ORICON STYLE

2007年10月31日
Every Little Thing Special Interview
槇原敬之のあの名曲をカバー!制作エピソードを明かす!!
Play Movie
1. インタビュー映像
PLAY
動画はWindows Media Playerで御覧になれます。
Photo Galleryを見る
自分たちらしく、ストレートに表現できた
Every Little Thing 持田香織の写真 ――「恋をしている」は、久々のバラード。
【持田香織】 CM(SAPPORO 冬物語)のお話が先にあったんです。“冬物語”のCMって、ステキな曲ばかりっていうイメージがあったし、頼まれたときはとても光栄でした。
【伊藤一朗】 切ないもの、感傷的なものではなくて、ほんのり温かい曲っていうテーマがあったんです。
【持田】 音作りや言葉の選び方にしても、自分たちらしく、ストレートに表現できたと思います。それを迷いなくやれたことも、すごく嬉しいです。

――ホントに温かい気持ちがつまった曲ですよね。悲しみがまったく入っていなくて。
【持田】 そうですね(笑)。歌詞を書いているとどうしても私情に近い部分が出てくるんですけれど、それを踏まえつつも、情景が浮かんでくるもの、聴いてくれる人たちが自分と重ねやすいものが書けるといいな、って思いながら。“ビール”っていうキーワードもそのまま使っているんです。でも、そのおかげで食卓のある風景を感じてもらえるんじゃないかなって。
【伊藤】 何気なく聴いていたとしても、ちゃんと耳に残る歌詞だなって思います。リスナーの視点と近いところで書いているなって気がしました。

――最後の「今年の冬の日も/君に出遭えてよかった」というラインがすごく印象的でした。
【持田】  なかなかね、長く連れ添ったりすると、こういう気持ちも曖昧になってしまうこともあると思うんですよ。そんななか“もう1回、出会う”っていう気持ちがあるとステキだなって。

――スタンダードとしての魅力が伝わってくるアレンジもいいですね。
【伊藤】 奇をてらったこと、変わったことはまったくやっていないですからね。でも、そのほうが逆に難しいんですよ。ギターソロにしても、あまり主張しすぎず、でも、単なるBGMにならないようにっていうバランスを取らなくちゃいけないし。こういうバラードって、アップビートなロックナンバーよりも神経を使いますよね。

やりたいことがしっかりやれたシングル
Every Little Thing 伊藤一朗の写真 ――歌に関しては?
【持田】 すごく気持ちが良かったです。最近、忙しい歌が多かった気がするんですよ。ブレスの位置なんかもいろいろと試したりしたのですが、この曲は“間”を楽しむというか、“ああ、気持ちいいなあ”って思いながら歌えて、それもすごく嬉しくて。声の表情もよく出ていると思うし、自分でもけっこう聴きたくなります。

――2曲目は槇原敬之さんの「冬がはじまるよ」のカバー。槇原さん本人がコーラスで参加されていますね。
【持田】 歌ってくれましたねー。みんなで槇原さんのスタジオにおじゃましたんですけど、コーラスの取り方がすごいんですよ。“気になることがあったら言ってね”って言いながら、どんどん入れていくんですけど、曲に魔法をかけてもらったような気がしました。
【伊藤】 事前にいろいろと考えてくれていたみたいでした。槇原さんもこの曲に対して“新たな発見ができた”っておっしゃっていて、いいカバーになったと思います。

――ほんと、いい曲ですよねえ。
【持田】 ねぇ!私、すごく歌っているんですよ、カラオケとかで。だから“歌いぐせ”みたいなものがついちゃっていて、それを直すのが大変でした(笑)。槇原さんに“ステキだ”って言ってもらえたのも、すごく嬉しかったし。

――嬉しいことが多いシングルになりましたね。
【持田】 サビの最初の言葉(「恋をしている」)をタイトルにするっていうのも、今まではなかなかできなかったんです。そういうことも含めて、やりたいことがしっかりやれたシングルになったと思います。

(写真:草刈雅之)
(文:森朋之)
Release
恋をしている/冬がはじまるよ feat.槇原敬之
Every Little Thing
2007/10/31[シングル]
\1,050(税込)
エイベックス・トラックス
AVCD-31350
CDを購入する(Amazon)
Present
Every Little Thingのサイン入りポラを抽選で2名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ
Profile
持田香織(Vo)、伊藤一朗(G)の2人組。
1996年8月7日、シングル「Feel My Heart」でデビュー。
1997年4月9日、1stアルバム『everlasting』をリリース。自身初の1位を獲得し、売上は200万枚を超える大ヒットを記録。以降、『eternity』『Many Pieces』『Every Best Single+3』『commonplace』で1位を獲得。
1997年12月31日、TBS系『第39回輝く!日本レコード大賞』で、優秀作品賞を受賞(受賞曲「Dear My Friend」)。
1998年2月11日、シングル「Time goes by」をリリース。シングルで初のミリオンセールスを記録。
1998年12月31日、TBS系『第40回輝く!日本レコード大賞』で、ベストアルバム賞を受賞(受賞作品は『Time to Destination』)。
2006年6月14日、シングル「ハイファイ メッセージ」をリリース。
2006年8月9日、アルバム『Crispy Park』をリリース。
2006年8月30日、シングル「スイミー」をリリース。
今年で、デビュー10周年を迎える。
2007年2月14日、アルバム『14 message〜every ballad songs 2〜』をリリース。
2007年8月8日、シングル「キラメキアワー」とDVD『Every Little Thing 10th Anniversary Special Live at Nippon Budokan』を同時リリース。
2007年10月31日、シングル「恋をしている/冬がはじまるよ feat.槇原敬之」をリリース。
オフィシャルサイト
【過去のインタビュー】
■シングル「キラメキアワー」インタビュー
 『“新しいことがはじまる!”予感に満ちたポジティブな新曲!!』(2007/08/08)
■アルバム『14 message〜every ballad songs 2〜』インタビュー
 『深みと温かみのあるバラードベストについて語る!』(2007/02/14)
■アルバム『Crispy Park』インタビュー
 『ポップでわかりやすいELTらしい最高のアルバム!』(2006/08/09)
■アルバム『Crispy Park』インタビュー
 『デビュー10周年記念!PV先行フル視聴!!』(2006/06/07)