ORICON STYLE

フォトギャラリー
and more

――日本武道館でAKB48の選抜総選挙に参加して、どんなことを感じました?
【山本彩】 選ばれたら何を言うか、一応考えていたんですけど、本当に(アンダーガールズに)選んでいただいて、ステージに立ったら全部飛んでしまいました(笑)。
【上西恵】 順位がつくことは怖かったけど、がんばろうと思いました。私も早く40位以内に入ってあのステージに上がりたいです。
【福本愛菜】 会場のどよめきとメンバーの緊張感が常にある状態で、なんか苦しい感じでした。「来年は40位以内であのステージに立ってやる!」と思いました!
【山田菜々】 私の3列前が前田敦子さんで、背中からすごくいろいろなものを感じました。本当に偉大な先輩方だと思います。
【吉田朱里】 先輩たちのひと言ひと言が心に染みて、泣きました。とくに前田さんと大島(優子)さんの言葉にジーンと。
【渡辺美優紀】 私は速報34位で、正直ちょっと期待していた部分もあって。(選抜落ちの)悔しい思いをバネに、NMB48全員で前進したいと思いました。
【小笠原茉由】 開票前に私たちのデビューシングルを披露させていただいて、日本武道館という名前だけでプレッシャーで、すごく緊張しました。でも、ここでNMB48をアピールしておかなければと。皆さんの温かい声援でリラックスできました。
【近藤里奈】 ステージに立ったら、お客さんが視野に納まり切らないぐらいで。とりあえずダンスを大きく踊りました。いつかまたあのステージに立ちたいです。

――そのデビューシングル「絶滅黒髪少女」のレコーディングでは、どんなことに気を配りました?
【福本】 1曲のなかで黒髪少女のイメージがふくらむように、歌い方を変えてみたりしました!
【上西】 カッコイイ感じや変な感じとか、いろいろな感じで。
【渡辺】 カッコイイ曲調なので、いつもよりカッコよく歌う努力はしたつもりです。表情をセクシーにして歌ったり(笑)。
【小笠原】 コーラスは逆におもしろい歌い方をしたので、かすかに聴こえる部分に注目してください。あと、男の子目線の歌だから、私好みの美少女を想像しました(笑)。自分的にイメージと近いのは、『美少女戦士セーラームーン』の火野レイちゃん。
【山本】 メンバーだったら、朱里(吉田)ですね。色が白くて黒髪がとくに映えるので。公演のとき、「誰かのために」の衣裳を着た朱里がメチャ好きだったんですよ。その朱里をイメージしながら歌いました。
【近藤】 今のさや姉(山本)の話を聞いて、私もこれから朱里だと思って歌うことにしました(笑)。髪の毛がサラサラで手足が長いし。
【吉田】 私は逆にさや姉かも。髪がまっすぐで真っ黒で“女性”って感じ。
【山田】 私はとくに誰かというのはないですけど、シャンプーのCMに出てくる大人の方から年齢を下げて、自分よりちょっと年下にしたイメージです。
【渡辺】 私は昔の十二単を着たような(笑)、古風でパッツンの人を想像しました。

――そういう“和”なものにも興味がありますか?
【山本】 学校の授業で着付けと茶道をやっています。自分で着物を着られます。
【近藤】 私も小学生の頃、部活で茶道をやっていました。お菓子目当てですけど(笑)。
【吉田】 私も!茶道部は1ヶ月に1回しかないし、お菓子を食べに入りました(笑)。
【渡辺】 私は小1から中学までずっと書道を習っていて、硬筆と毛筆で8段です。表彰式に出たこともあって。だから今回のミュージックビデオ(MV)で書道がやれたのはすごく楽しかったです。
【小笠原】 MVでは私とりぃちゃん(近藤)で茶道をやらせていただきました。意外と作法が難しくて。
【近藤】 私が点(た)てたお茶をまーちゅん(小笠原)が飲むのが、ちょっとプレッシャーでした(笑)。
【小笠原】 おいしかったよ!
【近藤】 泡を立てるのが難しくて。先生に注意されながらやってもなかなか泡が立たず、自分で飲んでみたら苦かったです。
【山田】 私は1年前まで、本気で空手を習おうか迷っていました。見た目は女の子だけど、実は強い!みたいになりたくて。MVでは合気道をやらせていただいて、男性の方を投げて。次は自分の力だけで、きれいに投げられるようになりたいです(笑)。
【小笠原】 私も剣道に興味があります。「やー!!」と言ってみたい(笑)。

