ORICON STYLE

演技合戦にされると(僕が)不利だ![堺雅人]
堺雅人 香川照之 広末涼子

──内田けんじ監督の作品を心待ちにしている映画ファンはとても多いと思いますが、俳優としての内田監督作のおもしろさってどんなところですか?
【堺】 僕は『アフタースクール』に続く2回目の出演になりますが、また声をかけていただいたのは大変嬉しかったですね。あと、『アフタースクール』に出たとき、役者仲間にものすごくうらやましがられた記憶があるんです。映画に詳しい人であればあるほど「内田くんはいいよ、いい!」と言っているので、僕は何もしていないけど鼻高々というか(笑)。
【香川】 そういう監督は何人かいるけれど、内田監督がそのひとりであることは間違いないですよね。
【広末】 私は今回のお話をいただいてから『運命じゃない人』『アフタースクール』を拝見させていただいたのですが、とにかく世界観が独特でおもしろくて!堺さんと香川さんが今回の作品を選んでいらっしゃるということは「絶対におもしろいはずだ!」と、そういう意味でも安心感がありました。

──今回の撮影現場の雰囲気も聞かせてください。
【香川】 僕は、内田監督が(自分が)思っていた監督とは違ったので、毎日が楽しくて仕方なかったんですよね。内田さんて、打ち合せをしているときはものすごく難しい顔をされている方なんですが……。
【堺】 そうそう、眉間にシワを寄せて話すというかね。
【広末】 静かな感じですよね。
【香川】 そういう感じの方だと思っていたら、全然違っていて。撮影現場では一日中笑っているんですよ。演出のときに内田さん自身が演技もやって見せてくださるんですけど、その粒立て感とかギャグや表情のセンスがね、一流であることは想像していましたけど、すごくいいんです。陽と陰でいうと、陽の方に出る方だというのも予想外でした。だから、毎日監督を見ているのが楽しくて仕方なかったんです。なおかつ、3人の抑えた芝居がおもしろくて、やればやるほどこのキャストしかなかったなと。まあ、自分はどうか分からないですけど(笑)。とくに、堺さんが下手な芝居をするシーンは一体どんな芝居をするのか?とか楽しみで。僕の予想を超えるものがたくさんありました。
【堺】 (笑)

──堺さん、これまで役者の役というのは、ありそうでなかった役ですよね?
【堺】 初めてですね。ただ、今回は香川さんが共演だと聞いていたので、演技合戦のような捉え方をされて、そういったキャッチを付けられては(僕が)不利だ!と思っていたので(笑)、どちらかというと、ぼんやりした方へ持っていったというか。それは相手が香川さんだったから(の役作りであった)という気はします。役者という職業は捉えどころのない職業で、制服もない、ライセンスもない、記号がないので……そのときそのとき、監督の指示を受けて桜井を演じていました。

下手な芝居をするお芝居もズルい![広末涼子]
広末涼子・堺雅人 堺雅人・香川照之 堺雅人・香川照之・広末涼子

──現場で監督と作り上げていくという感じですか?あのコメディ感も?
【堺】 僕にはコメディだからこうしようという引き出しはないんですが、(桜井という役に関しては)演技が上手すぎても下手すぎてもダメ。さじ加減が難しかったです。それは監督が警戒していたことでもあったので、監督の指示通りに演じました。

──広末さんの演じた香苗というキャラクターは素直で完璧主義者の女性。結婚をスケジュール通りに運ぼうとする、ちょっとズレた感覚が新鮮でした。
【広末】 ただ、脚本の段階では個性的なキャラクターだとは思わなくて。笑わないなど、そういうものはト書きにはありませんでした。私のなかでは、結婚願望のあるバリバリ働いている女性編集長というイメージだったので、実際に演じた、かたくなで無機質、無器用な感じがスクリーンでどう映し出されるんだろう?と思っていました。でも、現場では内田監督が「どんなに(表情を)押さえても出ていますから、大丈夫です。おふた方(堺さんと香川さん)がとっても濃い芝居をされるので、広末さんはフラットでいてください」と。確かに、出来上がった作品を観て、そうだなと(笑)。

