ORICON STYLE

2007年07月11日
スキマスイッチ SPECIAL INTERVIEW
スキマスイッチ SPECIAL INTERVIEW
新曲制作秘話と今後の展開について語る!
PLAY MOVIE
1. 動画コメント PLAY
2. PV「マリンスノウ」 配信終了

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

 微妙な感情を深くえぐる歌と、そのパワーを最大限に引き出すしっとりとしたサウンド。10作目となるシングル「マリンスノウ」は、大橋、常田それぞれにとって渾身の力作。その2人が見据える未来も聞いてみた。

この曲でボーカリストとしての意識が変わった

──「マリンスノウ」には、今までのスキマスイッチにはない曲と詞の世界観を感じましたが?
【大橋】 ここまで深い失恋を描いていて、最後の最後まで光が当たらないような感じは初めてかもしれないですね(笑)。意識的に今までにないものを歌ってみたかったんです。心では号泣しているけど、涙はポロッとこぼれはしないっていう。その、すごく中途半端で難しいラインを歌いたいっていうことをシンタ(常田)くんに伝えて、僕が作ったメロディーに詞を書いてくれました。

──ボーカルの難易度が高い曲ですよね?
【大橋】 作った本人でも難しかったです(笑)。メロディーを追うこと以上に、感情をそこに乗せていくのがすごく大変で。この曲でボーカリストとしての意識がだいぶ変わりましたね。“曲調に合ったいい歌ってどういうものかな?”ということを、よく考えるようになったんです。だから、この曲のくぐもっているような雰囲気には、ツアー中のガラガラの声がマッチするんじゃないかな、と思ってツアー中に歌録りをしました。

──メロディーの展開も変わっていますよね。アレンジ面で意識したことは?
【常田】 非常にインパクトが強くて複雑なメロディーなので、アレンジ自体はそれを支える程度で十分だと思って、あえてシンプルにしました。水っぽくしようというイメージがあったので、楽器もそれほど多くなく、ストリングスとオルガンでまとめました。アルバム『夕風ブレンド』で「藍」とかを作って、歌の力を改めて実感したので、“歌を前に!”っていう感じにしたかったんです。

新しいことに挑戦していきたい

──カップリングの「回想目盛」はカントリー調ですね。
【常田】 『夕風ブレンド』に収録した「月見ヶ丘」のときにやった、ちょっとカントリーっぽいアレンジをすごく気に入っていたんです。だから、本格的にスチールギターが入っているカントリーの曲を絶対に作りたいと思って、やってみました。

──そして、恒例のインスト「ノウムの調べ」。ついにソプラノリコーダーまで登場しましたか(笑)。
【大橋】 はい(笑)。これまでずっとシングルにはインストを入れてきたんですけど、もう楽器ネタがなくて(笑)。今回はテーマとして『魔女の宅急便』に出てきそうな曲っていうのを、ふと思いついて、だったらリコーダーが似合うんじゃないかと。

──アルバム3枚を出して“スキマスイッチの音楽”が認知され、確立しました。そして、今回の「マリンスノウ」を出したことをふまえて、この先のスキマスイッチはどうなっていくと思いますか?
【大橋】 もちろんスタッフだったり、シンタくんの中でシングルの流れというものがあるのかもしれないけど、もっと自由に作ってもいいんじゃないかなっていう気はしますね。
【常田】 スキマスイッチ内でも外でも、新しいことに挑戦していきたいですね。やっぱり2人でメロディーを作って、大橋くんが歌って、僕がアレンジをすればスキマスイッチらしくなるので、何をやっても2人に還元されると思うんです。このいいテンションでずっと作り続けられれば、と思います。

(文:井桁 学)

RELEASE

『オロナミンC presents キモチスイッチプロジェクト』応援ソング

マリンスノウ
スキマスイッチ
2007/07/11[シングル]
BMG JAPAN
【初回限定盤DVD付き】
\1,575(税込)
AUCK-19931/2
CD購入(Amazon)
【通常盤】
\1,260(税込)
AUCK-19021
CD購入(Amazon)


グレイテスト・ヒッツ
スキマスイッチ
2007/08/01[シングル]
\3,059(税込)
BMG JAPAN
AUCK-11009
CD購入(Amazon)
着うた(R)配信


PRESENT
スキマスイッチのサイン入りポラを抽選で2名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ
PROFILE
1999年に結成された大橋卓弥、常田真太郎の愛知県出身の二人によるユニット。
2002年8月、『AUGUSTA CAMP 2002』のサブステージに出演。圧倒的なパフォーマンスで多くの観客を魅了する。2003年7月、シングル「view」でメジャーデビュー。
2003年9月、アルバム『君の話』をリリース。
2004年6月23日、アルバム『夏雲ノイズ』をリリース。自己最高の2位を獲得。
その後、シングル「冬の口笛」 「全力少年」 「雨待ち風」をリリースし、次々とヒットを記録。
2005年7月20日、アルバム『空創クリップ』をリリース。自己最高の1位を獲得。
2006年3月1日、シングル「ボクノート」をリリース。3位を獲得。
2006年8月16日、シングル「ガラナ」をリリース。1位を獲得。
2006年11月22日、シングル「アカツキの詩」をリリース。
2006年11月29日、アルバム『夕風ブレンド』をリリース。
2007年7月11日、シングル「マリンスノウ」をリリース。
2007年8月1日、ベストアルバム『グレイテスト・ヒッツ』をリリース。
オフィシャルサイト