ORICON STYLE

2009年02月18日
デビューから10年たったからこそ書けたラブソング

――「milk」は、すごく新鮮なタイプの曲になりましたね。
【aiko】 そうですね。今まではこういう曲をシングルにしたことがなかったので、自分も2009年一発目のシングルが、この曲で良かったなと思います。アレンジに関してこだわったのは、スカの感じをしっかり出すということと、まとまっているけど、ちょっとガチャガチャした雰囲気もあるものにしたいということ。だからレコーディングも、スタジオミュージシャンの人たちが各々いろんなことをやっているようなものになったんですよ。


――本当にたくさんの音が入っていますね。だから、聴き心地は爽快なんだけど、味は複雑っていうか。聴けば聴くほどクセになるような、不思議な曲だなって思いました。
【aiko】 曲のタイトルになっている“ミルク”って、私の中では、無機質に感じるときもあれば甘く感じるときもあるし、真っ白だけど濃厚だったりして、その日によって違う印象になるものなんですよ。自分自身もそれと同じように、すごく天邪鬼なときもあるんだけど、その根底には好きで仕方ないっていう気持ちが隠れていたりする。そういう、ひとつのものやひとりの人間の中には、いろんな裏表が一緒になっているんだよっていうのが、アレンジも含めて、この曲でピタッと合った感じですね。しかも、この曲はアップテンポだけど、コード的にはマイナー。だから、聴く人のその日の気分によって、せつない曲に聴こえたり、逆に、今日は行こうかな!って思えるような曲になったらいいなって思っています。


――わかります。何面性も持っている曲ですよね。それに、一見かわいい感じがするけど、実は大人の恋愛の曲かなとも思った。歌詞の中に<真っ白い光に一緒になりたい>っていうフレーズがあるじゃないですか。これは2人が溶け合うくらい究極にひとつになるっていうことなんじゃないか?って思ったので。
【aiko】 そうですね。手をつなぐとかじゃないですね。好きな人のことを想ったからウキウキするというような次元は超えていて、もう覚悟を決めて想っている感じ。


――ですよね(笑)。
【aiko】 そういう意味では、デビューから10年たったから書けた曲なのかなって思います。好きな人のことを思った一番最初の強い気持ち自体は、例えば「桜の時」の頃と今でも一緒なんですよ。でも、それからちゃんと年齢を重ねたうえでの、好きと思った瞬間の強い気持ちが書けた。それが、この曲だと思いますね。

3曲とも作ったあと、自分で聴きまくってる

――2曲目の「嘆きのキス」も、とてもステキなバラード。せつなくて情感タップリで、aiko節炸裂ですよね。
【aiko】 ベッドで1人で泣いてる事があって、シーツに涙が落ちたときに、ボソッボソッてシーツの音がしたんですよ。それを聞いて「ああ、こんな音が鳴るんや」と思って書いたのが、この曲なんです。


――そういうエピソードから生まれた曲だから、こんなに全てが繊細なんですね。「嘆きのキス」っていう言葉からして、もう、すごく痛みが伝わってきました。
【aiko】 もうダメだとわかっているのにしてしまったキスなので、とても悲しい曲なんです。“私”っていう普段aiko自身が使っている言葉よりもっと尊いものを表現したかったんです。だったら、この曲で伝えたかった、まっさらな見返りを求めない気持ちっていうのを表現するには、“僕”っていう言葉のほうがいいんじゃないかって思ったんですよ。


――なるほど。それで“僕”にしたんですか。
【aiko】 はい。それに私自身にも、見返りを求めない気持ちがないわけじゃない。もう自分と一緒にはいなくても、好きになった人に対しては、究極“生きていればいいか”って思ったりしますからね。自分の中にある、そういう感情を、“僕”という言葉を使うことによって、とても素直に書くことができたんです。いつも恋愛の曲を書きたいと思っているんですけど、最近、いろんな恋愛の曲が書きたいなって、よりまた思えるようになった。今回は「milk」も「嘆きのキス」も、もう1曲の「なんて一日」もいろんなところから切り取って書けたものなので、作ったあとも、自分でも聴きまくっていますね。

(文: 高橋栄理子)
Release
milk/嘆きのキス【初回限定盤】

milk/嘆きのキス【通常仕様盤】
aiko
発売日:2009/02/18[シングル] 価格:\1,260(税込)
ポニーキャニオン 品番:PCCA-02888

CDを購入する(Amazon)
このCDについて語ろう
DECADE プレミアムエディション【完全限定生産】

DECADE プレミアムエディション【完全限定生産】
aiko
発売日:2009/03/04[DVD] 価格:\7,875(税込)
ポニーキャニオン 品番:PCBP-52000

DVDを購入する(Amazon)
このDVDについて語ろう
DECADE スタンダードエディション【通常仕様】

DECADE スタンダードエディション【通常仕様盤】
aiko
発売日:2009/03/04[DVD] 価格:\6,090(税込)
ポニーキャニオン 品番:PCBP-52001

DVDを購入する(Amazon)
このDVDについて語ろう
Profile

1998年7月、シングル「あした」でメジャーデビュー。
その後、シングル「花火」「カブトムシ」「ボーイフレンド」、アルバム『桜の木の下』などが大ヒットを記録。数々のシングル、アルバムをリリースする。
2008年3月12日、シングル「二人」をリリースし3位を獲得。
2008年4月2日、アルバム『秘密』をリリースし2位を獲得。
2008年7月23日、シングル「KissHug」をリリースし2位を獲得。
2009年2月18日、シングル「milk/嘆きのキス」をリリース。
2009年3月4日、DVD『DECADE』をリリース。