮契約のシンデレラ
【通常盤】

私立恵比寿中学
2012/05/05[シングル]
価格:\1,200(税込)
DefSTAR
品番:DFCL-1887

PROFILE

私立恵比寿中学
瑞季、真山りか、杏野なつ、安本彩花、廣田あいか、星名美怜、鈴木裕乃、松野莉奈、柏木ひなたの9人組アイドルグループ。
2011年4月27日、シングル「ザ・ティッシュ〜とまらない青春〜」をリリース。
2011年7月27日、シングル「オーマイゴースト?〜わたしが悪霊になっても〜」をリリース。
2012年5月5日、シングル「仮契約のシンデレラ」でメジャーデビュー。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る