ORICON STYLE

2008年05月14日
ドラマを通して大切なことを教えられた

――「おかえり」。あらためて、温かくていい言葉だなと思いました。
【絢香】 たぶん誰もが、当たり前のように耳にしていた言葉ですよね。うちには必ず「おかえり」って言ってくれる人がいたし、当たり前のように「ただいま」って言っていた。待っていてくれる人がいることがどんなに幸せなことか、改めて感じますね。

――現在はひとり暮らしですからね。
【絢香】 だけどこういうことって、私も実家とか家族から離れたからこそわかったことなんですよね。寂しかったけど「おかえり」のひと言のありがたみがわかったし、帰る場所があるから何にでも挑戦できているんだって思った。待っていてくれている人たちがいると思うと、怖いものがなくなるよなって。

――作詞においても発見があった、と。
【絢香】 メロディーが呼ぶ言葉というか、メロディーが耳に届いたときの印象だったり、パッと心を掴む瞬間を大事にしたいと思ったんですよね。あとでジワジワ来るっていうよりは。

――そういう事に気付くきっかけをくれたのが、ドラマ『絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜』なんですよね。
【絢香】 はい。この曲はドラマの原作になったコミックを読んで書き下ろしたんです。主人公であるロボットが人間の感情をひとつひとつ学んでいくというストーリーなんですけど、帰ってきた!とか、笑ってくれた!とか、ちょっとしたことにものすごく喜びを感じている姿を見た時に、馴れたり、当たり前になることで忘れてしまった大切なことを教えられた気がしたんですよね。

ハタチの女の子として感じたことを歌に

――お話ではロボットという設定になっているけど、見方を変えれば生まれたばかりの子供でもあるわけで。
【絢香】 そうなんですよね。だからこのロボットのようなまっさらな心って、誰もがみんな最初は持っていたはずなんですよ。だけどいろんなことを経験したり、何かと闘ったり、傷ついたり、逆にすごい幸せを感じていたりすると、そういう本当にピュアな部分って忘れてしまいがちになる。自分もそうやったし。待っていてくれる人がいるとか、帰る場所がちゃんとあるってことがどんだけ幸せなことかなんて、実家にいるときは考えもしませんでしたからね。だから今回は、そういう自分自身も感じている気持ちを、“発信”ではなくて、ただ純粋に“歌いたい”って思ったんです。これはアーティスト絢香ではなく、ひとりの20才の女の子として書いたものなんですよね。

――歌詞にも、素直な心情が表われていますね。
【絢香】 もちろんこうやってCDが出せたり、大きなステージで歌えていることも大きな幸せだけど、自分というものや、自分が思う幸せってことを考えると、やっぱり待っていてくれる家族だったり、すごく近いところにあるんですよ。たくさんの人に自分の思いを発信できたりする場所もかけがえのない場所だけど、歌い手じゃなく、ひとりの女の子として、求めたり大事やなあって思うのは“帰る場所”だなって。ロボットのピュアさじゃないけど、自分にとっての大切なこととか、当たり前のようで当たり前じゃない幸せを、そのまま歌っています。

(文:山田邦子)
RELEASE

おかえり
絢香
発売日:2008/05/14 [シングル] 価格:\1,100(税込)
ワーナーミュージック・ジャパン 品番:WPCL-10473

CDを購入する(Amazon)
このCDについて語ろう
PROFILE

1987年12月18日生まれ。高校1年の冬より独学で楽曲制作活動を始め、高校2年の春からは福岡の名門音楽塾ヴォイスに通い、本格的な楽曲制作活動を始める。2005年夏より本格的にライブ活動を始めると、その圧倒的なライブ・パフォーマンスが口コミで話題となり、デビュー前にも関わらず各メディアが特集を組む。アーティスト絢香にとって、“歌”という自己表現における至上命題は“人の心に伝え届けること”。
2006年2月1日、シングル「I believe」でデビュー。3位を獲得。
2006年5月10日、シングル「melody〜SOUNDS REAL〜(完全生産限定)」をリリース。
2006年7月19日、シングル「Real voice」をリリース。
2006年9月27日、シングル「三日月」をリリース。1位を獲得。
2006年11月1日、アルバム『First Message』をリリース。1位を獲得。
2007年7月4日、シングル「Jewelry day」をリリース。2位を獲得。
2007年9月5日、シングル「CLAP& LOVE / Why」をリリース。5位を獲得。
2007年9月12日、シングル「Why / CLAP & LOVE」をリリース。
2008年3月5日、シングル「手をつなごう/愛を歌おう」をリリース。7位を獲得。
2008年5月14日、シングル「おかえり」をリリース。

過去のインタビュー