ORICON STYLE

ガチでキレられたことも(笑)

川口春奈&山本裕典

川口春奈&山本裕典

──すでにドラマで共演していることもあって、おふたりとも仲がいいですね。役柄的には、川口さんが山本さんにツッコミを入れるシーンが多いですが、撮影以外では? 【川口】 役柄と同じで私が山本さんをいじっていました。いじるポイントがたくさんあるんですよね(笑)。
【山本】 (笑)ときどき半ギレすることもありましたけどね。
【川口】 ほんとに稀にですけど、ガチでキレられたこともありました(笑)。

──それだけ打ち解けた、いい現場だったということですね。撮影開始からどれくらいで仲良くなれたんですか? 【山本】 (春奈は)最初は猫をかぶっていたというか、人見知りで、目も合わせてくれなかったんですよ。メンズは稽古のときからチームワークがよくて。これまでに共演したことのある俳優さんたちだったので、いいムードではあったんですけど、いつの間にか春奈が輪の中心になっていましたね。

──ホスト部では紅一点ですね。山本さんがいじられキャラだなと気づいたのはどんな瞬間? 【川口】 よくギャグを言うんですけど、たいていすべるんです。演技ではないところでダジャレを言ったり、一発ギャグみたいなのをしたり、それが全然おもしろくなくて(笑)。周りのみんなは温かく見守っていて、すべったときにツッこむという感じでした。

──それって、環のキャラと山本さん自身が似ているということ? 【川口】 環のままですね(笑)。
【山本】 いえ、芝居ですべらないぶんほかで(笑)。僕、実は王子様キャラを演じるのが苦手なんです。環役も最後までこっぱずかしくて葛藤していて……王子様キャラのシーンは恥ずかしくてモニターチェックに行けなかったくらいです(苦笑)。

こんな役、自分には務まらない…

川口春奈&山本裕典

川口春奈&山本裕典

──環役のオファーが来たときはどんな心境だったんですか? 【山本】 絶対にできない!って思いました。王子様キャラもそうですし、これだけしゃべって、これだけバカで……こんな役、自分には務まらないなと。

──そこからあのキャラクターを確立するまでにはどんな苦労があったんでしょう? 【山本】 監督といろいろ話し合いをしました。イメージが付いてしまうのでアニメも漫画も観ないように言われていたんですが、繰り返し漫画を読んで、アニメを観て、動きを研究して……。こいつ(環)の魅力はどこなんだろう?って、自分自身と環のバカなところを照らし合わせる作業もしましたね。そうしたら、意外と自分も環の素質を持っていて(笑)。気づいたら環のキャラが自分の引き出しのひとつになって、誰にも渡したくない役になっていました。今では俺自身なんじゃないかって思っているくらいです(笑)。

──そんな環に惹かれていくハルヒとの恋模様も映画の見どころになっていますが、ボーイッシュな女の子の役柄ではどんな苦労があったのでしょう? 【川口】 よく男の子っぽさを意識したんですか?って聞かれるんですが、まったくそういうことはなく、男の子っぽいのは外見だけ。中身はざっくりしているけれど、映画はとくに女の子の部分が出ていると思います。原作者の葉鳥ビスコ先生からは「ハルヒはみんなから愛されるキャラクターにしたい」と言われて……どう演じようか悩んでいるとき、役柄同様に環(山本)たちが受け止めてくれたんです。そういう温かい環境だったからこそ自然にお芝居ができたんじゃないかなと。監督からも「あんな環境のなかに女の子ひとりというのは大変かもしれないけれど、ひとつだけ言えるのは、きっとみんな受け止めてくれるから信じて飛びこんでいけ」と。ほんとにその通りでした。
【山本】 はい、みんなで受け止めました(笑)。とくに鏡夜(大東駿介)とは、ハルヒがおもしろくなるように、かわいく見えるようによく話し合ったりしましたね。

──そんな頼もしい先輩俳優である山本さんからは、どんなことを学びましたか? 【川口】 いろいろなことを吸収させてもらいました。あんなにハイテンションな状態(演技)を続けられるって、すごいなと(笑)。ハイテンションなのに王子様キャラで真剣な瞳も演じてしまう、ほんとにすごいです。
【山本】 僕は現場に入って監督に「いろいろ(山本の)代表作はあるけれど、この作品が真っ先に浮かぶような作品にしていきたい。制服を着る機会はまだあるかもしれないけれど、最後の学園ものかもしれないから、気合い入れてよろしく!」って言われて、その通りだなって思ったんです。5年後10年後の川口春奈、山本裕典のプロフィールの最初にこの作品が出てくるようになればいいなと。

(文:新谷里映/撮り下ろし写真:鈴木一なり)

⇒ 次のページへ【外見的には中の上が理想の恋人像!?】

PROFILE

川口春奈
1995年2月10日生まれ。長崎県出身。
2007年、『ニコラモデル・オーディション』でグランプリを受賞しモデル活動をスタート。2009年、フジテレビ系ドラマ『東京DOGS』でドラマデビュー。以降、ドラマや映画、CMなどで幅広く活躍する。2012年は、映画『桜蘭高校ホスト部』『POV〜呪われたフィルム〜』(公開中)などに出演。

PROFILE 詳細  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

山本裕典
1988年1月19日生まれ。愛知県出身。
2005年、『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』で準グランプリ&フォトジェニック賞を受賞し、芸能活動をスタート。舞台、ドラマ、映画などの話題作に相次いで出演し、若手俳優の筆頭として活躍中。2012年は、映画『桜蘭高校ホスト部』『貞子3D』(5月12日公開)、舞台『パレード』などに出演。8月にはシェイクスピア舞台『トロイラスとクレシダ』(演出:蜷川幸雄)の主演が決定している。

PROFILE 詳細  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

桜蘭高校ホスト部

桜蘭高校ホスト部
逆転裁判 場面写真
ストーリー:

 桜蘭学院高校−そこは日本有数のセレブ子女が通っている名門校。この学院にあるホスト部とは、学内屈指の美男子6人が、それぞれのキャラクターを活かしたおもてなしで、同校の女子たちを癒す部活動。そんなホスト部に迷い込んでしまったのが、特待生の庶民女子ハルヒ。ある事件をきっかけに不本意ながら男子と偽ってホスト部員としてデビューするハメになったハルヒだが、いつのまにか部員たちの心を掴み<家族>のような絆で結ばれていく。ところが最近、ハルヒは部長の環のことを思うと胸に痛みを覚えるようになる。風邪?それとも、これが恋?

 そんなとき、年に一度の桜蘭祭の季節がやって来た。桜蘭祭の宿敵アメフト部がホスト部に挑戦状をたたきつけて来たある日、短期留学生としてシンガポールから究極のセレブお嬢様ミシェルが学園にやってくる。環はミシェルを見るなり、なぜか釘付け!?

 実はミシェルには、この学院にやってきた誰にも言えない秘密があり、環に近づいたのもある目的があったから。果たしてその目的とは?そして、環、ハルヒ、ミシェルの三角関係の行方は?ミシェルの出現で崩れかけたホスト部の絆はどうなる?

監督:韓哲
出演:川口春奈 山本裕典 竜星涼 中村昌也 千葉雄大

2012年3月17日(土)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー
(C)2012 BH・H/OHHC

予告編  OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る