ORICON STYLE

2009年03月11日

 3月9日に初のベストアルバム『レミオベスト』をリリースしたレミオロメン。ファンの心に残る名曲の数々に加え、新曲「夢の蕾」や「Sakura」も収録したこの作品で、ひとつの節目を迎えたと同時に、新たな一歩を踏み出した。

大切にしてくれている曲があることが嬉しい

──1位「3月9日」と2位の「粉雪」は、ドラマ『1リットルの涙』(CX系)印象で、セットで好きだというコメントが多かった。
【神宮司】 ドラマで使ってもらえたのはすごく嬉しくて。それで僕らの知らないところでどんどんと広がっていった感じがする。
【藤巻】 ドラマの反響と共に、曲やバンドのイメージが一人歩きして行くような感覚もあって。メディアの力のすごさを感じた。
【前田】 ドラマの主人公のモデルになった鬼頭さんが本気で病気と闘っていたのを見て、僕だけでなく日本中の人が勇気をもらったと思う。鬼頭さんやドラマとのステキな出会いによって、この2曲は光ることができたんだと思います。


──3位「南風」は「テンションが上がる」、4位「スタンドバイミー」はビデオの「飛行場のシーンが新鮮」という意見。

【藤巻】 「南風」は、最初は(前田)啓介が作ってきたバラードだったんだけど、3人でセッションをしながら曲調が変わって行った。サビは歌詞とメロディーが一緒に出て来て「何かこれいいね」って感じで。
【神宮司】 みんなで一体となれる感じで、僕もテンション上がります!
【前田】 「スタンドバイミー」の撮影は、とにかく風が強くて寒かった。


──5位のみ意見が分かれた。「翼」のビデオはスケールがでかい。

【藤巻】 映像はすごいんですけど、夜のシーンはメッチャ寒かったんですよ。
【神宮司】 空撮のラジコンヘリが近くを飛んでいるときちょっと怖かったし。
【前田】 北海道の大地を700km以上移動して撮って、かなり疲れましたね。


──では、アンケート結果の総評を。

【前田】 わかる気がします。ありがとうございます。
【神宮司】 どの季節の歌も入っているのが嬉しいですね。
【藤巻】 1人ひとりが大切にしてくれている曲があるのであれば、それだけで十分嬉しいです。

(文:榑林史章)


Release

レミオベスト【初回生産限定盤】
レミオロメン
2009/03/09[アルバム] 価格:\3,900(税込)
OORONG RECORDS 品番:AVCO-36010/B

レミオベスト【通常盤】
レミオロメン
2009/03/09[アルバム] 価格:\3,150(税込)
OORONG RECORDS 品番:AVCO-36011

CDを購入する(Amazon)
Release

2000年12月、結成。メンバーは小、中、高の同級生だった藤巻亮太(Vo&G)、前田啓介(B)、神宮司治(Dr)の3人。バンド名はメンバーがじゃんけんで勝った順に1文字ずつ好きな言葉をつなげて作った。群馬・前橋を拠点にライブ活動をスタート、日本語を大切にした歌で動員数を次々に増やす。
2003年3月、ミニアルバム『フェスタ』をリリース。レコード店のインディーズチャートで軒並み上位をマーク。その後もリリースごとに順位を上げていく。
2005年3月9日、アルバム『ether[エーテル]』をリリース。また同日、日本武道館にて『レミオロメン 3月9日 武道館ライブ』を行う。
2005年11月16日、シングル「粉雪」をリリース。『1リットルの涙』(CX系)の挿入歌に起用され、ロングセールスを記録。
2006年5月17日、アルバム『HORIZON』をリリース。1位を獲得。
2006年11月1日、アルバム『Flash and Gleam』をリリース。
2007年12月19日、アルバム『朝顔』をリリース。
2008年10月29日、アルバム『風のクロマ』をリリース。
2009年1月7日、シングル「夢の蕾」をリリース。
2009年2月14日、au『LISMO』CMソングの「Sakura」を配信限リリース。
2009年3月9日、ベストアルバム『レミオベスト』をリリース。

過去の特集

▲このページの最初に戻る