ORICON STYLE

2006年11月01日
CHEMISTRY SPECIAL INTERVIEW
ジョン・レジェンドとのコラボレーションから生まれた珠玉のバラードソング!
PLAY MOVIE
1.コメント映像
PLAY
 
 
 動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
明日に向かって歩いている姿が見えてくる曲

――「約束の場所」とはまたガラリと雰囲気の違う曲ですが、CHEMISTRYらしいバラードになりましたね。

【川畑】 ハリウッドのアニメ映画『オープン・シーズン』のテーマソングになるということもあって、映画のストーリーと重なり合う世界観を持った曲にしたいなという思いを、このバラードに結びつけたって感じでしたね。

【堂珍】 あと、久しぶりのシングル「約束の場所」が今までのCHEMISTRYにはなかったタイプの曲だったので、2ヶ月連続でシングルを出せるのならば、第2弾の曲は僕達らしさをわかりやすい形で出せるな、と。

【川畑】 4曲ぐらい候補曲があって、それぞれ仮歌を歌ったんですけど、映画サイドの方が“ぜひこの曲で”と言って下さったのが「遠影」だったんですよ。

――「遠影」って、いいタイトルですね。

【川畑】 僕もすごく好きなんですよ。作詞をしてくれた麻生(哲朗)さん、すごいなぁって思いました。麻生さんとは詞が完成に向かう段階でお話しさせてもらったんですけど、映画のストーリーとリンクしながらも、自分たちの幼い頃の事だったり、それこそ自分の記憶には残っていないけれど、きっとこういう事を両親にしてもらってたんだろうなってことが(歌詞の中に)あったりして・・・。

【堂珍】 子守唄とか影法師っていう言葉がすごくなつかしく感じられたよね。

【川畑】 ノスタルジックな雰囲気を持っているのに、明日に向かって歩いている姿が見えてくる曲だと思います。ボーカル録りは2人で一緒にブースに入って歌ったんですけど、お互いのテンションが重なり合った時の心地良さは気持ち良かったですね。

【堂珍】 顔を見合わせながら、お互いの呼吸や気持ちを感じながら歌いました。

――ジョン・レジェンドのピアノは、とてもステキですね。

【川畑】 彼は大好きなアーティストですけど、そんな大好きな人にピアノを弾いてもらえるなんて思ってもいなかったので、“参加してくれるって!”ってスタッフから話を聞いた時は本当にビックリでしたね。

【堂珍】 この曲をジョンがすごく気に入ってくれて、“ぜひ弾きたい”って言ってくれて・・・。

【川畑】 ピアノを弾く姿を生で見られなかったのはすごく残念だったけど、ピアノの音を聴いてるだけで彼が弾いてる姿はイメージできちゃいましたから(笑)。

【堂珍】 でも、見たかったよねぇ。僕らの曲を弾いてるジョンを。

「クリスマスローズ」は、兄貴みたいな存在の男から送る応援歌

――そうそう、映画の日本語吹き替え版でお2人は吹き替えに挑戦したとか。

【川畑】 鮭の役です。

【堂珍】 僕らは“鮭A”“鮭B”。

【川畑】 ちらっとだけなんで、僕らの声だってわかるのかな(苦笑)。

【堂珍】 鮭が出てきたらチェックですね(笑)。

――カップリングの「クリスマスローズ」はとても優しいポップソングですね。

【堂珍】 僕らが聴いてきた音楽にとても近い場所にある曲だと思います。

【川畑】 恋している女友達を応援している兄貴みたいな存在の男から送る応援歌ですね。

――もしも2人が同じ女友達から恋のアドバイスを求められたら、全く違うアドバイスをしそうですね(笑)。

【川畑】 確かに!

【堂珍】 正反対の事を言いそうだよね(笑)。

――3曲目には「約束の場所」のリミックスが収録されました。

【堂珍】 鼓笛隊のような雰囲気でしょ?自分もリコーダーとか吹きたくなった。

【川畑】 俺もこのリミックスバージョンを聴いていたら、自分で演奏したくなっちゃいました。

【堂珍】 ライブでこのバージョンで2人でリコーダー吹いてたりしてね。あ、でもそれだと歌えないのか(笑)。

(文:松浦靖恵)

RELEASE      
   

遠影 feat.John Legend

CHEMISTRY

2006/11/01[シングル]
DefSTAR RECORDS

【初回限定盤】
¥1,575(税込)
DFCL-1296/7

CDを購入する

【通常盤】

¥1,223(税込)
DFCL-1298

CDを購入する

 
 
ソニー・ピクチャーズ配給アニメ映画『OPEN SEASON』
テーマソング
  PRESENT  
   
 

CHEMISTRYのサイン入りポラを抽選で1名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ

 
 
PROFILE

2000年、川畑要、堂珍嘉邦によりTX系バラエティ番組『ASAYAN』の企画で結成。CHEMISTRYの名は、ふたりのボーカリストが生み出す“音楽的化学反応”に由来している。

2001年3月7日、1stシングル「PIECES OF A DREAM」が16週連続TOP10入り&ミリオンヒットと、早くもその化学反応を示す。

その後も「Point of No Return/君をさがしてた〜The Wedding Song〜」「You Go Your Way」とヒットを連発。

2001年11月7日、1stアルバム『The Way We Are』をリリース。300万枚を売り上げるメガヒット。

2002年は日韓共同開催W杯公式テーマソング「Let’s Get Together Now」を韓国のアーティストとともに歌ったり、収録3曲全てに大型タイアップがついたトリプルA面シングル「It Takes Two/SOLID DREAM/MOVE ON」を発売したりと大活躍。

2003年1月8日、2ndアルバム『Second to None』をリリース。初登場1位&ミリオン突破。この年のアルバム売上1位を記録。

2004年2月18日、3rdアルバム『One×One(ワン・バイ・ワン)』をリリース。

2005年10月5日、Crystal Kayとのコラボレーションシングル「Two As One」をリリースし、大きな話題を呼ぶ。

2005年11月16日、4thアルバム『fo(u)r』をリリース。

2006年10月4日、シングル「約束の場所」をリリース。

2006年11月1日、シングル「遠影 feat.John Legend」をリリース。

オフィシャルサイト