ORICON STYLE

ドラマや映画で数多くの役柄を演じてきた女優・深田恭子が、3Dアニメーション映画の声優に挑戦!これまでにも声優の経験はあったものの、主役級の声を担当するのは今回が初。「愛らしくてたまらない!」とメインキャラクター“豆富小僧”の魅力にすっかりハマってしまった彼女にインタビュー!
深田恭子

──深田さんの演じた豆富小僧は、ものすごく可愛いキャラクターでしたが、最初にご覧になった感想は?
【深田】 最初に見た豆富小僧は、リアルな資料の絵(原作『豆腐小僧双六道中ふりだし』著:京極夏彦)だったんです(動画インタビュー参照)。だから、このキャラクターを一体どうやって映像化するんだろう……ってピンとこなかったんですよね。しかも、台本の文字情報だけでは妖怪の世界観も想像つかなくて。でも、仮のキャラクター映像を見て「可愛い!」って思いました。豆富小僧は赤ちゃんではないんだけれど、表情豊かでほんとに可愛い!収録していくうちに虜になっちゃいましたね。

──そんな愛着あるキャラクターを演じるにあたって、どんなところに気をつけたのでしょう?
【深田】 監督からは「幼い感じで、思い切ってやっても大丈夫です」という言葉をもらっていて、常に監督のアドバイスを参考に演じていました。難しかったのは、無音の状態でテンションを上げて豆富小僧を演じなければならなかったこと。アフレコはみんなと一緒のときもあったけれど、基本はひとり。ひとりっきりでテンションを上げることが大変でした。

──結果として、役者としてのステップアップにもつながった?
【深田】 そうですね。声優の仕事は、これまで(役者として)学んできたことがまったく役に立たない……と思うほど違う世界で、女優の仕事とは別モノなんだなと。ただ、家族がこの映画の予告を観たときに、普段の私に近い声だと喜んでくれて。それは嬉しかったですね。現場では、普段の声よりもトーンを上げて、幼い印象にしなくちゃと意識していたんです。でも、普通どおりにしていれば良かったんだって(苦笑)。

深田恭子

── 映画やドラマでは現場を離れても役を引きずる方もいますが、豆富小僧は深田さんにどんな影響を与えました?
【深田】 豆富小僧は素直で無邪気なので、私もそんな感じでいられたというのはあるかもしれないですね。

── たしかに、両手でお豆富を持つ姿がほんとに無邪気で可愛いかったです。ちなみに、深田さんはお豆富好きですか?
【深田】 好きですね。ハンバーグにしたり、湯豆腐にしたり、常に冷蔵庫にあってほしい食材。最近は手作り豆腐を作ってみたいなぁと思っているんです。

── 最後に『豆富小僧』=心温まる作品にちなんで、深田さんが体験した“心温まるエピソード”を聞かせてください!
【深田】 収録があった日に家に帰ったら、お母さんが偶然、豆乳プリンを買って冷蔵庫に入れておいてくれたんです。でも、そのプリンは以前「おいしくないよ」って言っていたプリンで。「このプリンはおいしくないから嫌いって言ったじゃん!」って電話で伝えたらすごく悲しそうだったんですよね……。だから、その後にちゃんと食べました!ちゃんと食べた自分が偉いというか、そんな自分に心温まるなと(笑)。

(文:新谷里映/写真:片山よしお)

深田恭子
1982年生まれ。東京都出身。
1996年、第21回ホリプロ・タレント・スカウトキャラバンでグランプリを受賞しデビュー。2004年、映画『下妻物語』に主演し、数々の映画賞を受賞。高い評価を受ける。近年は、映画『ヤッターマン』(2009年)、映画『恋愛戯曲〜私と恋におちてください。〜』(2010年)、NHKドラマ『セカンドバージン』(2010年)などに出演する。

予告編 OFFICIAL SITE

【ストーリー】
 時は江戸時代。まだ人間と妖怪がともに暮らしていたころの話。その間の抜けた外見と、弱虫な性格からまったく人間を怖がらせることができない豆富小僧は、父親である妖怪総大将の見越し入道から怒られてばかり。他の妖怪たちからも馬鹿にされている。なぐさめてくれるのは目付け役の達磨だけ……。
 ある日、お母さんがいない豆富小僧は、母を探す旅に出る。すると突然目の前にお母さんが現れ、そのお母さんに導かれ、達磨と一緒にお堂のなかに入ったところ、ふたりは閉じ込められてしまう。妖怪の長年の敵、狸の仕業だ……。途方に暮れるふたりがようやく外に出ることに成功すると、目の前に広がっていたのは見たことのない世界。そこは現代の日本だった。

【ボイスキャスト】
深田恭子 武田鉄矢 小池徹平 大泉洋 宮迫博之 平野綾 はるな愛 檀れい 松平健

2011年4月29日(祝・金)3D/2D同時公開
(C)2011「豆富小僧」製作委員会

▲このページの最初に戻る