ORICON STYLE

2007年02月14日
Every Little Thing SPECIAL INTERVIEW
Every Little Thing SPECIAL INTERVIEW
バレンタインデーにリリースのバラードベストについて語る!
PLAY MOVIE
1. コメント映像 PLAY
2. PV「UNSPEAKABLE」 配信終了

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

 バレンタインデーの2月14日、Every Little Thingからバラードベストアルバム『14 message〜every ballad songs 2〜』が届けられた。「キヲク」(2002年)、「ソラアイ」(2004年)、「azure moon」(2006年)といったシングルのほか、アルバムの楽曲やシングルのカップリング曲も収録。“ギフト”(贈り物)をコンセプトにした本作からは、ELTのバラードが持っている深み、温かみ、そして、聴く人をゆったりと包み込む優しさがたっぷりと伝わってくる。

バラードといっても、バリエーションはかなりあるアルバム
――1枚のアルバムとしてのトータリティが感じられる作品ですよね。
【持田】 バラードといっても、いろんなテンポだったりアレンジだったり、バリエーションはかなりありますね。4年くらい前の曲も入ってるし、その時々のことを思い出したりもするし。そういう作品がリリースできるのって、貴重なことですよね。

――バラードに対するスタンスも、変化していますか?
【持田】 ELTのバラードに向き合う距離感は、少しずつ変わってきてると思います。すごく感覚的なことなんですけど、以前よりも(曲に)近づいているような気がします。一つひとつの言葉を大切にしながら歌うってことも、「こういうことかな?」ってなんとなく見えてきたし。

――「キヲク」と「雨の鳴る夜、しずくを君に」(アルバム『Crispy Park』収録)では、ボーカルスタイルがまったくと言っていいほど違いますよね。
【持田】 そうですね(笑)。
【伊藤】 サウンドに関しても、変化はあります。バラードって、ロックナンバーとは違った強さが必要なんですよ。聴き手を包み込む包容力というか。実際、制作にも時間をかけてる曲が多いんです。前のとき(2001年リリースの『Every Ballad Songs』)もそうだったんですが、マスタリングしてて寝ちゃいそうになるんですよ、気持ち良くて。

――歌詞についてはどうですか?
【持田】 自分の気持ちにどんどん近づいているっていう感覚はあります。特にバラードは気持ちを重ねながら聴くものだと思うんです。だから歌詞を書くときも、(聴き手が)入っていきやすいもの、日常的な言葉を選ぶことが多いんです。私自身が「気持ちいい」って思えることも大事だし。

アルバムを“ギフト”っていうふうに受け取ってもらえたら嬉しい
――「しあわせの風景」(2003年のシングル「また あした」のカップリング)もそうですよね。どこにでもある、日常的な風景のなかに幸せを見つけるっていう・・・。
【持田】 その曲はわりとスラスラ、自然に書けましたね。私のなかでは“朝”をイメージしていたんだけど、一朗さんは“夜”を想像しながらアレンジをやってたんですよ。「あ、ごめん、夜だったか」って話した気がする(笑)。
【伊藤】 (笑)。テーマを限定することって、ほとんどないですからね。キャンパスはできるだけ大きくしておきたいっていうか。

――伊藤さん個人として、特に印象に残ってる曲はありますか?
【伊藤】 なかなか客観的には聴けないんですけど・・・あっでも、「帰り道」のレコーディングはよく覚えています。めったにやらないスライドギターを弾いたんですけど、曲を書いて頂いたかたに“いいギターを弾いてくれて、ありがとう”って言われたんですよ。そういうステキなことって、意外と少ないので。

――なるほど。最後に“ギフト”というコンセプトについて教えてもらえますか?
【持田】 いろんな思いのなかで作ってきた楽曲を“バラードベスト”という形で出せるのはすごく嬉しいことだし、“ギフト”っていうふうに受け取ってもらえたらいいなって。あと、たくさんの日々が、すべてギフトであるっていう意味もあるんです。悪いことがあったとしても、ピンチはチャンスっていうふうに受け取ることができれば、次が見えてくると思うし。そういう意識でいられたら、よりいい日々が送れるんじゃないかなって。(文:森朋之)

RELEASE

14 message〜every ballad songs 2〜
【初回完全限定盤】

Every Little Thing
2007/02/14[アルバム]
\4,500(税込)
エイベックス・トラックス
AVCD-23205
CDを購入する

14 message〜every ballad songs 2〜
【通常盤】

Every Little Thing
2007/02/14[アルバム]
\3,059(税込)
エイベックス・トラックス
AVCD-23206
CDを購入する

PRESENT

Every Little Thingのサイン入りポラを抽選で2名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ

PROFILE

持田香織(Vo)、伊藤一朗(G)の2人組。
1996年8月7日、シングル「Feel My Heart」でデビュー。
1997年4月9日、1stアルバム『everlasting』をリリース。自身初の1位を獲得し、売り上げは200万枚を超える大ヒットを記録。以降、『eternity』 『Many Pieces』 『Every Best Single+3』 『commonplace』で1位を獲得。
1997年12月31日、TBS系『第39回輝く!日本レコード大賞』で、優秀作品賞を受賞(受賞曲「Dear My Friend」)。
1998年2月11日、シングル「Time goes by」をリリース。シングルで初のミリオンセールスを記録。
1998年12月31日、TBS系『第40回輝く!日本レコード大賞』で、ベストアルバム賞を受賞(受賞作品は『Time to Destination』)。
2006年6月14日、シングル「ハイファイ メッセージ」をリリース。
2006年8月9日、アルバム『Crispy Park』をリリース。
2006年8月30日、シングル「スイミー」をリリース。
今年で、デビュー10周年を迎える。
2007年2月14日、アルバム『14 message〜every ballad songs 2〜』をリリース。
オフィシャルサイト