ORICON STYLE

2009年08月05日
Uverworld special interview
“音楽”に対する揺るがない強い気持ちを語る!
 7月6日にデビュー4周年を突破したUVERworld。彼らが5年目の幕開けを飾る通算13枚目のシングル「GO-ON」をリリース!音楽そのものに対する強い気持ちを表明した超アグレッシヴな一撃だ。
今回のシングルは、自分達にとってのハードルのような存在

──4thアルバム『AwakEVE』以来の待望の新曲であり、そしてデビュー5年目に突入して初の音源でもある「GO-ON」。ここから新たなシーズンがスタートする、という感覚はありますか?
【TAKUYA∞】
 それが意外とそうでもないんですよ。2月にアルバムを出した後にツアーをやったじゃないですか。そのツアー中にきっかけができて、それを形にしたのが、この「GO-ON」なんです。だから新たな一歩を踏み出すっていうよりも、どちらかというとツアーの延長に位置していて。ツアーをやることで得たパワーが、うまく形になった曲っていう感じですね。自分達にとってのハードルのような存在といってもいいかもしれません。これを越えることで新しい一歩がスタートするっていうかね。そういう意味では、これの次のシングルがUVERworldにとって新たな一歩を踏み出すような作品になるんじゃないかなって、今は思っています。

──そんな「GO-ON」では音楽について歌われていますが。こういったテーマになったのは?
【TAKUYA∞】
 作曲は彰との共作なんですけど。最初に彰が作ってきたオケを聴いたときに“よし、これはミュージックというテーマで歌おう”って直感的に思ったんです。コード進行とか、そこに乗っかってたシンセサイザーのキラキラした感じとかが、そんなふうに思わせてくれたっていうか。
【真太郎】 曲を聴いたときに、すごくアップテンポの曲だから、とにかく派手にプレイしたいなって思ったんです。そこに、うまくハマったんじゃないでしょうか。

──ハマった、というのは?
【慎太郎】
 自分の中にあったアグレッシヴなイメージと、そこに乗った歌詞が、すごくマッチしてるっていうか。TAKUYA∞の音楽に対する気持ちを表現した強い詞によって、よりバランスのいい仕上がりになった気がします。

音楽が好きで好きで仕方がない

──音楽に対する姿勢を改めて宣言しているような非常に強い歌詞ですもんね。“バカみたい本気の声が 心動かすとこを見せたいんだよ”とか。
【TAKUYA∞】
 音楽に対する自分の想いの、その普遍的な部分を表現したんですよ。そのひとつが“なぜ音楽を選んだのか”っていうこと。よく俺はステージで、夢についてだとか、何かを変えたいだとか、そんなことを話すんですけど。それだけが人生の目的なのであれば、もっと他の手段でもいいはずじゃないですか。手紙を書いて励ます、とか。政治家になって世の中を変える、とか。そっちのほうが音楽で伝えていくよりも、もしかしたら近道かもしれないですしね。それなのに、なぜ音楽を選んだのか。それを問われたら“好きで好きで仕方がないから”っていう答えになるんです。

──それは<音 リズム メロディー 声 君が無きゃ僕は息だってできないんだ>というサビからも伝わってきます。
【TAKUYA∞】
 その部分って本当に俺にとっては普遍的な気持ちなんですよね。この曲では、そういうところを歌っています。

──ところでタイトルは“go on”と“豪音”のダブルミーニングになっていて。二重の意味を持たせたり造語を生み出したり、そういう言葉のトリックがTAKUYA∞さんは好きですよね。どうして?
【TAKUYA∞】
 どうしてと尋ねられても・・・それは説明できませんね。俺がカレーライスを好きなのと一緒で、どうして好きなのかはちょっと説明しようがない(笑)。

(文:大野貴史)

release
GO-ON【初回限定盤DVD付】
UVERworld
2009/08/05[シングル]
価格:¥1,529(税込)
ソニーレコード
品番:SRCL-7082/3
CDを購入する(Amazon)このCDについて語ろう
GO-ON【通常盤】
UVERworld
2009/08/05[シングル]
価格:\1,223(税込)
ソニーレコード
品番:SRCL-7084
CDを購入する(Amazon)着うた配信
profile
TAKUYA∞(Vo)、克哉(G)、彰(G)、信人(B)、真太郎(Dr)の5人組。
2002年6月に結成。
バンド名の由来は、“自分達の世界をも越える”と言う意味を持つ。
疾走感溢れるロックなアプローチから、心地よいクラブミュージックのアプローチまで、オリジナル度が高い次世代のサウンドを紡ぎだす。
2005年7月6日、シングル「D-tecnoLife」でデビュー。4位を獲得し、3週連続TOP10入りを果たす。
2006年2月15日、アルバム『Timeless』をリリース。5位を獲得。
2007年2月21日、アルバム『BUGRIGHT』をリリース。
2008年1月16日、アルバム『PROGLUTION』をリリース。
2009年2月18日、アルバム『AwakEVE』をリリース。
2009年8月5日、シングル「GO-ON」をリリース。

▲このページの最初に戻る