ORICON STYLE

2007年04月11日
後藤真希 special interview
大人の女性へと成長していく彼女の魅力が詰まった1枚
PLAY MOVIE
1. コメント映像 PLAY
2. PV「シークレット」(フル試聴) 配信終了
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
 2007年最初のシングルは、「シークレット」というタイトルからも、いろいろな想像を掻き立てる大人のバラード。カップリングの「インナーチャイルド」(昭和歌謡シアター『横須賀ストーリー』劇中歌)は、秘密をはらんだ女性の気持ちが描かれており、過激な歌いだしに思わずドキッとしてしまう。今作は、大人の女性へと成長していく彼女の魅力が詰まった1枚だ。

最大のシークレットは!?

――タイトルや歌詞にドキッとさせられたのですが、後藤さんはどう感じましたか?
【後藤】 大人な感じタップリだなぁ〜と。「シークレット」は、大人っぽい歌詞なので、私っぽくないかも。でも、聴くたびに、ちょっぴり切なくなります。「インナーチャイルド」は、デビューした時の自分!?とダブる部分があっておもしろかったです。

――レコーディングの際に意識したことは?
【後藤】 久々のバラードだったので、ニュアンスをうまく出せるようにがんばりました。

――今だから言える、最大の秘密(シークレット)を教えてください。
【後藤】 30年後くらいになったら言えるかな。今は、まだ秘密です(笑)。

――2曲とも恋愛をテーマにした楽曲ですが、後藤さんはどのような恋愛(恋)がしたいですか?
【後藤】 毎日トキメキがあるような恋(照)。でも、贅沢ですね。

――PVの見どころを教えてください。

【後藤】 映画のフィルムのようなフレームがついているところかな(笑)。全体的に“大人”って感じです。服もいろいろチェンジしているので、そちらも楽しみしていてください。

ドキドキしています

――後藤さんが座長を務める昭和歌謡シアター『横須賀ストーリー』では、1人2役に挑戦されるそうですね。
【後藤】 そうなんです。2役を演じ分けるのは、とても大変だと・・・。正直なところ、今からドキドキしているんです。どんなステージになるのか、自分でも楽しみにしているんですけどね。

――歌うことと演じることの違いはありますか?

【後藤】 表情や声の出しかたが、歌と演技では違いますね。演技はあまり得意ではないのですが、照れをなくしてがんばりたいと思います。

――座長としての意気込みを教えてください。

【後藤】 座長として、みんなと現場を盛り上げていきたいと思います!

――最後にファンへのメッセージを。
【後藤】  女優としてがんばる私もぜひ見に来てください!
       昭和の雰囲気を出せるように思いっきりがんばっちゃいます!!
RELEASE
シークレット【初回盤】
後藤真希
2007/04/11[シングル]
\1,680(税込)
ピッコロタウン
PKCP-5082/3
CDを購入する(Amazon)
着うた配信
シークレット【通常盤】
後藤真希
2007/04/11[シングル]
\1,050(税込)
ピッコロタウン
PKCP-5084
CDを購入する(Amazon)
PROFILE
1985年9月23日生まれ、東京都出身、O型。
1999年8月、モーニング娘。に加入し、「LOVEマシーン」 「恋のダンスサイト」等数々の大ヒットを生み出す原動力となる。
1999年11月にはプッチモニとしてもデビュー。
2001年3月28日、「愛のバカやろう」でソロデビュー。1位を獲得。
2002年9月、17才の誕生日を迎えるにあたりモーニング娘。を卒業。
2005年10月19日、安倍なつみ・石川梨華・松浦亜弥とのユニット“DEF.DIVA”として「好きすぎて バカみたい」をリリース。1位獲得。
2005年12月14日、ソロ初のベストアルバム『後藤真希プレミアムベスト@』をリリース。9位を獲得。
2006年6月7日、シングル「ガラスのパンプス」をリリース。7位を獲得。
2006年10月11日、シングル「SOME BOYS!TOUCH」をリリース。5位を獲得。
2007年4月11日、シングル「シークレット」をリリース。
ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト
【過去のインタビュー】
■ライブ『後藤真希 LIVE TOUR 2006 〜 G-Emotion〜』インタビュー
  『21才を迎えた私のテーマは“セク可愛カッコイイ”』(2006/11/29)
■シングル「SOME BOYS!TOUCH」インタビュー
  『21才。大人っぽい雰囲気も似合うようになってきました!』(2006/10/04)