ORICON STYLE

Check 2010年12月01日
 T.M.Revolutionが『劇場版 BLEACH 地獄篇』の主題歌でもある「Save The One,Save The All」をリリース。曲のテーマである“守るべきもの”について、デビュー15周年を迎えるT.M.R.西川ならではの想いを語ってもらった。

自分が今、守るべきもの=T.M.R.そしてスタッフやファンの人達

―― 新曲は直球のT.M.Revolutionらしいナンバーですね。
【西川】 切なさが残るけど押しは強い、泣きながら殴ってくる子みたいな曲ですよね(笑)。ただ今回は『劇場版 BLEACH 地獄篇』の主題歌で、長く続いている作品に途中から参加するってところでは今までとはちょっと違う緊張感があって。“BLEACHといえばこれ”というような世界観があるところに、上書きするのはやっぱり難しいんですよ。だから今回は細かい部分ではなく作品の根っこや軸、そういう部分を意識して作りました。

―― 西川さんから見た「BLEACH」の軸とは?
【西川】 私利私欲で動くんじゃなく、何かを守るために命と引き換えに動く自己犠牲の精神ですね。そこを描いているんだから、自分もその立場になったらどういう行動を取るか、この世界観に自分はどう繋がるかってところを考えました。それで、思ったのが命を引き換えるって状況はさすがにないけれど、自分が今、守るべきものはT.M.R.自体もそうだし、それを支えるスタッフやファンの人達なのかなって。

―― 守るべきものがあることが、西川さんのモチベーションにもなっている?
【西川】 それがあるから折れられないってところはあります。プレッシャーはあるけど、形になったときに周りからもらえるものも大きいので頑張れる。ただここまでやってくると、もうプレッシャーとかを超えた場所にいるから言えることなのかな、とも思いますね。

―― その場所に立てるのも15年間という歴史があるから?
【西川】 そうですね。T.M.R.を立ち上げた頃に『BLEACH』の話をいただいていたら、今回みたいなテーマでは曲を作ってなかったかも。だから15周年のタイミングに合わせてこういう作品をやるのも何か理由がある気がする。巡り合わせを感じますね。

節目としてしっかり残るような作品にしたかった

―― 今回、初回生産限定盤には西川さんが『BLEACH』のキャラクターに扮して一護やコクトーに突撃インタビューするスペシャルトラックも収録されていますが。そこにもこの作品にガッツリたずさわろうとする、西川さんの意気込みや思い入れを感じました。
【西川】 やっぱり長く続いてきた作品にいきなり登場するから、単に楽曲提供だけで終わりたくなかったんですよ。あとT.M.R.としてもこれが通過点というより、節目としてしっかり残るようにしたかったので、僕の方から提案させてもらいました。本編にはない役だけど、やるなら演じ切りたいと思ってやらせていただきました。ただ絵があるわけではないので制限がない分、アフレコより自由にできたものの、声優としては未熟なのでお聞き苦しいとこもあるかと…。

―― いや、M気質のキャラに成りきっていて西川さん演じる“西ノ宮川加部貴千代丸教雀”(にしのみやかわかべたかちよまるきょうじゃく)の顔が浮かんでくるようでしたよ(笑)。
【西川】 そう思ってもらえれば嬉しいです。でもこれまで声優では高飛車な役が多くて、こういう良くも悪くも悪気のない人ってやったことがなかったんですよ。だから逆に振り切れて楽しかったです。これを聞いて(声優として)ちょっと使ってみようかって思ってもらえたらありがたいです(笑)。

(文:若松正子)

Save The One,Save The All
【初回生産限定盤一護盤】

T.M.Revolution

Save The One,Save The All
【初回生産限定盤コクトー盤】

T.M.Revolution

発売日:2010/12/01
[シングル]
価格:\1,050(税込)
EPICレコードジャパン  
品番:ESCL-3577

発売日:2010/12/01
[シングル] 
価格:\1,050(税込)
EPICレコードジャパン 
品番:ESCL-3578

CDを購入する(Amazon) 着うた配信

Save The One,Save The All【通常盤】
T.M.Revolution

発売日:2010/12/01
[シングル]
価格:\800(税込)
EPICレコードジャパン  
品番:ESCL-3579

CDを購入する(Amazon)

1970年9月19日生まれ。滋賀県出身。A型。
1996年3月、プロデューサー・浅倉大介のもと、ソロプロジェクト“T.M.Revolution”をスタート。
1996年5月13日、シングル「独裁-monopolize-」でデビュー。
1997年7月1日、シングル「HIGH PRESSURE」をリリース。爽快な楽曲とともに本人のキャラクターや奇抜な衣装が、話題になる。
1998年1月21日、アルバム『triple joker』をリリース。ダブルミリオンの大ヒットを記録。
2004年3月31日、オリコン・エンタテインメントより西川貴教としては初作品となる書籍『西川貴教のとなりの芝生』をリリース。
2006年1月1日、リクエストセルフカバーアルバム『UNDER:COVER』をリリース。
2006年6月7日、デビュー10周年記念ベストアルバム『1000000000000』をリリース。
2006年12月6日、西川貴教による新バンドプロジェクト“abingdon boys school”でシングル「INNOCENT SORROW」をリリース。
以降、abingdon boys schoolとしては、これまで2枚のアルバム『abingdon boys school』『ABINGDON ROAD』、8枚のシングルをリリース。
2008年6月11日、シングル「resonance」をリリース。
2010年3月24日、ガンプラ生誕30周年を記念したスペシャルコラボアルバム『X42S-REVOLUTION』をリリース。
2010年8月11日、シングル「Naked arms/SWORD SUMMIT」をリリース。
2010年12月1日、シングル「Save The One,Save The All」をリリース。

AAAの過去の特集&インタビュー 一覧はこちら

▲このページの最初に戻る