――NMB48で一番“和”なメンバーというと誰ですか?
【小笠原】 一番は彩ちゃん!
【山本】 古風なだけだと思う(笑)。
【小笠原】 大和魂を持っていそう。
【山田】 サムライ的な(笑)。
【山本】 好きなものへの熱意はすごくあって、語り出すと止まりません。最近だと歴史。もともと戦国時代が好きなんですけど、『JIN−仁−』(TBS系)を観て、幕末もいいなと(笑)。
【吉田】 しおきち(松田栞)も髪の毛の柔らかさといい、日本的なものを持っていそう。

――それぞれ髪へのこだわりはありますか?
【上西】 お風呂あがりは髪を乾かす!できるだけ傷つかないようにしています。
【福本】 前髪にこだわりがあって、分け目とふんわり具合がいつも同じじゃないと気分が乗らないです……。
【近藤】 ショートが好きです!小6まで腰ぐらいまであった髪を、卒業式の前日にバッサリ切りました。お母さんが「印象を変えよう」と言ってくれて。そんなに短くしたのは人生で初めてでしたけど、みんなが「可愛い」と言ってくれました(笑)。
【山本】 少し前に今以上に短かったときが、本当に可愛かった!
【渡辺】 もっと切ってほしい(笑)。
【山田】 私は最近、髪が痛んできちゃったので、トリートメントしに行きたいです。
【小笠原】 オーディションのときは下ろしていた髪を、NMB48に入って上げることになって。ポニーテールとかしたことがなかったんですけど、最近はこの髪型がすごく好きになりました。
【山本】 この髪型がこんなに似合う人を、初めて見ました。
【近藤】 私が好きな(アニメの)プリキュアみたい(笑)。
【小笠原】 キュアベリーというキャラクターが、この髪型の長いバージョンみたいな感じなんです。
【渡辺】 私は一度だけ、ショートカットにしたことがあります。小4のときに。それ以来、ずっとロング。個人的には長いほうが好きです。
【吉田】 私は切っても肩下ぐらい。たぶんNMB48で一番長くて、自分でも好きなので、切る勇気もないです。そのわりにギシギシに痛んでいますけど(笑)。

(文:斉藤 貴志/撮り下ろし写真:逢坂 聡)

絶滅黒髪少女(Type-A)
NMB48
発売日:2011/07/20[シングル] 価格:\1,600(税込)
laugh out loud records 品番:YRCS-90000

CD購入 CD購入HMV
このCDについて語ろう!

絶滅黒髪少女(Type-B)
NMB48
発売日:2011/07/20[シングル] 価格:\1,600(税込)
laugh out loud records 品番:YRCS-90001

CD購入 CD購入HMV
着うた配信

NMB48
秋元康氏が総合プロデューサーを務める、2010年10月9日より活動開始したアイドルグループ。東京・秋葉原のAKB48、名古屋・栄のSKE48に続く、全国進出第2弾として大阪に進出。2011年1月より大阪・難波のNMB48劇場にて公演をスタート。バラエティ番組などでも活躍する。
2011年3月、チームNを結成。メンバーは、小笠原茉由門脇佳奈子岸野里香木下春奈小谷里歩近藤里奈篠原栞那上西恵白間美瑠福本愛菜松田栞山田菜々山本彩吉田朱里渡辺美優紀、山口有希の16人。
2011年7月20日、シングル「絶滅黒髪少女」でCDデビュー。

▲このページの最初に戻る