ORICON STYLE

2009年03月11日

3月11日にリリースした新曲「Heart」は、映画『釣りキチ三平』の主題歌。特集第2弾では、家族愛をテーマにした新曲と、今思う家族の大切さについて語ってくれました。

Photo Gallery

実は、デビュー当日にCDショップに行きました

──デビューして約4ヶ月。何か変わりはありましたか?

【yoko】 ツアーや握手会でファンの方の顔を直接見ることができたのがとても嬉しくて。ツアーでは2人の絆がより深まったし、“よし頑張ろう!”って気持ちが強くなりました。そうそう、デビュー当日にCDショップに行って、自分の曲を視聴したり、写メを撮ったりしてきました(笑)。

【大西】 僕は街頭ビジョンでthe generousのPVが流れているところに遭遇しました。思わずビックリして振り向いちゃいましたよ(笑)。

──さて、「Heart」は、the generous王道のバラードですね。

【yoko】 この曲はツアー中に作りました。ライブの翌日にスタジオに入ったり、PV撮影をしたりっていう、結構てんやわんやな感じだったんですけど・・・。って、てんやわんやって最近では言わないか(苦笑)。

【大西】 (笑)。デビュー前はスタジオにこもって黙々と作業することが多かったけど、デビュー後はthe generousの音楽がどんな人たちに届いているのか、どんな反応があるのかというのが見えやすくなったこともあって、the generousとして何をやるべきなのかを確信を持ってできるようになりましたね。

【yoko】 映画『釣りキチ三平』の主題歌のお話を頂いたとき、最初は釣りの話で壮大なバラードでいいの!?なんて思っていたんです。でも、物語が家族愛や人と人との触れ合いにスポットを当てているので、バラードがぴったり合うなぁって。

【大西】 バラードはyokoの声が一番映えると思っているし、僕もバラードを作るのが得意だしね。ただ、前回のデビュー・ミニアルバムでやったこととは違うエッセンスを今回のバラードには入れたかったので、サウンドにモダンな要素を取り入れてみました。

20代になった今思う自分なりの家族愛

──yokoさんが歌詞に込めた思いは?

【yoko】 家族愛というのを考えたときに、私が家族や兄弟のことを思うときってどんなときだろうと思ったんです。毎日一緒にいると、一緒にいることが当たり前になって感謝の気持ちを忘れがちになってしまうけど、離れてみると家族のありがたさがよくわかる・・・。実際に私は高校生のときに寮生活を1年間したとき、本当に家族のことを一番思っていたので、そのときに感じていた思いを軸にして、20代になったいまの自分のフィルターを通して歌詞を書いたんです。

──歌詞の中の“受話器”という単語が新鮮でした。最近はケイタイばかり使っている人が多いでしょう?

【大西】 さすがにまだ死語ではないと思うんですけど、確かに新鮮ですよね。

【yoko】 なんでだろう。私って会話でも昭和を匂わす言葉が多いんですよねぇ。なので、受話器も私としては自然に出てきました。

(文:松浦靖恵)

Release

Heart【初回限定盤】
the generous
2009/03/11[シングル] 価格:\1,600(税込)
tearbridge records 品番:NFCD-27155/B

Heart【通常盤】
the generous
2009/03/11[シングル] 価格:\1,050(税込)
エイベックス・トラックス 品番:NFCD-27156

CDを購入する(Amazon)
Profile

【yoko】
12〜18才まで思春期の多感な時代を米国・LAで過ごす。LAで様々な音楽に刺激を受けたyokoは本格的にミュージシャンになる事を決意し、数えきれないほどのスーパースター達のボイストレーナーとして知られるセス・リグス氏に師事。2008年春、上智大学を卒業後、デビューに向けてさらに精力的なレッスン、レコーディングが開始。

【大西克巳】
1999年、布袋寅泰に見いだされ、2人組ユニット“JET SETS”としてデビュー。ギター、作曲、アレンジを担当。布袋寅泰プロデュースのもとシングル4枚、アルバム1枚を発表し、2003年まで活動。その後はギタリスト・コンポーザーとして個人での活動を開始。近年では布袋寅泰をはじめ宇多田ヒカル、NOKKO等のライブにギタリストとして参加、またコンポーザーとしては倖田來未をはじめ様々なアーティストへの楽曲提供など、様々なアプローチでの音楽活動を展開。

2007年、yokoが制作した1本のデモテープをきっかけに、様々なクリエイターと楽曲制作を進めてゆくなか大西克巳と意気投合し、2008年にユニットとしてthe generousが誕生。
2008年10月29日、ミニアルバム『the generous』で待望のデビュー。
2009年3月11日、シングル「Heart」をリリース。


過去の特集

▲このページの最初に戻る

 
s2