ORICON STYLE

T.M.Revolution Special Interview

“すべてをひとりでやる男”西川の意外な苦労と葛藤とは!?

 新曲『FLAGS』は『戦国BASARA 劇場版』のオープニングテーマ。人気シリーズに多くたずさわるT.M.R.ならではの大変さから、“すべてをひとりでやる男”西川が抱える苦労と葛藤までトークは意外な展開へ…(笑)。

納期とかプレッシャーとかすごく嫌い(笑)
T.M.Revolution

――『戦国BASARA』シリーズとはT.M.R.としては4度目のタッグになりますが。劇場版主題歌ということで今までと取り組む気持ちは違いました?
【西川】 
制作自体に変化はないけど、4度目ってことで、今までよりもひと回りもふた回りも大きなものにしたいなってところはありましたね。図らずもT.M.R.は今年15周年で、BASARAも5周年という節目をお互い迎えていて。ここでもう1回気合いを入れなおして次を目指すっていう、それこそ旗印(FLAGS)になろうという気持ちはあったと思います。

――聴いた瞬間、持っていかれるというか。巻き込み力がすごく強い曲ですよね。
【西川】 
ホント?!でもここまで長くひとつの作品とお付き合いしていると、気心は知れているけどハードルは高くなるというか。毎回、“これだ!”ってものを出して、ガッツリいいものが生まれてくるほど自己記録の更新をすることになるわけじゃないですか。そういう意味では、どれだけやっても緊張感があったりするんですよ。

――T.M.R.はこの『BASARA』以外にもタッグを組んでいる作品が多いですが、何もないよりそういう緊張感がある方が燃えるとか。
【西川】 
いや、全然、好きじゃないですよ。納期とかプレッシャーとかすごく嫌いだから(笑)。でも逆にそういう状況じゃないリリースは、ほとんどないっていう。

――確かに(笑)。
【西川】 
なので良くも悪くも、腹の真ん中にグッと抱えて、自分の中にガツンと腑に落としてやらないといけないというか。どのシリーズも毎回、これで終わってもやむなしってぐらいの気持ちでやらないとできないですよね。

プライベートぐらいは全部人にまかせ、受身でいたい

――毎回、そんな崖っぷち状態の中でやるのはしんどくはないですか?
【西川】 
それを言ったら全部しんどいですよ。だって曲出して、ライブだってセットだ衣裳だ演出だって全部自分でやっているわけですから。で、今もツアーをやっているけど、秋からの舞台の打ち合わせも始まっていて、いろいろなことを日々やって後戻りできない状況にいて、常にしんどいったらしんどい(笑)。時折、滅入りたくもなるけど、そんな余裕すらない。滅入ってるヒマがあったら、他のことをしなくては!って状況ですから。

――西川さんの、そういったパワーの原動力はどこからくるんですかね?
【西川】 
貪欲なのはありますよね。そのテンションが落ちない。だから、ときにその貪欲さを周りにも求めるから周りは大変ですよ。これについてこれないと僕と仕事できない。“なんで?もっとよくしようと思わないの?人としておかしくない?”って責め続けますから(笑)。

――周りも鍛えられますね。
【西川】 
脱落する人も多いですよ。で、残っているのは打たれ強い人たち。今、受け流しておけばしばらくしたら冷えるでしょって。でも僕、すっごい根に持っているからあとからでも“あの日、あの時間に話した答え、まだ出ていないですけど”って、絶対言いますけどね(笑)。

――ちなみにプライベートでもそんな感じ?
【西川】 
いや、逆ですね。仕事で全部決めている分、その日着る服も食べるものも日常生活は一切、決めたくない。だってしんどいですもん。プライベートぐらいは全部人にまかせて、つねに受身でいたいです。

(文:若松正子)

 
RELEASE
FLAGS【初回生産限定盤】

FLAGS【初回生産限定盤】
T.M.Revolution
発売日:2011/06/22[シングル] 
価格:¥1,575(税込)
エピックレコードジャパン 品番:ESCL-3701/2

FLAGS【通常盤】

FLAGS【通常盤】
T.M.Revolution
発売日:2011/06/22[シングル] 
価格:¥1,020(税込)
エピックレコードジャパン 品番:ESCL-3703

 
PROFILE

1970年9月19日生まれ。滋賀県出身。A型。
1996年3月、プロデューサー・浅倉大介のもと、ソロプロジェクト“T.M.Revolution”をスタート。
1996年5月13日、シングル「独裁-monopolize-」でデビュー。
1997年7月1日、シングル「HIGH PRESSURE」をリリース。爽快な楽曲とともに本人のキャラクターや奇抜な衣装が、話題になる。
1998年1月21日、アルバム『triple joker』をリリース。ダブルミリオンの大ヒットを記録。
2004年3月31日、オリコン・エンタテインメントより西川貴教としては初作品となる書籍『西川貴教のとなりの芝生』をリリース。
2006年1月1日、リクエストセルフカバーアルバム『UNDER:COVER』をリリース。
2006年6月7日、デビュー10周年記念ベストアルバム『1000000000000』をリリース。
2006年12月6日、西川貴教による新バンドプロジェクト“abingdon boys school”でシングル「INNOCENT SORROW」をリリース。
以降、abingdon boys schoolとしては、これまで2枚のアルバム『abingdon boys school』と『ABINGDON ROAD』、8枚のシングルをリリース。
2008年6月11日、シングル「resonance」をリリース。
2010年3月24日、ガンプラ生誕30周年を記念したスペシャルコラボアルバム『X42S-REVOLUTION』をリリース。
2010年12月1日、シングル「Save The One,Save The All」をリリース。
2011年4月20日、アルバム『CLOUD NINE』をリリース。
2011年6月22日、シングル「FLAGS」をリリース。

 

▲このページの最初に戻る