ORICON STYLE

2009年03月18日
安室奈美恵 SPECIAL INTERVIEW
CMでも話題の新曲を語る!写真も満載!!
 昨年、リリースしたベストアルバム『BEST FICTION』が大ヒットした安室奈美恵。現在、CMでオンエア中でお馴染みの「WILD」と「Dr」では、今までにない新たな彼女が見れる。その話題の新曲とミュージックビデオについて語ってくれました。
TOP インタビュー フォトギャラリー アーティストページ

and more...

また新しい引き出しを開けてくれた新曲

――ベストアルバム『BEST FICTION』が大ヒットとなりました。たくさんの人に受け入れられたことで、自分でやってきたものが正しかったっていう自信にもなりましたか?
【安室】 
それは多少ありますね。でも、あのベストアルバムを一区切りとするならば、また新しくすっきりやりたいなっていうところで今回のシングルの楽曲は選んでるんです。自分にも新しい刺激が欲しかったし、ベストアルバムにはないような楽曲をやりたいなって。

――その言葉通り、今回の2曲もまた新しい安室奈美恵が聴けるものになりました。まず「WILD」は力強いダンストラックになりましたね。
【安室】 
はい。すごいかっこいい楽曲になったなと思ってます。

――この曲を作ったT.Kura&michicoさんって安室さんに馴染み深いプロデュースチームですが、こういうハウス調の曲も作るんだっていうのが驚きでした。
【安室】 
最初にもらったデモは、R&Bな感じだったんですよ。そこに『コカ・コーラ ゼロ』のCM曲のお話を頂いて、そのテーマと考えていた方向性が上手くマッチしたので、Kuraさんとmichicoさんに大体のイメージを伝えて楽曲を作って頂いて。Kuraさんもmichicoさんも斬新なアイディアを持っている方たちだし、また新しい引き出しを開けてくれたのかなって思ってます。

――「WILD」は歌詞も大胆ですよね(笑)。
【安室】 
裏テーマは「少子化対策」なんです(笑)。表テーマは「楽しくはじけちゃえ!」みたいな。そのままサラッと聴くとわかりづらいですが、かなりイケイケな内容で(苦笑)。だけど、どうせやるなら中途半端はいかん、と(笑)。行き切っちゃった方がいいなって。

中途半端はよくないから、やりきりました

―― 一方、「Dr」も曲の展開にびっくりでした。テクノ、ハウス、オペラ、ソウルと、1曲の中で数曲分のサウンドが次々と顔を出す。
【安室】 
うん。面白いですよね(笑)、展開が激しくて。

――そういう曲調に違和感はありました?
【安室】 
なかったですね。もともと1曲の中でリズムが変わったりとかっていうのは全然ありだって言って作っていて。だから違和感はないし、やるなら思い切って(笑)。中途半端はよくないから。

――その「やるなら思い切って。中途半端はいかん」っていうのは、今回、安室さんの中でキーワードだったりしたんですか?
【安室】 
自分の中での葛藤はあるんですけどね。たぶんみなさんが求められる「やってくれるのでは?」みたいなものと、「いや、意外と私自身はそんな感じもないんだけどな」っていうのが、わりと毎回、せめぎ合っていて(笑)。だけど、その刺激が気持ちいいなとか、自分の中で新鮮だなとか、新しいこととかをやってみたいなっていう風に変わってきていて。今はそっちに向かうフットワークは軽くなってきているとは思いますね。

――今回の2曲のミュージックビデオについても教えてください。「WILD」は『コカ・コーラ ゼロ』のCMで初挑戦した、「手をフロアーにつけるダンス」が、安室さんの希望でミュージックビデオで初披露されました。
【安室】 
そうなんです。このビデオはダンスがメインだし、ダンスシーンを見てもらえれば。コンセプトは「宇宙な感じ」ですね(笑)。火星的な星で「増やしてこ」みたいな(笑)。歌詞の裏テーマが反映されてるので、その意味も踏まえて観てもらえればうれしいです。

―― 「Dr.」は初のフルアニメですね。これは西暦3000年の地球が舞台だとか。
【安室】 
全編アニメはずっとやりたいなと思っていて。でもかなり時間がかかるっていわれていて、いつも曲が上がるのがぎりぎりだから(苦笑)できなかったんですよ。でも、今回はやっていただけるっていうことで、じゃあ、とことんやっていただこうと。そこも、やるなら中途半端はいかん、ってことです(笑)。

(文:猪又 孝)

RELEASE

WILD/Dr.【CD+DVD】
安室奈美恵
2009/03/18[シングル]
価格:\1,890(税込)
エイベックス・トラックス
品番:AVCD-31611/B
CDを購入する(Amazon) このDVDについて語ろう

WILD/Dr.【CD】
安室奈美恵
2009/03/18[シングル]
価格:\1,050(税込)
エイベックス・トラックス
品番:AVCD-31612
CDを購入する(Amazon)

PROFILE

1977年9月20日生まれ、沖縄県出身。
“スーパーモンキーズ”のメンバーとして、1992年「恋のキュートビート」でデビュー。
1995年1月25日、“安室奈美恵withスーパーモンキーズ”としてリリースしたシングル「TRY ME〜私を信じて」が大ヒット。
1995年12月4日、シングル「Chase the Chance」で首位獲得。
以降リリースしたシングル「You'r「Don't wanna cry」「You're my sunshine」「a walk in the park」「CAN YOU CELEBRATE?」「I HAVE NEVER SEEN」で、首位獲得。
また、アルバムでも『SWEET 19 BLUES』『Concentration20』『181920』で首位獲得。
2005年7月13日、アルバム『Queen of Hip-Pop』をリリース。
2007年6月27日、アルバム『PLAY』をリリース。
2008年7月30日、ベストアルバム『BEST FICTION』をリリース。
2009年3月18日、シングル「WILD/Dr.」をリリース。

過去の特集

■ベストアルバム『BEST FICTION』特集
 『超豪華なベスト盤とセルフプロデュースの軌跡を語る!』(2008/07/30)

■アルバム『PLAY』特集
 『アルバム収録の新曲PVを徹底解剖!!』(2007/06/20)

→その他特集&インタビュー 一覧はこちら


▲このページの最初に戻る