人気アナのホンネに迫る! アナ☆スタイル  Vol.8 古谷有美アナ&吉田明世アナ Special Interview
TBS期待の新人女子アナが初登場!
バンジージャンプでも何でもします!!
古谷有美
【古谷有美】
吉田明世
【吉田明世】

――初めてカメラの前に立った感想は?
【古谷有美(ふるやゆうみ)】 緊張しました! カメラの前で話すのが初めてだったので、先輩からも『教わった腹式呼吸などを忘れるんじゃないぞ』と言われたのですが、正直一杯一杯で…。
【吉田明世(よしだあきよ)】 でも、凄く楽しかったし、いい経験になりました! つい先日まで画面の前に座って観る側だったのに不思議な気持ちですね。

――家族や友人も喜ぶのでは?
【吉田】 はい! 家族みんな大騒ぎです。ただ、緊張で目が泳いでいたので、ちょっぴり恥ずかしいです。
【古谷】 私は実家が北海道なんです。普段なかなか元気な姿を見せることが出来ないので良い親孝行になったかなと思います(笑)。

――そもそも、お2人がアナウンサーを志したきっかけは?
【吉田】 大学2年の時に将来のことを考えて、興味本位でTBSのアナウンススクールに通ってみたんです。でも、想像していたより原稿を読むということが難しくて、伝えるということは大変だなと実感しました。もしこれを仕事に出来たら毎日が充実出来るし自分も成長できるなと思い、アナウンサーを志しました。
【古谷】 私は大学で英語を専攻していたのですが、英語を学べば学ぶほど逆に日本語が大好きになったんです。そこから日本語で話すということに携わるお仕事がしたいと思い、アナウンサーを目指しました。

――アナウンサーといえば、キャラクターも大事。自身の長所はどこだと思います?
【古谷】 良くも悪くも、とても楽天的な性格なので、くよくよしないところでしょうか。例えば、仕事上で失敗しても、きっとすぐに立ち直れると思います。もしかしたら、もっと反省したほうがいい時もあると思うのですが(笑)。

――あまり引きずらないタイプ?
【古谷】 はい。寝ると忘れるタイプです!
【吉田】 私は逆に心配性で、周りの人からも『なんでいつも不安そうなの?』って心配されるくらいで。でも、1日悩んだら次の日はすっかり忘れてます。いきなり楽観的になるというか(笑)。
【古谷】 「どうしよう、どうしよう」って言いながらも、結局最後は「なんとかなるか!」って感じだよね?
【吉田】 そうだね(笑)。

――今後、さまざまな番組に出演すると思いますが、当面の目標は?
【吉田】 今はまだ入社したばかりなので、いろいろなことに挑戦したいです。ラジオ番組にも携ることができれば嬉しいですね。そしていつかはきちんとニュースを読みたいなと思っています。
【古谷】 私は、今まで世界各地を旅してきたので、その経験を活かしつつ、リポーターとして日本の素晴らしさをお伝えしたいと思います。

――現在、研修中のお2人ですが、先輩アナからの忘れられない一言ってありますか?
【古谷】 私は、『10年後の自分を今から考えろ』と言われたことです。最初聞いたときは、まだ入社したばかりだし、10年後なんて考えられないとも思ったんですけど、10年後に何をしていたいのかを今から考えておけば、おのずと今何をすべきなのかが見えてくると思いました。

――因みにどのような青写真を描きました?
【古谷】 吉田と一緒にTBSを代表するアナウンサーになろうと描きました! この人が出ているからTBSを観ようと言ってくれるアナウンサーになれればいいですね。
【吉田】 私は研修中に悩んでいたとき、先輩から『何でTBSに受かったと思う?』と聞かれたことがあるんです。そのとき先輩が『アナタは出来ない事に対して一生懸命になって頑張ろうとする姿勢があるからよ』と言って頂いて…。こんな私を拾ってくれたTBSのために更に頑張らねばと思いました。

