ORICON STYLE

  Check 2011年04月06日

SDN48 Special Interview 裸も辞さない!!今の最高値を出すために一致団結した瞬間 AKB48のお姉さんグループとの看板もありつつ、他のアイドルにない大人なセクシーさで独自のポジションを築くSDN48。そんな彼女たちの2ndシングル「愛、チュセヨ」は、その魅力が曲とミュージックビデオで全開に!前作と大幅に入れ替わった選抜メンバーから、佐藤由加理、芹那、梅田悠、加藤雅美、近藤さや香の5人にさまざまな秘話を聞いた。

PHOTO GALLERY

  • 佐藤由加理
  • 芹那
  • 梅田悠
  • 加藤雅美
  • 近藤さや香

新選抜メンバーの雰囲気はおっとり!?

佐藤由加理
芹那
梅田悠

――前回の取材で浦野一美さんが、近藤さんにランチでワインバーに連れて行ってもらった話をしていましたが、元社長秘書だとそういう店には詳しいんですか?
【近藤】 家の近所や近くの街は、だいたいチェック済ですね(笑)。
【佐藤】 お酒とは関係ない話なんですけど、さや姉は秘書でスケジュール管理とかしていたからか、人間観察がすごいんですよ。「この子はここがいい」とか。困ったときに相談すると「こうすれば?」と言ってくれるし。
【加藤】 説得力があります。メイクを言われた通りに直すと、みんなに「いいね」って誉められたり。
【梅田】 仕草も大人。耳にかかった髪をかき上げるのも、社長秘書っぽい(笑)。
【芹那】 でも1年半経って、だんだん元社長秘書のイメージとはかけ離れてきました(笑)。最初はスーツを着てファイルを持って、仕事をしている姿が想像つきましたけど、今は……。
【近藤】 ただの飲んだくれ(笑)?

――会社にいたOLさんたちと、由加理さんたちのように芸能界でやってきた女性って、やっぱり違いますか?
【佐藤】 スター性がまぶしくて、見られなかったんじゃない(笑)?
【近藤】 レッスンが始まった頃は、同じだなと(笑)。でも、発言や行動の1つひとつが若いと感じました。実年齢マイナス3〜4才くらい。人前に出る仕事をしているからかな?
【加藤】 私は最初、ゆかりんとCinDy(浦野)とレコーディングして、やっぱり違うと思いました。オーラがすごくて。
【佐藤】 出ていた(笑)?
【加藤】 でも、一緒にいると親しみやすくて。テレビの印象よりホワーンとしていました(笑)。

――加藤さんはデパート店員だったんですよね。
【佐藤】 だから、姿勢がいいんです。挨拶の仕方もいちばんきれい。脚の揃え方とか。【近藤】 接客していたから、腰が低い感じ?
【加藤】 デパートでは本当に、お辞儀する角度とか手の揃え方もあったので。お客さんに対して常に下から……というのは、今も残っているかもしれませんね。
【梅田】 たぶん根が真面目なんです。人に気をつかって他のメンバーのことばかり考えていて。自分のことは考えているのかな?と思うくらい。すごく良い子。
【加藤】 ありがとうございます。

――今回の選抜メンバーの全体的な雰囲気はどんな感じでしょう?
【近藤】 おっとりしていますね。
【佐藤】 マイペースな人が多い。でも、やるときはやる。
【芹那】 2期生が増えたからか、片付けをきちんとする子も多いです。とにかく楽屋がきれい(笑)。
【佐藤】 ゆいりん(たかはしゆい)がお掃除番長なんだよね(笑)。

――誰かが引っ張っていったりは?
【芹那】 場によるんじゃないかな。ダンスレッスンでは梅田さんが。
【梅田】 それぞれ得意分野を持つ子が多いので。トークはゆかりんたちが引っ張ってくれるし、歌のうまい子たちは曲の最後をカッコよく盛り上げてくれて。

