ORICON STYLE

2009年07月15日
小池徹平 Special Interview
今までにないほどリアルな心情を描いたアルバム
ソロとしては2年ぶりとなるアルバム『Jack In The Box』を完成させた小池徹平。聴いてみるとなにやら今までの彼の“さわやかな少年”というイメージとは異なる、大人の魅力をまとった作品に仕上がっているのだ。本人も「今までにないほどリアルな心情を描くことができた」という今作について、じっくりときいた。
サワヤカじゃなくてもいい!?

――先行シングルとしてリリースされた『キミだけ』を筆頭に、今までとはまったくイメージの異なる楽曲が多いですね。
【小池】
 今までは、僕のなかでも“小池徹平とはサワヤカでなくてはいけない”というイメージがあったので、必然的に生まれてくる曲はキラキラした感じのポップスが多かったんですよ。でも今回は、あえてテーマを作らず制作に取りかかったんです。そのおかげで、いろんなタイプの曲が次々と浮かんできたんですよね。

――となると、考えて作るのではなく、溢れてきたという感じですか?
【小池】
 そうですね。WaTではできないようなジャンルの曲や、今までに歌っていないような歌詞にも挑戦しているんです。

――たとえば、どんな感じの歌詞ですか?
【小池】
 “ダメ男”の恋愛観を歌った「アイシテモ」の歌詞は新鮮だと思いますよ。この主人公は、女のコに振り回されて、ダメダメな生活を送っているのに、“まぁいいや”って開き直っているんです(笑)。自分で書いたにもかかわらず、あまりにも自分とかけ離れていているので、歌っていて面白かったです。

ウエンツとは以心伝心しているかも・・・

――1stアルバム『peaces』では考えられない内容の曲ですね。
【小池】
 そうなんですよ(笑)。今まではあえて“等身大”という言葉にこだわっていたので、この曲のように自分ではない新しい主人公を歌詞にして歌うのはとても新鮮でした。それに、素直に気持ちを表現するのも楽しいけど、この歌詞の<行き着く先は夢の中>のように、聴いている人が、“これってどんな状況なんだろう”って考えるような歌詞をもっと書いていきたいなって思うようになったんですよね。

――「AIR STYLE」のような、可愛いラブソングも聴けますね。
【小池】
 はい。この曲は元SUPERCARのいしわたり淳治さんに歌詞を書いていただいた、すごくサワヤカで、夏にぴったりなポップチューンになっています。途中で<タラットゥ>って手をたたきながら歌うところがあるんですが、ここはこの夏のライブでみんなと一緒に歌いたいんです。すごく盛り上がると思うんですよね。

――その他には、アルバムではどんな曲が聴けますか?
【小池】
 バラードやポップス、ロックはもちろん、意外性のある曲も聴けると思いますよ。なんせタイトルは『Jack In The Box』、日本語で“ビックリ箱”ですから(笑)。

――ちなみにウエンツさんは、徹平さんの曲の感想などを言ってくれるんですか?
【小池】
 それが、いつも照れくさくて聞いていないんです。でも、この前、ぼくの横で自然と「君に贈る歌」を歌っていたんですよ。その瞬間に“あ、聴いてるんや!”って気づいて、ちょっと面白かったですね(笑)。でも、僕も気づくと無意識に瑛ちゃんのソロ曲を口ずさんでいたりするんですよ。これってやっぱり、以心伝心しているのかもしれないですね(笑)。

(文:吉田可奈)

RELEASE

Jack In The Box【初回限定盤】
小池徹平
発売日:2009/07/15[アルバム]
価格:\3,300(税込)
ユニバーサル シグマ
品番:UMCK-9287
CDを購入する(Amazon)着うた配信
このCDについて語ろう

Jack In The Box【通常盤】
小池徹平
発売日:2009/07/15[アルバム]
価格:\2,800(税込)
ユニバーサル シグマ
品番:UMCK-1318
CDを購入する(Amazon)

profile

1986年生まれ、大阪府出身。2001年、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを獲得。ウエンツ瑛士とのユニット・WaTとして「僕のキモチ」(2005年11月2日発売)でメジャーデビュー。これまでにWaTとしてシングル9作(インディーズ含む)、アルバム2作をリリースしている。
2007年6月27日、アルバム『pieces』をリリースし、ソロデビュー。
2009年6月24日、シングル「キミだけ」をリリース。
2009年7月15日、アルバム『Jack In The Box』をリリース。

▲このページのTOPに戻る