ORICON STYLE

2009年10月21日
最後だから派手に武道館でイリュージョン!?

――今回で活動が休止になると聞いて、とてもショックなんですが・・・。
【千葉】 う〜ん。ま、仕方のないごどなんだよね。仙台では、YさんやSさんどが大手の運送会社さんが主流で、オレらみだいな弱小運送屋は仕事がなくなってすまって。あど、昨年ぬ両国国技館でライブをやったんだげど、そごでお金を使い切っちゃったんだよね。
【フルフェイス】 実際、活動休止が決まったときは「しょうがない」と思ったけど、今はちょっと寂しいね。だからこそ、最後の武道館は派手にやりたいと思っているところ。
【千葉】 いづも小さなライブハウスでばがりやっていだがら、こごで見られる人の数がぐっと増えるのはいいごどだよね。最後だす。


――武道館を選んだのは、そういう意図があったんですね。
【千葉】 いや、エライ人たちに“武道館でやれば”って言われて決まったんだけどね(笑)。
【フルフェイス】 そうそう。オレたち、長いものに巻かれるタイプだから(笑)。


――あはは(笑)。では最後の武道館ライブではどんなものが見られそうですか?
【千葉】 オレ、飛びだい!ビジュアル系ではながなが飛んだ人っていないと思うのよね。
【フルフェイス】 あ、この間やってる人いたみたいよ?
【千葉】 えぇ!・・・じゃぁ、イリュージョンどがにしようかなぁ。切断されたまま歌うどが・・・。

――いつもそんな風に思いつきで決まっているんですか?
【フルフェイス】 そう(即答)。仙台貨物は決まりがないから、ホントに自由にできるんだよね。それが楽しかったね。いや、決して適当じゃないから(笑)。


ヘコんでいるときもテンションMAXで(笑)

――この最後のアルバムの収録曲も、“思いつきかしら”って思えるような選曲が多々ありますよね(笑)。
【千葉】 そうそう。カバーは前からやりたがったすね。とぐぬ「俺ら東京さ行ぐだ」はずっとやりだがった曲で、ある意味俺らのルーツだがらね。あど1曲目の「ああ人生に涙あり」は、先ぬ許諾がとれでいだので、エライ人だぢぬ“歌えば”っていわれで歌っちゃったげど(笑)。


――レコーディングは順調だったんですか?
【フルフェイス】 それが、すごい大変だったんだよね。
【千葉】 そうね。どんなぬヘコんだ日でも、このアルバムを完成させるためぬは無理ぬもテンションを上げなぐちゃいげないがら。


――プロ根性ですね。
【千葉】 そうそう。とぐぬフルフェイスは明らがぬテンションが低い日でも、その熱いプロ根性でテンションMAXな歌声を聴かせでくれで。これぬは尊敬したね。
【フルフェイス】 ホント、仙台貨物のおかげで“切り替え”を学んだよね(笑)。


――それにしても、これで最後だと思うととても悲しいのですが、休止であって、解散ではないんですよね?
【千葉】 それはわがんねぇなぁ。日本の景気が良ぐなって金回りが良ぐなればまだやるがもすれないす。こればかりはオレらぬもわがらない。でも、最初は完全なオフザケがら始まったのぬ、こごまで大きぐでぎだのはすごぐ嬉すいんだよね。
【フルフェイス】 うん。得たものは大きかったかな。また、日本の景気がバブル時代くらいになったら、オレたちもまたやるかもしれないね(笑)。
【千葉】 とりあえず、いまは武道館で爆発させるつもりだがら、楽すみにしていでほすいね!
【フルフェイス】 ま、あんまり爆発するとまた怒られちゃうから、ほどほどにがんばりろうかなと(笑)。

(文:吉田可奈)
RELEASE
『凸〜デコ〜』【初回限定盤】

『凸〜デコ〜』【初回限定盤】
仙台貨物
発売日:2009/10/28[アルバム] 価格:¥3,500(税込)
バップ 品番:VPCC-80644

CDを購入する(Amazon)着うた配信
このCDについて語ろう
『凸〜デコ〜』【通常盤】

『凸〜デコ〜』【通常盤】
仙台貨物
発売日:2009/10/28[アルバム] 価格:¥3,000(税込)
バップ 品番:VPCC-81649

CDを購入する(Amazon)

PROFILE

2001年9月結成。千葉(Vo)、サティ(G)、フルフェイス(G)、王珍々(B)、ギガフレア(Dr)、KURIHARA(Mp)の6人編成による、愛と平和を届ける謎の運送集団。お揃いの真っ赤なつなぎがトレードマーク。
2007年10月10日、シングル「芸スクール漢組!!/オーバー・ザ・ゲインボー」をリリース。5位を獲得。
2008年10月15日、シングル「うまなみで。/絶交門」をリリース。9位を獲得。
2009年10月28日、アルバム『凸〜デコ〜』をリリース。

OFFICIAL SITEOFFICIAL SITE