歌詞に思い当たる節が多いから……

加藤雅美
近藤さや香

――「愛、チュセヨ」の、運命の糸に強く引かれる感覚は分かります?
【芹那】 私はひと目ボレ気質なので(笑)。
【梅田】 話してみて気が合うと惹かれますけど、基本的には身長が高い人が好き。頭をポンポンされたい(笑)。女の子には、私はちょうどいい背の低さだから、よく肩に手を置かれます(笑)。
【近藤】 私は第一印象で「いいな」と思えば恋愛枠、何か違ったら友だち枠でグループ分けされるから、昇格はないですね(笑)。
【加藤】 雰囲気とかでピンと来たら「運命の出会いだ!」と思います。でも、話しているうちに「違っていた」ってこともあります(笑)。
【近藤】 まみたん(加藤)は押しに弱そう。
【佐藤】 私はひと目ボレは絶対しません。たぶん慎重派です。洋服とかも、ひと目で惹かれることはないですね。
【近藤】 私は衝動買いクイーン(笑)。
【梅田】 さや姉は買う傾向がまた変わっていて。「この靴どう思う?」とか聞いてくるんですけど……。
【近藤】 すごく良いと思ったものを、全否定されます(笑)。値段を言ったら「バッカじゃないの?」とか。
【佐藤】 ムダに高いんですよ(笑)。
【梅田】 エヴァンゲリオンみたいな靴が(笑)。
【近藤】 イタリア製の一点ものなのに(泣)。

――この曲を歌うときは、相手の男性のこともイメージしますか?
【芹那】 歌詞に思い当たる節が多いから、相手を思い浮べなくても、気持ちはよく分かります。
【近藤】 こんな経験したことあるの?
【芹那】 別に普通のことじゃない?
【梅田】 せりちゃんは365日、ある意味(妄想)彼氏がいるから(笑)。
【佐藤】 人懐っこいからね。私は「こんな風になりたい」って憧れの気持ちで歌ってます。<タクシー待ってるその間何かが>とか、本当にあったら素敵だなと。
【芹那】 確かにゆかりん(佐藤)はSDN48に入った当初、恋愛にまったく興味がなさそうな子でした。大人の恋愛を歌って、色気づいたんじゃない(笑)?
【佐藤】 最近、思春期なんです(笑)。今もそんなに恋愛したい気はないけど、こういう歌を聴くと、愛が欲しいなって。
【梅田】 よく、さや姉に「モテないんだけど、どうすればいい?」って聞いているよね。
【近藤】 でも、ゆかりんはモテるはず。自分で「1番でなく2番目に可愛いタイプ」と言っているけど、男性はそっちのほうが好きだから。せりちゃんは可愛すぎるけど、ゆかりんはまあ、ちょっと可愛いんですよ。
【芹那】 そっちのほうがモテる。
【近藤】 せりちゃんも否定しないけど(笑)、スキがあるほうが男の人は好きだから。
【佐藤】 ホメられているのか何なのか……。
【近藤】 私は恋愛自由なところで生きてきたので、この曲は経験と照らし合わせて、そのときの感情を思い出しながら歌っています。
【加藤】 私も歌詞に共感できる部分があって、そこを表現した感じ。想いを言葉や行動に出せないのは、自分と一緒かなと思いました。

⇒次ページへ進む

(文:斉藤貴志/撮り下ろし写真:片山よしお)

RELEASE

愛、チュセヨ(TYPE A)

愛、チュセヨ(TYPE A)
SDN48
発売日:2010/04/06[シングル] 価格:¥1,600(税込)
ユニバーサル ミュージック 品番:UMCA-50003

CD購入(Amazon) このCDについて語ろう!
愛、チュセヨ(TYPE B)

愛、チュセヨ(TYPE B)
SDN48
発売日:2010/04/06[シングル] 価格:¥1,600(税込)
ユニバーサル ミュージック 品番:UMCA-50004

CD購入(Amazon) 着うた®配信

PROFILE

東京・秋葉原を拠点にする人気アイドルグループAKB48の姉妹グループ。作詞家秋元康が総合プロデューサーを務める。2009年8月1日より秋葉原・AKB48劇場にて公演を開始。土曜の夜を中心に公演を行っている。
2010年11月24日、シングル「GAGAGA」でメジャーデビュー。3位を獲得。
2011年4月6日、シングル「愛、チュセヨ」をリリース。

ARTIST PAGE COMMUNITY OFFICIAL SITE

▲このページのTOPに戻る

PLAYPLAY