ORICON STYLE

2010年06月09日

サビのコーラスは、ライブでK.A.Zが・・・

――「ANGEL TRIP」が、今回のシングルとなったポイントって何だったんですか? 【HYDE】 今回のタイミングはツアー前のシングルになるので、ポップだけどパンキッシュな景気のいいやつがいいなと。そんなところにうまい具合にK.A.Zくんがこの曲を書いてきてくれたんです。僕も作っていた曲があったんですけど、K.A.Zくんの曲の方がシングルとして斬新だったんです。
【K.A.Z】 みんなでライブをやった時にハジける感じをイメージしてたんですけど、いろいろ試行錯誤しました。サビでコーラスが重なるものにしたんですけど、広がりが出るものになったと思います。

――小耳にはさんだんですけど、この曲の仮タイトルは「カピバラ」だったんですか? 【K.A.Z】 そうです(笑)。

――なぜ? 【K.A.Z】 ・・・適当です(笑)。カピバラ(南アメリカに生息するカピバラ科の哺乳類)って足が遅そうじゃないですか?疾走感のあるこの曲のタイトルが「カピバラ」だったら面白いかなと(笑)。
【HYDE】 仮タイトルってただの記号ですからね。いつもそんな感じです。「DEVIL SIDE」の仮タイトルは何だっけ?
【K.A.Z】 ごまちゃん。
【HYDE】 そうだった。5曲目だったからごまちゃん(笑)。

――(笑)「ANGEL TRIP」の歌詞は、“みんなで騒ごうぜ!”っていう雰囲気の開放感が満載ですね。 【HYDE】 まさにそうですね。ライブのイメージもありましたけど、飲み屋のことも考えました。思いっきり酔っ払って盛り上がっている感じ。

――VAMPSのライブの打ち上げの感じ? 【HYDE】 そんな感じ(笑)。

――サビのコーラスは、ライブではK.A.Zさんが歌うんですか? 【HYDE】 もちろんです!
【K.A.Z】 えっ、そうなの(笑)?
【HYDE】 自分でこういうアレンジにしたんだから、責任とってもらわないと(笑)。
【K.A.Z】 家で歌ってきたテープを流そうかな(笑)。

今回のレコーディングは、僕にとっても新鮮でした

――2人のコーラスがライブでバッチリ発揮されたら、VAMPSのライブの楽しさもさらに広がりますよ。 【HYDE】 ロック界のCHEMISTRYを目指そうかと(笑)。でも、ライブでやるうえではメンバーによるコーラスも大事だけど、お客さんと一緒に歌って作り上げるものも大事。「ANGEL TRIP」は、ライブでお客さんと一緒に歌って完成するんじゃないかと思います。昨年のツアーでも、想像していた以上にお客さんが作ってくれたものが大きかったですからね。

――今回のカップリングの「KYUKETSU−SATSUGAI VAMPS Ver.−」は、『デトロイト・メタル・シティ』のためにK.A.Zさんが書いた「SATSUGAI」のカバーですが。 【HYDE】 ライブで何回か遊びでやってたんです。今回、“カップリングをどうしようか?”って会議をしていたときに、K.A.Zくんが机の上に置いたキーホルダーに“DMC”って書いてあって。”これだ!”と。もともと、ライブでは歌詞を変えて歌ってたんですよ。でも、ライブだとなかなか全部は伝わらないから、一度きれいに歌詞を書いて聴いてもらうのも良いかなと思ったんです。
【K.A.Z】 こうやって今回レコーディングしたのは、僕にとっても新鮮でした。

――対照的な2曲の入ったシングルになりましたね。 【HYDE】 そういえばそうですね。まさにANGELとDEVIL(笑)。

(文:田中大)


ANGEL TRIP

ANGEL TRIP
VAMPS
発売日:2009/06/09[シングル] VAMPROSE

【初回限定盤DVD付】
価格:\1,500(税込) 品番:XNVP-00020/B

CD購入 このCDについて語ろう

【通常盤】
価格:\1,000(税込) 品番:XNVP-00021

CD購入 着うた

HYDE(L'Arc〜en〜Ciel)、K.A.Z(Oblivion Dust)の2人組。
2003年以降のHYDEソロワークを共同プロデュースしてきた2人。既に発表している、前人未到のZEPP 46 Daysツアー『VAMPS LIVE 2008』に先駆けてのシングル「LOVE ADDICT」を2008年7月2日にリリース。
2009年2月4日、DVD『VAMPS LIVE 2008』をリリース。
2009年6月10日、アルバム『VAMPS』をリリース。
2010年5月12日、シングル「DEVIL SIDE」をリリース。
2010年6月9日、シングル「ANGEL TRIP」をリリース。

Artist Page Community Official Site

▲このページの最初に戻る