ORICON STYLE

2007年03月14日
中島美嘉 Special Interview
約2年ぶりのオリジナルアルバムは豪華アーティストが多数参加!!
play movie
1. コメント映像 PLAY
2. PV「I LOVE YOU(Album Ver.)」 配信終了
3. PV「見えない星」 配信終了
4. PV「素直なまま」 配信終了
5. PV「CRY NO MORE」 配信終了
6. PV「ALL HANDS TOGETHER」 配信終了
7. PV「MY SUGAR CAT」 配信終了
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
 2005年に発売した『MUSIC』から約2年ぶりとなる4枚目のオリジナルアルバム『YES』を発売した中島美嘉。「CRY NO MORE」以降のシングルをはじめ、RYOJI(ケツメイシ)の作詞・作曲でドコモ春のキャンペーン TVCMソングとしてオンエア中の「素直なまま」や、Every Little Thingの持田香織が作詞を手がけた「GOING BACK HOME」など、豪華なアーティストが多数参加したアルバムになった。

“イエス”という言葉は、人が生きるためにはすごく大切なもの

――まずタイトルの『YES』について。どういう気持ちでつけたものですか?
【中島】 タイトルに込めた想いを言葉にするのはすごく難しいんですけれど・・・“イエス”という言葉を聞いて“嫌だな”とか“嫌いな言葉だな”と思う人は、まずいないと思うんです。前向きな力を持っている言葉で、人が生きるためにはすごく大切な言葉。私自身“ノー”と言って生きるよりも“イエス”と言って生きたいし。理由はひとつじゃなくていっぱいあるんですけれど・・・。

――喜びも哀しみもすべて受け入れて歌っていく。そういう強さや潔さも感じるタイトルですよね。

【中島】 そう受け取ってもらっても嬉しいですね。

――作家としてRYOJI(ケツメイシ)さん、持田香織さん、宮沢和史さん、佐藤タイジ(THEATRE BROOK)さん。あとギターで奥田民生さん、土屋公平さん、仲井戸麗市さんが参加していて、すごく豪華な作品になりましたね。たとえば「DANCE WITH THE DEVIL」にギターで参加している奥田民生さんとは会いましたか?

【中島】 いえ、実際にお会いすることはなかったです。アレンジに関しては、スタッフやアレンジャーさんに信頼して任せています。私の音の趣味に偏りがあるので、私がアレンジに口を出すと全体的なアルバムのサウンドが偏っちゃう気がして・・・。

――どういう風な偏りですか?
【中島】 私、すごくシンプルなものが好きなんです。ギターやピアノ一本で歌うような。でもアルバムがそういうアレンジばかりだと、聴くほうもきっと飽きちゃうと思うから。

心地良いとか解放されるって感じてもらえたら嬉しい

――歌入れのときはシンプルなデモを聴きながら入れて、ギターとか他の楽器はあとからダビングしているんですね。
【中島】 曲によってはそうですね。「DANCE WITH THE DEVIL」はデモの段階ではこんなに派手ではなかったんですけれど、民生さんのギターが入ってすごくかっこよくなったと思います。私の中にはなかった新しい世界観です。

――「素直なまま」のRYOJIさんとは、どんなレコーディングでしたか?
【中島】 これまでちゃんとお話をさせてもらったことはなかったんですけれど、レコーディングは全部RYOJIさんがディレクションをしてくれたんです。けっこう厳しかったですよ。完成したイメージが出来てらしたみたいで、歌い方のニュアンスとか声色を細かく指示して下さって。一緒にレコーディングさせてもらうのは初めてだったので、いろいろとお話をさせてもらいました。

――あと「GOING BACK HOME」は持田香織さんの作詞ですね。

【中島】 私が直接、彼女にお願いしました。身近に感じる温かさのある詞がすごく上手だなと思っていて。Every Little Thingの歌詞もそうなんですけれど、すごくリアルにはっきりと風景が描写されているので、歌うときに色やニュアンスを思い浮かべやすいんです。私自身が詞を書くとき、実はそういうものが苦手で。でもアルバムには楽曲の幅として必要だと思ったから。

――では最後に。このアルバムを聴いたリスナーにどんなものを感じてほしいですか?
【中島】 そうですねぇ・・・心地良いとか解放されるとか、そういう感じで歌ったので。そういう気持ちを、みなさんにも感じてもらえたら嬉しいですね。
(文:榑林史章)
Release

YES【初回限定生産盤DVD付】
中島美嘉
2007/03/14[アルバム]
\3,500(税込)
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
AICL-1798/9
CDを購入する


YES【通常盤】
中島美嘉
2007/03/14[アルバム]
\3,059(税込)
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
AICL-1800
CDを購入する
Profile
1983年2月19日生まれ、鹿児島県出身。
2001年10月、全国ネットドラマ『傷だらけのラブソング』のヒロインに大抜擢。
2001年11月7日、同ドラマ主題歌「STARS」でデビュー。
2002年8月28日、1stアルバム『TRUE』をリリース。ミリオンヒットとなる。
2003年11月6日、アルバム『LOVE』をリリース。150万枚を超える大ヒットとなる。
2005年3月9日、アルバム『MUSIC』をリリース。初登場1位を獲得。
2005年8月31日、NANA starring MIKA NAKASHIMAとしてシングル「GLAMOROUS SKY」をリリース。2週連続1位を獲得。“NANA”が社会現象となる。
2005年12月7日、初のベストアルバム『BEST』をリリース。ミリオンヒットを記録。
2006年6月7日、初のチャリティーシングル「ALL HANDS TOGETHER」をリリース。
2006年11月29日、NANA starring MIKA NAKASHIMAとしてシングル「一色」をリリース。
2006年12月13日、NANA starring MIKA NAKASHIMAとしてアルバム『THE END』をリリース。
2007年2月21日、シングル「見えない星」をリリース。
2007年3月14日、アルバム『YES』をリリース。
オフィシャルサイト
【過去の特集】
■シングル「見えない星」インタビュー
  『新曲は、久しぶりのバラードソング!!』(2007/02/21)
■NANA starring MIKA NAKASHIMAアルバム『THE END』インタビュー
  『NANAとして最初で最後のフルアルバムに迫る!』(2006/12/13)
■NANA starring MIKA NAKASHIMAシングル「一色」インタビュー
  『個性を出して歌うことを意識した映画『NANA2』主題歌!』(2006/11/29)
■シングル「MY SUGAR CAT」インタビュー
  『好きな人の前では変わる!?キュートでフェミニンな新曲を語る!』(2006/07/26)
■シングル「ALL HANDS TOGETHER」インタビュー
  『初のチャリティ・シングルとなったソウルフルな新曲とは?』(2006/05/31)
■シングル「CRY NO MORE」インタビュー
  『自分なりの色を感じて聴いてもらえたら嬉しい』(2006/02/22)
■アルバム『BEST』インタビュー
  『これが私の「AMAZING GRACE」です』(2005/12/07)