ORICON STYLE

2007年08月29日
KOTOKO
Special Interview
初の横浜アリーナライブより PV「being」を期間限定フル配信!
Play Movie
1. コメント映像 PLAY
2. PV「being」(フル試聴) 配信終了

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

歌手としての道のりが感じられるステージに

――ソロデビューからの2年間が凝縮された映像作品ですね。
【KOTOKO】 そうですね。横浜アリーナでライブをやるっていうことが決まってから、いままで歌い手として歩んできた道のりが感じられるようなステージにしたいって思っていました。でも、実際にライブをやってみると“これは私だけのステージではないな”っていう思いのほうが強くなったんですよ。これまで関わってくれた人たち、スタッフや応援してくれたファンのかたも含めて、みんなの思いが全部入っているというか。そういう気持ちが生まれてきたのは自分でも驚きだったし、私のなかでも大きな節目となったライブだと思います。


――その一方でこのDVDは、いままで“KOTOKO”のことをあまり知らなかった人でも十分に楽しめる、エンターテインメント性が高い作品に仕上がっていますよね。
【KOTOKO】 そう言ってもらえるのは嬉しいです。私の特徴は音楽の幅が広いことだと思っているんですけど、そういうところを楽しめてもらえたらなって。


――ホントに幅広いですよね。「UZU-MAKI」みたいなゴリゴリのヘビィロックもあれば、「きゅるるんKissでジャンボ」みたいなアイドル風ポップスもあって。
【KOTOKO】 衣装が変わることでキャラチェンジしちゃうんですけど、歌っているときだけじゃなくて、MCのときまでキャラが変わっているみたいで。「しゃべっているときは、ふだんのKOTOKOでいいんじゃない」って言われることもあって、自分ではぜんぜん意識してなかったんですけど、今回のDVDの映像を見ていると“あ、ホントだ”って(笑)。かっこいいロックを歌っているときは「おまえら!」みたいな感じで、かわいい曲を歌ったあとは「ありがとうございます〜」っていう。ちょっと恥ずかしいですね、自分でも。

貪欲にチャレンジしていきたい

――衣装の早着替えとかダンスとか、演出もかなり凝っていますよね。
【KOTOKO】 リハーサルの段階では“ホントに上手くいくんだろうか?”ってちょっと心配だったんですけど(笑)。早着替えにしても、ステージがすごく広くて、前日のリハではぜんぜん間に合っていなかったんです。“これはまずい”ってことで、私と着替えのスタッフだけで居残り練習して・・・。ライブの後は「上手くいって、よかったね!」って肩を抱き合いながら嬉し泣きでしたね〜。


――ここだけの話、失敗しちゃったことってあります?
【KOTOKO】 (笑)。えーと、「地に還る」のとき、衣装デザインの段階では、ドレスの裾をぶわーっと床全体に広げて私の体が上にあがっていくという演出を考えていたんです。でも前日リハーサルでやってみて、ドレスの重さで上がっていくステージから落っこちそうになっちゃって、結局当日になり危険なので取りやめとなってしまいました。でも成功すればすごいスケールの衣装になったはずなので、次はもっと準備期間を設けてリベンジしたいなって思っています!


――いろんな意味で思い出深いDVDになりましたね。
【KOTOKO】 去年の夏のツアーと横浜アリーナのコンサートを経験したことで、自分のやるべきことがハッキリしたっていう手ごたえがあったんですよ。これからの活動についても、より明確なビジョンを持って臨めるんじゃないかなって。もっともっと貪欲に、いろんなことにチャレンジしていけたらいいなって思っています。

(文:森朋之)
Release
Starlight Symphony-KOTOKO LIVE 2006-IN YOKOHAMA ARENA【初回盤】
KOTOKO
2007/08/29[DVD]
\7,140(税込)
ジェネオン エンタテインメント
GNBA-1287
DVD購入(Amazon)
Starlight Symphony-KOTOKO LIVE 2006-IN YOKOHAMA ARENA【通常盤】
KOTOKO
2007/08/29[DVD]
\5,040(税込)
ジェネオン エンタテインメント
GNBA-1288
DVD購入(Amazon)
Profile
1月19日、北海道生まれ。
音楽集団・I'veのメインボーカリストの一人としてPCゲームの楽曲などを数多く発表。
2004年4月21日、アルバム『羽-hane-』でデビュー。
2004年8月11日、シングル「覚えてていいよ/DuDiDuWa * lalala」をリリース。
2004年11月17日、シングル「Re-sublimity」をリリース。
2005年6月8日、アルバム『硝子の靡風』をリリース。
2005年10月13日、シングル「421-a will」をリリース。
2006年3月23日、シングル「being」をリリース。
2006年10月25日、シングル「Chercher〜シャルシェ〜」をリリース。
2006年12月13日、シングル「UZU-MAKI」をリリース。
2007年3月7日、シングル「きれいな旋律」をリリース。
2007年8月29日、DVD『Starlight Symphony-KOTOKO LIVE 2006-IN YOKOHAMA ARENA』をリリース。
オフィシャルサイト