満点大笑い続出!発表!好きなお笑い芸人ランキング☆'09 SUMMER

【若林正恭】10年間やってきてよかったです。1位ということでいい意味でプレッシャーにもなります。次のオードリーに進化するために頑張ります。よろしくお願いします!【春日俊彰】春日を評価して頂きありがたし。これにより春日は春日1人だけのものではない、ということが確信に変わった。春日を感じろ!!

“新スタイル”の笑いで爆笑の渦に!
 今回見事『好きな男性芸人』で1位に輝いたのは、今、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍中のお笑いコンビ【オードリー】。インパクトある身なりと、のっしりとしたテンポで登場しボケ倒す春日俊彰と、そんな相方にたたみかけるようにツッコミを入れる若林正恭との“ズレ漫才”が醍醐味で、「スピーディーな掛け合いが最高。普通のお笑いとは違うような新しいスタイルが良い」(東京都/30代/男性)と、2人を称賛する声が目立った。

 2位は、あの手この手で繰り出すコントや、奇妙なダンスと“変顔”で競う“ズクダンズンブングンゲーム”が人気の【はんにゃ】。「子供がいつもマネをしていて、見ているうちに私もハマった」(和歌山県/30代/女性)と、若者だけでなく、親子2世代でファンという声も多い。3位は、結成27年のベテランお笑いコンビ【ダウンタウン】。抜群のお笑いセンスで、今なお業界の第一線で活躍し続ける2人には「何をやっても最高レベル。別格のおもしろさ」(鳥取県/30代/男性)など“文句なし”といったコメントがズラリ。コント、漫才、司会などあらゆる場面で圧倒的な存在感を放っている。

 4位は、3人の“ローテーション漫才”が人気の【我が家】で、「それぞれ個性があっておもしろいし、軽く言う下ネタも笑っちゃう!」(青森県/20代/女性)と絶妙な掛け合いと、絶妙な下ネタが男女にウケている。続く5位には、大御所【明石家さんま】が登場。あの底抜けた明るさと、切れの良いトークは「やっぱりすごい!この人に勝る人はいない!」(大阪府/40代/男性)と裏切ることがない。

 6位は、2006年M-1王者の【チュートリアル】。よく作り込まれたネタが好評で「2人のギャップと、予想だにしない展開がすごくおもしろい!」(千葉県/20代/男性)。7位は、司会業にも定評がある【タカアンドトシ】で、「ツッコミもボケも一級品」(東京都/20代/男性)と高い評価を誇る。8位の【ナイツ】は、「ヤホー」を始めとした“言い間違い”に「言葉遊びが凄い!」(東京都/30代/男性)との声が多くあがった。

 続く9位には【ナインティナイン】登場。多くの冠番組を持ちながらも「未だ笑いに手を抜いていない」(奈良県/10代/女性)ところが、人気者で居続けている秘訣のよう。そして10位にランクインした【さまぁ〜ず】は、「若手のような勢いだけでなく、絶妙な受け答えがある」(石川県/30代/男性)と安定した人気を誇っている。

好きな女性お笑い芸人 1位柳原可奈子
コミュニティーへ
コミュニティーへ
コミュニティーへ
コミュニティーへ
コミュニティーへ
イモトアヤコ
コミュニティーへ
いとうあさこ
少年少女
コミュニティーへ
ありがとうございました!知らせを聞いた時、チョー嬉しくて飛び上がっちゃいました!これからも頑張りますので、マジ応援して下さ〜い!

“絶妙”な人間模写にハマる人続出!
 『好きな女性芸人』の1位には、“ギャル系ショップ店員”や“イマドキ女子高生”など、時代感をうまく切り抜いた人物模写でお馴染みの【柳原可奈子】が輝いた。観察眼が鋭く「描写とデフォルメのバランスが最高」(大阪府/40代/男性)と彼女のフィルターを通して生み出す笑いにハマっている人が続出。レギュラー出演する『爆笑レッドシアター』(CX系)では、番組ホストの内村光良(ウッチャンナンチャン)から度々「天才」の言葉で賞賛されている。

 2位は、柳原と同様に様々なキャラになり切るネタで爆笑をさらう【友近】。「細部にまでこだわるシュールなまでの人物描写は最高におもしろい」(神奈川県/20代/男性)などの意見が目立ち、多くの人が“笑いの引き出し”の豊富さに圧倒されている様子。3位は、バラエティを始め、女優としても活躍の場を広げているお笑いトリオの【森三中】。個性を発揮した芸風と「たまに捨て身なこともしてくれるので」(東京都/20代/男性)と、カラダを張って笑いを奪取しにいく姿勢も高く評価された。

 4位は【ハリセンボン】。「どんな番組に出ても対応できている」(千葉県/20代/男性)器用さと、「下品過ぎず、意外に女の子らしいところが見え隠れするところ」(岡山県/40代/女性)が人気の秘訣。続く5位は【鳥居みゆき】で、「意味の分からない感じがたまらない」(大阪府/10代/女性)と、クセになる人が続出している。

 6位には、極太に描かれた眉毛が特徴で、今年の『24時間テレビ』(NTV系)チャリティーランナーを務める【イモトアヤコ】が登場。同局系『世界の果てまでイッテQ!』で見せる“珍獣ハンター・イモト”の活躍ぶりに「とにかく一生懸命な性格が伝わってくる」(栃木県/30代/女性)と好感度も高い。7位は、元祖美人お笑いコンビの【オセロ】で、「ピンでもコンビでもおもしろい!」(埼玉県/30代/男性)と幅広い支持を得ている。

 8位に登場したのは、『タッチ』のヒロイン・浅倉南に扮したレオタード姿が特徴の【いとうあさこ】。彼女が披露する“自虐ネタ”の数々は「切なく思えるけどおもしろい」(東京都/30代/女性)との声が。9位は、“OLクイズ”などシュールなネタや「独特な話し方、話の進み方がハマル!」(愛知県/30代/女性)と評判の【少年少女】。10位は【青木さやか】で、「自分の番組も持っているし、才能があると思う」(神奈川県/20代/男性)と、高い評価を得ている。

【調査方法】
2009年6月15日〜18日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の10代、20代、30代、40代の男女、各125名、合計1000名にインターネット調査したもの。