ORICON STYLE

2007年05月23日
上戸彩 SPECIAL INTERVIEW
作詞初挑戦の今作は、胸に響く切ないバラード
PLAY MOVIE
1. PV「涙の虹」 配信終了
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
 上戸彩15枚目のシングルは、自身が主演しているドラマ『ホテリアー』の主題歌。本人が“大切に歌いたいから”と温めていた楽曲に添えた初めての歌詞は、作詞初挑戦とは思えないほど切なく胸に響くメッセージ。ドラマ同様、今後の展開が楽しみな作品である。



――すごく素敵なバラードですが、この曲を初めて聴いたときの感想を教えてください。
【上戸】
 世界観があって、とても感動的な曲だと思いました。

――作詞に初挑戦されていますが、一番難しかったことは?
【上戸】
 今までは、自分の心まで覗かれてしまうようで恥かしいから絶対に作詞はしない!!と思っていたのですが、歌詞の設定を決めてから詞を書き始めたら意外と大丈夫でした。今回は、榊いずみさんとの共作なのですが、私が書いた歌詞を彼女が仕上げてくださいました。とても素敵な作品になって嬉しいです。

――歌詞を書くときに、榊さんから受けたアドバイスはありますか?
【上戸】
 「力を入れないで、そのまま・・・」とか「女性のどこかに強い部分も出しつつ・・・」という感じです。

あまり気持ちを込めすぎずに・・・

――「涙の虹」は、キュンと切ない感じがしますが、ご自身は、どのように感じていますか?
【上戸】
 “温かい曲”だと思います。

――レコーディングする際にイメージされたことは?
【上戸】
 気持ちを入れすぎると重たくなりすぎてしまうので、気持ちを込めながらも重たくならないように注意しました。

――「涙の虹」は、ドラマ『ホテリアー』の主題歌ですが、ドラマ撮影中のエピソードや後半の見どころを教えてください。
【上戸】
 撮影中のエピソードですが、水沢さん役のミッチーさんは、「カット!!」がかかると、すぐにミッチーさんに戻ります。噂どおりやっぱり王子様でした(笑)。そんな水沢さんと杏子は、どうなってしまうのか?そして、大切なホテルの経営は!?まだまだ、見どころたくさんなので、楽しみにしていてください。
RELEASE
涙の虹/SAVE ME
上戸彩
2007/05/30[シングル]
\1,260(税込)
ポニーキャニオン
PCCA-02442
CD購入(Amazon)
 
PROFILE
1985年9月14日、東京生まれ。
1997年、『第7回全日本国民的美少女コンテスト』で審査員特別賞を受賞し、モデル・女優としてデビュー。
2001年秋、ドラマ『3年B組 金八先生』(TBS系)での好演で一躍脚光を浴び、以降、TV、CM、映画などで活躍。
2002年8月28日、シングル「Pureness」でシンガーとしてデビュー、4位を獲得。
以降、コンスタントにシングル、アルバムをリリース。
2005年6月8日、シングル「夢のチカラ」をリリース。7位を獲得。
2006年2月15日、シングル「笑顔のままで」をリリース。
2006年3月8日、アルバム『License』をリリース。
2006年9月20日、アルバム『BEST of UETOAYA -Single Collection- COLLECTOR'S EDITION 』『BEST of UETOAYA -Single Collection- PREMIUM EDITION』『BEST of UETOAYA -Single Collection- STANDARD EDITION』をリリース。5位を獲得。
2007年3月14日、シングル「way to heaven」をリリース。
2007年5月23日、シングル「涙の虹/SAVE ME」をリリース。
オフィシャルサイト
【過去の特集】
■シングル「way to heaven」インタビュー
 『春のワクワクした気持ちがタップリ詰まった新曲が完成!』(2007/03/07)