ORICON STYLE

2009年12月22日

ヒットシングル「ふたり」「ホタルノヒカリ」「YELL/じょいふる」「なくもんか」を含む4thアルバム『ハジマリノウタ』が完成。結成10周年を迎えた3人、その魅力のすべてがつまった充実作に仕上がっています!

内容の濃いアルバムができた!

――リリースラッシュが続いていた2009年を締めくくるアルバムがついに完成しました!
【水野良樹】 充実したアルバムになったと思います。ふだんは“満足感を感じないようにしよう”と思ってるんですけど――それを感じちゃうと先がないような気がしちゃうので――今回は珍しく“内容の濃いアルバムができたな”って実感しています。
【吉岡聖恵】 アルバムを最初から聴くと、イントロで“お、この曲が来たか!”って驚ける感じがあって。そういう感覚も初めてでした。「じょいふる」と「YELL」を並べるっていうのも挑戦だったし。
――『ハジマリノウタ』というアルバムタイトルについては?
【山下穂尊】 収録する曲が決まったあと、毎度のことながら“タイトルはどうしようか?”って話になって。ちょうどこの部屋(レコード会社の会議室)で話をしてたんですけど、ディレクターがホワイトボードに曲名を書き出したときに、「てのひらの音」をなぜか「はじまりの音」って書いちゃったんです。でも、“はじまり”っていう言葉にピンと来たんですよね。そこから“ハジマリノウタ”というタイトルが出てきて。ちょうど結成10周年でもあるし、いろんな意味を込められるんじゃないかなって思いました。
【水野】 ジャケットも“白”なんですけど、それも“ハジマリ”というイメージだし。このタイトルから、いろんなアイディアが出てきました。初回盤に付いているブックレットもいいんですよ。昔の写真もいっぱい入っていて・・・。
【吉岡】 高校時代の写真もたくさんあるんですよ。すごい髪型の写真とか(笑)。
【山下】 「てのひらの音」も高校のときに書いた曲ですからね。そこから「ハジマリノウタ」というタイトルが生まれたっていうのも、おもしろい縁だなって。

吉岡の声を、男性メンバーが“再評価”!?

――新しいトライも多いですよね、このアルバム。たとえばBEAT CRUSADERSのヒダカトオルさんがアレンジした「How to make it」もそうだし。
【水野】 英語の歌詞も多いし、今までの曲とはテイストが違っていて。だから、自分たちとはまったく違うバックグランドを持つ方にアレンジをしてほしかったんです。
【吉岡】 ビークルのマシータさん(Dr)、ケイタイモさん(Key)もレコーディングに参加してくれて。テンポもセッションしながら決めたり、楽しかったです。
――この曲もそうですけど、どんな曲も自分らしく歌えるのが吉岡さんのすごさだし、いきものがかりの魅力にもつながってるんだな、と。
【水野】 「じょいふる」「How to make it」みたいなアップテンポの曲と、「YELL」「真昼の月」みたいなバラードが共存することって、なかなかないですからね。そういう意味では“よく歌ってるね”って思います。男性メンバーふたりは、“再評価”って言ってるんですけど 。
【山下】 “もしかしてすごい逸材だったんじゃない?”って。
【吉岡】 “今までは何だったんだ?”っていう(笑)。
【水野】 音程が低い部分も歌えるようになっているし、柔軟性も出てきて。どんな曲にも順応する力っていうのは、このアルバムで特に感じました。
【吉岡】 今日はほめられるなあ(笑)。私としては出された曲を歌う、っていうだけなんですけどね。
【山下】 それを楽しんでいるところがすごいと思います。本当に歌が好きなんだなって。
――そして来年は、47都道府県ツアーがスタート。
【水野】 ずっと“いつかはやりたい”って言ってましたからね、47都道府県を回るツアーは。
【吉岡】 新しいアルバムの曲もそうですけど、初めてライブに来てくれる人も楽しめるライブにしたいなって。セットリストを決めるだけでも大変ですけどね。
【山下】 このツアーをやり遂げることが2010年の主軸になると思います。がんばります!

(文:森朋之)

ハジマリノウタ【初回生産限定盤DVD付】
いきものがかり
発売日:2009/12/23[アルバム] 価格:¥3,500(税込)
エピックレコードジャパン 品番:ESCL-3354/5

ハジマリノウタ【通常盤】
いきものがかり
発売日:2009/12/23[アルバム] 価格:\3,059(税込)
エピックレコードジャパン 品番:ESCL-3356

CDを購入する(Amazon)着うた配信

吉岡聖恵(Vo)、水野良樹(G&Vo)、山下穂尊(G&Har)によるスリーピースバンド。
1999年2月、高校の同級生だった水野と山下によって結成。
水野・山下が小学1年生の時、一緒に“生き物係”をしていたことからバンド名が決まる。
同年12月、同級生の妹である吉岡が加入。地元である海老名・厚木を中心にライブ活動を行う。
2006年3月15日、シングル「SAKURA」でメジャーデビュー。『DENPO115』CMソングに起用され大きな反響を呼ぶ。
2007年3月7日、アルバム『桜咲く街物語』をリリース。
2008年2月13日、アルバム『ライフアルバム』をリリー
2008年12月24日、アルバム『My song Your song』をリリース。
2009年5月27日、シングル「ふたり」をリリース。
2009年7月15日、シングル「ホタルノヒカリ」をリリース。
2009年9月23日、シングル「YELL/じょいふる」をリリース。
2009年11月11日、シングル「なくもんか」をリリース。
2009年12月23日、アルバム『ハジマリノウタ』をリリース。

▲このページの最初に戻る