ORICON STYLE

2010年02月17日

フジテレビ系人気バラエティ番組『クイズ!ヘキサゴンII』の最終兵器がCDデビュー!新たなおバカキャラの頂点をゆく山田親太朗、新撰組リアンのリーダー森公平、そしてヘキサゴンオーディションでグランプリを獲得した松岡卓弥。沖縄の伝統菓子の名前を持ったイケメン男子ユニット“サーターアンダギー”が、J-POPシーンに旋風を巻き起こす!

歌手デビュー希望は「出してないです」!?

サーターアンダギー

――ユニットの顔触れを見て、お互いにどう感じましたか?
【松岡卓弥】 ずっとテレビで観ていた人と組むなんて、不思議な感じでしたけど、おふたりともイメージ通りの方でした。公平さん新撰組リアンでリーダーもやって、2つのユニットをかけ持ちしていたり、改めてしっかりしている方なんだなって。
【山田親太朗】 公平は努力家だもんね。
【森公平】 ウチのリーダー(山田親太朗)はどう?
【松岡】 自由ですね(笑)。場の空気を和らげてくれる存在です。
【森】 親太朗さんがいるだけで気の持ちようが変わるよね。何でも楽しくなる。
【山田】 みんな仲良く、ワイワイやれたらいいなと思っているので。
【森】 卓ちゃんは真面目で素直だよね。何にでも一生懸命だし。
――どんなユニットにしたいとか、考えていたりしますか?
【松岡】 普段は自由ですけど、歌うとカッコイイというギャップが魅力のユニットにしていきたいですね。3人とも歌い方も違うし、ダンスもそれぞれなので、バランスがいいと思いますよ。
【森】 リアンとは違う楽しみができて、嬉しいです。
――ちなみに親太朗くんは、歌手になりたいとかCDデビューしたいという夢があったの?
【山田】 いや、出してないっす。
――“出してない”って…(笑)。
【山田】 なので、最初にCDを出すと聞いたときは“マジマジ?”って感じでしたね。だって、人前で歌うのって恥ずかしいさ?
【森】 僕も最初は歌を歌うつもりはなかったんですよ。おもしろそうだから、ちょっと(新撰組リアンのオーディションを)受けてみようと思って。
【松岡】 それでここまで来れてるのがすごいですよ〜。
【森】 受かってから自覚が生まれましたね。オーディションに落ちた人達の想いも背負って頑張ろうと思いました。
【山田】 僕は、昔から運だけは強いみたいです。

最初はふざけた曲なのかと思ったけど、違った

サーターアンダギー

――デビュー曲「ヤンバルクイナが飛んだ」は、琉球音楽をベースにしたゆったりとした曲ですけど、内容は熱いですね〜。
【松岡】 熱いですよね。僕らのユニット名を聞いて、この曲を聴くと、余計にギャップがありますよね。最初は、もっと笑いが混じっているような歌なのかな?と思っていたので、初めて聴いたときはビックリしたのと“よかった〜”っていう安心感があったんですよ。こういう曲が歌えて、すごく嬉しいです。
【山田】 俺も最初はふざけた歌なのかな?と思ってた。俺、沖縄の人間だから、沖縄のことをバカにされるのはイヤなんですよ。で、タイトルを聞いて“え、ヤンバルクイナは飛ばないよ”と思って。でも、よく歌詞を見たら共感できる部分がいっぱいありました。
――ヤンバルクイナは飛べない鳥だけど、夢を見つけたときに命懸けで羽ばたく…って、ステキですよね。
【山田】 いいっすよね。俺なんて、何でもできる人間じゃないし、すぐに挫折するし。でも<あいつになんて無理だなんて誰にも言わせたくない>って歌詞とか、共感します。
【森】 夢のある歌ですよね。
――いつか、3人も飛ぶんですね。
【山田】 はい。東京に来て偶然、芸能界に入ったけど、いつかは地元の友達や親が自慢できるような人になって、恩返しできるように頑張りたいです。

(文:三沢千晶)

ヤンバルクイナが飛んだ
サーターアンダギー
発売日:2010/02/10[シングル] ¥1,260(税込)
ポニーキャニオン 品番:PCCA-03119

フジテレビ系人気バラエティ番組『クイズ!ヘキサゴンII』から誕生したイケメン3人組ユニット。
メンバーは、同番組で新たなおバカキャラの頂点をゆく山田親太朗、島田紳助プロデュースのイケメンユニット・新撰組リアンのリーダー森公平、『ヘキサゴンオーディション2009』でグランプリを獲得した松岡卓弥の3名。
ユニット名にもなっている「サーターアンダギー」とは、球状の揚げドーナツの名前で、沖縄の伝統菓子。
2010年2月10日、シングル「ヤンバルクイナが飛んだ」でデビュー。

【関連特集】
■ヘキサゴンファミリーライブレポート
  『“スペシャルすぎる”演出続出の豪華ライブを完全レポート!』(2009/11/06)

■ヘキサゴンオールスターズ「泣いてもいいですか」特集
 『待望の新曲は、夏を彩る『26時間テレビ』のテーマソング!』(2009/07/08)

■ヘキサゴンオールスターズ特集
 『大人気ユニットが続々誕生!魅力を徹底検証』(2008/10/22)


▲このページの最初に戻る