──なるほど。ちなみに、内田監督の言う“堺さんと香川さんの濃い芝居”で印象的だったのは?
【広末】 香川さんの銭湯でのジャンピングもそうですけど(笑)。
【堺】 フライングといってもいいよね(笑)。
【広末】 そうですね(笑)。あと、殺し屋としてのロングカットはなかなかできないなぁ。
【堺】 ワンカットですからね。
【広末】 格好いいですよね。そんな説得力のあるお芝居をしてからのあの(シャツをパンツに入れる)インスタイルはズルいですよ!堺さんの、恥ずかしげもない下手な芝居をする芝居もズルい!ほんとうに見ているだけで楽しい現場で、おふたりのお芝居をずっと観察していたい気分でした。でも、見てしまうと笑ってしまうので、視界には入っているけれど直視しないように意識していましたね。
【堺】 広末さんは性格が優しくてとても気を遣う方なので、人のお芝居に敏感に反応してしまうんですよね。でも、今回の香苗という役としてはその敏感さを出せないわけで。「可愛いからNG」とか「優しそうだからNG」という、普通ならよく分からないNGがありましたから(笑)。

(文:新谷里映/撮り下ろし写真:逢坂 聡)

堺雅人:保田かずみ(メイク)/KAZUMI YASUDA(SHIMA) 登地勝志(スタイリスト)/KATSUSHI TOCHI
香川照之:中嶋竜司(HAPP'S.)(メイク)/RYUJI NAKASHIMA(HAPP'S.) 田代みゆき(スタイリスト)/MIYUKI TASHIRO(STUDIO QUE)
広末涼子:岡野瑞恵(メイク)/TAMAE OKANO(STORM) 平野真智子(スタイリスト)/MACHIKO HIRANO(NOMA)


PROFILE

堺雅人
1973年生まれ。宮崎県出身。
1992年から劇団東京オレンジ(早稲田劇研)にて活動を始め、看板役者として注目を集める。以降、映画、テレビ、舞台などで活躍。2012年は、映画『その夜の侍』(11月17日公開)『大奥(右衛門左・綱吉篇)』(12月22日)、ドラマ『リーガル・ハイ』(フジテレビ系4月クール)『大奥〜永遠〜(有功・家光篇)』(TBS系10月クール)などに出演。 Profile 詳細  OFFICIAL BLOG

香川照之
1965年12月7日生まれ、東京都出身。
数多くの話題作に出演し、日本アカデミー賞を5度受賞するなど、演技力に高い評価を受けている。2012年6月、九代目市川中車を襲名し歌舞伎界入り。2012年、映画『るろうに剣心』(公開中)などに出演。 Profile 詳細  OFFICIAL BLOG

広末涼子
1980年7月18日生まれ。高知県出身。
1994年、デビュー。1997年、映画『20世紀ノスタルジア』で初主演を務める。以降、映画、テレビ、舞台、CMなど第一線で活躍する。2012年、ドラマ『東野圭吾ミステリーズ・第9話『結婚報告』』(フジテレビ系)『尾根のかなたに』(WOWOW)、映画『LOVE まさお君が行く!』などに出演。 Profile 詳細 

映画情報『鍵泥棒のメソッド』 鍵泥棒のメソッド

【ストーリー】 35才でオンボロアパート暮らしの売れない役者・桜井。自殺しようとするも失敗し、とりあえずと(なぜか)向った銭湯で、いかにも羽振りのよさそうな男・コンドウが目の前で転倒。頭を打って記憶喪失に。ついつい出来心で男の荷物を盗みだし、入れ替わったはいいものの、コンドウはなんと、誰もその姿を見たことない伝説の殺し屋だった!コンドウへの危険な依頼を受けざるを得なくなった桜井は大ピンチに。
 一方、自分を「売れない貧乏役者」と思いこんでいるコンドウは、役者として成功するため、真面目に働き演技を勉強し始めていた。演じることのおもしろさにも目覚め、知り合った婚活中の雑誌編集長・香苗から逆プロポーズまで受け、なんだか幸せな日々……が、そんなときにコンドウの記憶が戻ってしまう。殺しの依頼、大金の行方、そして結婚が絡み合い、事態は予測のつかない方向へと転がり始める。

監督・脚本:内田けんじ
出演:堺雅人 香川照之 広末涼子 荒川良々 森口瑶子
2012年9月15日(土)全国ロードショー
(C)2012『鍵泥棒のメソッド』製作委員会 Profile 詳細  OFFICIAL BLOG

▲このページの最初に戻る