――拾ってくれた(笑)。恩返しをしたいということですね。
【吉田】 はい! 精一杯恩返しをしたいと思います。今後も何かで悩んだときも、その言葉を思い出し、常に頑張る姿勢を忘れないでいたいです。

――因みに、現在のTBSの番組でいつかは出演したと思う番組は?
【古谷】 中学生の頃からずっと『NEWS23』が大好きで、私の父親も筑紫哲也さんの大ファンでした。父が観てくれると思うと、いつかあのスタジオに立ちたいなと思います。そのためにやらなければいけないことがたくさんあるんですけど、もし出演することが出来れば最高の親孝行になると思います。
【吉田】 私は『王様のブランチ』のような情報番組に出たいと思っているのですが、今は何がやりたいというよりも、何をやらせてもらえるかという立場なので。やらせてもらえるのでなれば、何でもやってみたいです!

――過酷なロケでも!?
【吉田】 はい!過酷であればあるほど(笑)。バンジージャンプでも何でもします!!

次のページへ 【いつか2人で番組を持ちたい!】


BACK NUMBER

Vol.20 松尾由美子、島本真衣、久冨慶子
 『仲良し“やじテレ3姉妹”がぶっちゃけトーク!?』(2013年08月16日)

Vol.19 本仮屋リイナ
 『“女優業”発言の真相を激白!』(2013年08月09日)

Vol.18 神谷文乃
 『岡山発 “地域密着型”女子アナ登場!!』(2013年04月17日)

Vol.17 繁田美貴
 『仕事が嫌だと思ったことは一度もありません』(2012年09月26日)

Vol.16 須黒清華
 『自分からも発信できるアナウンサーに』-(2012年09月19日)

Vol.15 松丸友紀×松本秀樹
 『映画化されるなんて、つくづくまさお君はすごい』(2012年06月20日)

Vol.14 秋元玲奈
 『アナウンサーになって性格が変わった新たな自分とたくさん出会っています』(2012年06月06日)

Vol.13 植田萌子&紺野あさ美
 『2年目のもえ×こん 苦楽をともにして深まる絆』(2012年05月23日)

Vol.12 竹内由恵
 『“Mステ”と共に歩んだ4年間』(2012年05月16日)

Vol.11 松丸友紀
 『一人っ子なので、弟妹のような感覚で愛犬と接しています』(2012年05月09日)

Vol.10 田中みな実
 『田中みな実のブリッ子は“素”か“キャラ”か!?』(2011年10月20日)

Vol.9 細貝沙羅&山崎夕貴
 『フジ人気女子アナ 魅惑のウェアで初体験!?』(2011年09月21日)

Vol.8 古谷有美&吉田明世
 『古谷有美アナ&吉田明世アナ TBS期待の新人女子アナが初登場!』(2011年07月06日)

特別編 Early Morning
 『Early Morning 新生アリモニ、働く女性の気持ちを歌う!』(2011年06月29日)

Vol.7 宇賀なつみ
 『宇賀なつみ 人気お天気アナ、来世は男性で決定!?』(2011年02月24日)

Vol.6 細貝沙羅
 『細貝沙羅 生真面目だけど、実はかなりの天然です!?』(2010年12月08日)

Vol.5 加藤真輝子
 『加藤真輝子 テレ朝次期エースアナは外見とは裏腹に“酒豪”です!』(2010年11月24日)

Vol.4 加藤綾子
 『加藤綾子 カトパン、アヤパン退社に思わず号泣!』(2010年11月17日)

Vol.3 枡田絵理奈
 『枡田絵理奈 スポーツ中継にかける熱い思い』(2010年11月02日)

Vol.2 大木優紀
 『大木優紀 『やじマル』メインMCに抜擢! “大木ちゃん”から“大木アナ”へ』(2010年10月27日)

Vol.1 生野陽子
 『偉大な先輩アナから受け継いだ“女子アナ魂”と“生野らしさ”』(2010年09月29日)

▲このページの最初に戻る