ORICON STYLE

宮崎香蓮 Special Interview “平成の小百合”としての躍進

吉永さんのアドバイスで進学を決心したんです

『宮崎香蓮』

『宮崎香蓮』

――朋子ちゃんはどちらかというと引っ込み思案ですけど、宮崎さんは如何ですか? 【宮崎】 私は全くの逆で、小さい頃から人前に立つのが大好きな子でした。習い事も沢山していたんですけど、年に1回の発表会が待ち遠しいって感じの子供でしたね(笑)。

――まさに女優が天職じゃないですか! 【宮崎】 いや〜。でも、お母さんにはよく出しゃばりって怒られるんです(笑)。小学校1年生の頃に授業参観があって、先生にあてられる為に椅子に立って手を上げていましたから(笑)。

――芸能界にはずっと憧れていたんですか? 【宮崎】 芸能界にはっきりと興味を持ったのが小学校6年生のときでしたね。最初はモデルさんに憧れて、その当時読んでいたファッション誌に応募したんですけど、切手が足りなくて戻ってきちゃいまして(笑)。

――ドジっ子ですね〜。 【宮崎】 そうなんです(笑)。そうしたら、お母さんが『国民的美少女コンテスト』のことを教えてくれて応募したんです。

――それが今から6年前の中学校1年生のときですね。その後、映画『まぼろしの邪馬台国』に出演しましたが、高校3年間は学業に専念したんですよね? きっかけは『まぼろしの〜』で共演した吉永小百合さんからのアドバイスだったとか? 【宮崎】 はい! 「勉強しておいて損はしないから」という言葉を頂いたんです。吉永さん自身、10代の頃からずっと大スターで、寝る間もないくらい忙しかったのに、勉強して大学に進学したという話を聞いて、本当に凄いなって思ったんです。そこから私も大学には進学しようと決心しました。

――10代で吉永さんのような名女優と共演できた事は貴重ですよね。 【宮崎】 本当に吉永小百合さんという大女優の方と一緒の空間にいる事が出来て、凄く貴重で私の財産になりました!

――今でも吉永さんや竹中直人さんとは連絡を取り合っているようですね。 【宮崎】 はい! 因みに竹中さんとはメル友です(笑)。

――どんなやり取りをするんですか? 【宮崎】 画像を送ってくれます。変顔とか(笑)。あと、今度一緒にゴハン行きましょうね! って言ってくれます。

――吉永さんからの忘れられない一言は? 【宮崎】 一緒に舞台挨拶をやらせて頂いた際に、MCの方とのやり取りで吉永さんが「私は一生学ぶ側でいたい」と仰られたんです。あんな大女優さんなのに、学ぶ姿勢がずっと変わらないことに感動しました。私もいつまでもハングリーな気持ちのまま学ぶ姿勢を怠らないようにしなくちゃって。

――ゆくゆくは、吉永さんのような大女優さんになれるといいですね! 【宮崎】 うーん、なれますかね〜。結構、ちゃらんぽらんな性格なんでよく怒られます(笑)。

――(笑)。現在は学業と女優業を並行するために東京で生活しているんですよね? 【宮崎】 はい! 兄と二人暮らしなんですけど、お母さんは毎日電話してきます。「今日はどんな仕事だったの?」とかなら分かるんですけど、「今日は何着たの?」とか聞いてきて。「そこ聞く〜?」って(笑)。でも東京に来て、改めて家族のありがたみを感じますね。

――料理とかは自分で作ったりするんですか? 【宮崎】 はい。先日、チキンのクリームソース煮を作りました! でも見事に失敗しました(笑)。兄は無言で食べてくれましたけど…。

――優しいお兄さんですね(笑)。最近は忙しいですけど、ストレス発散法はあります? 【宮崎】 料理とカラオケですね! 部屋とかお風呂とかで何時も歌っています。

――元々、合唱部だったしドラマでも歌を披露していましたし、歌手デビューも考えているのでは? 【宮崎】 いや〜まだ無理です! 合唱部とポップスの歌い方は違うので…。でもミュージカルは是非挑戦したいです。

――良いですね! ピッタリだと思いますよ。 【宮崎】 あと、最近は洋画とかを観てカッコイイ自立した女性の役とかも演じてみたいと思うようになりました。刑事役とかキャビンアテンダント役とか……1人で生きてます!っていう役に挑戦したいです!

PROFILE

宮崎香蓮
1993年11月20日生まれ。
2006年『第11回全日本国民的美少女コンテスト』演技部門賞を受賞し芸能界デビュー。08年にドラマ『バッテリー』(NHK総合)出演、同年には映画『まぼろしの邪馬台国』で主演・吉永小百合演じる和子の幼少時代を好演。現在はドラマ『GTO』(フジテレビ系)でアイドルに憧れる野村朋子役で出演中。

OFFICIAL BLOG

『GTO』

『第8話あらすじ』神崎麗美(本田翼)の出生の秘密が明かされ、学苑内は騒然。麗美は、暴露した相沢雅(川口春奈)に「この国からあんたの居場所をなくしてやる」と言い放ち、姿を消す。麗美の身を案じた英吉(AKIRA)は、麗美の自宅へ。だが、麗美の母親・伸子(宮田早苗)は、娘より仕事の心配をしており、愛情が感じられない。麗美の孤独感を知った英吉は!?

AKIRA(EXILE)、瀧本美織、山本裕典、城田優、黒木瞳

OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る