アジア最大規模の映画祭であり、毎年恒例となっている秋の一大イベント、東京国際映画祭(TIFF)が10月23日〜31日の9日間、東京・六本木で開催される。開催期間中は、アジアをはじめ世界中で活躍する俳優、女優、映画スタッフらが集い、華やかに数々のイベントを盛り上げる。そんなTIFFの今年のみどころは!?初日のグリーンカーペットの模様も紹介する!!

豪華ゲストが華やかに彩る

 1985年にスタートし、今年で23回目を迎える東京国際映画祭。これから公開される邦洋画の注目作や、世界の映画祭で話題になった日本未公開の新作などが上映されることで、毎年映画ファンの熱い視線を集めているが、さまざまな趣向を凝らしたイベントが数多く開催され、とくに映画好きな人でなくてもじゅうぶんに楽しめるのが、この映画祭のよいところ。

 そんなTIFFのなかでも、六本木けやき坂通りで初日に行われるグリーンカーペット・イベントは、ドレスアップした国内外の豪華ゲストが集い、毎年大きな注目を集めている。今まさに旬の俳優、女優の姿を間近に見ることができるけやき坂通りには、イベント開演前から大勢の観衆がつめかけ、ヒルズアリーナにかけての一体が熱気を帯び、週末の六本木を盛り上げる。国際映画祭ならではの華やかさを象徴するイベントであり、いま固定ファンのいるTIFFの風物詩になっている。

TIFFでしか観られない(?)注目作も

 そして、映画祭本来の楽しみである、世界中から厳選された優れた作品の数々は、それぞれ以下の部門で上映される。世界中から厳選されたプレミア作品群よりグランプリを選出する『コンペティション』(15作品)、日本公開前のエンターテインメント作品をプレミア上映する『特別招待作品』(21作品)、現在世界中でもっとも活気があるアジア圏のなかから選ばれた、優れた作品を上映する『アジアの風』(アジア中東パノラマ:17作品)、インディペンデント系を中心に個性のきらめく日本映画の新作を紹介する『日本映画・ある視点』(8作品)、欧米を中心に世界各国の映画祭で話題になった作品を取り上げる『WORLD CINEMA』(11作品)、“自然と人間の共生”をテーマにジャンルを問わず世界中の優れた作品をそろえる『natural TIFF』(10作品)。さらにこのほかにも、特集上映やイベント上映などが行われる。
 今年の目玉になるオープニング作品は、デビッド・フィンチャー監督がSNS・フェイスブックを立ち上げた学生の壮絶な青春を描く『ソーシャル・ネットワーク』、クロージング作品はベン・アフレック監督のサスペンス・アクション『ザ・タウン』。注目の、ハリウッド大作から選ばれた。さらに昨年の『アバター』に続き、『トロン・レガシー』の3D未公開フッテージのプレミア上映も行われる。  これらのほか、ORICON STYLE読者の注目を集めそうなのは、やはりサスペンスストーリーと本格的なアクションが話題になっている岡田准一主演の『SP 野望篇』や、東野圭吾文学の最高峰を堀北真希と高良健吾の主演で映画化する『百夜行』など、特別招待作品として上映される、公開前の邦画の話題作だろう。  そのほかにも、コンペティションでは、本年度アカデミー賞有力候補といわれているエモーショナルなラブストーリー『わたしを離さないで』、新藤兼人監督(98才)が映画人生の最後の作品と語り、戦争被害を庶民の目線から描く『一枚のハガキ』(豊川悦司、大竹しのぶ出演)、大学構内の銃乱射事件を通して想像を絶する悲劇に直面した家族を描く『ビューティフル・ボーイ』。WORLD CINEMAでは、巨匠ロマン・ポランスキー監督会心の政治スリラー『ゴースト・ライター』、natural TIFFでは、宣伝用のカエルのアップ写真にまず驚かされる『そのカエル、最凶につき』など、TIFFでしか観られない(かもしれない)多種多様な注目品が集まり、すばらしい作品との出会いの機会を与えてくれる。  また、TIFF会期中は、俳優や監督、スタッフなど、世界中からの出品作の関係者が東京に集い、あいた時間では街の散策などを楽しんでいる。著名な映画人を街中でばったり見かけるということが起こるのも、映画祭の楽しみのひとつだろう。それぞれの楽しみ方でTIFFを堪能しよう。 第24回東京国際映画祭(2011年)開催! ⇒ チケット発売情報はこちらへ

第23回東京国際映画祭

期間:10月23日(土)〜10月31日(日)
会場:六本木ヒルズ(東京・港区)をメイン会場に、都内の各劇場および施設、ホール

【主な上映作品一覧】
『コンペティション』(15作品)
『特別招待作品』(21作品)
『アジアの風』(アジア中東パノラマ:17作品)
『日本映画・ある視点』(8作品)
『WORLD CINEMA』(11作品)
『natural TIFF』(10作品)

第23回東京国際映画祭

第22回東京国際映画祭 特集
『映画祭を楽しむ!!グリーンカーペットの俳優たちの素顔』

▲このページの最初に戻る