アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 夢眠ねむが決断した“誰も傷つけない卒業”とは? 古川未鈴×藤咲彩音がグループへの思い語る

夢眠ねむが決断した“誰も傷つけない卒業”とは? 古川未鈴×藤咲彩音がグループへの思い語る

2019年1月1日にアルバム『ワレワレハデンパグミインクダ』をリリースする、でんぱ組.inc

2019年1月1日にアルバム『ワレワレハデンパグミインクダ』をリリースする、でんぱ組.inc

 アイドル・グループのでんぱ組.incは、2017年末に新メンバーの鹿目凛と根本凪が加入し、7人体制で活動を続けてきたが、2018年10月に夢眠ねむが卒業を発表。現体制としては最初で最後のアルバム『ワレワレハデンパグミインクダ』がリリースされる。宇宙っぽいムードが全体を貫く中、定番曲から斬新な試みの曲、究極のお祝いソングまで強力ナンバーが並び、彼女たちのさらなる進化形を示した傑作だ。メンバーの古川未鈴と藤咲彩音に、同アルバムや年明けの武道館公演などについて話を聞いた。

「みりん節は抑えめで」素を出して挑んだ新アルバムへの気概

──アルバムが完成して、今の気持ちはどうですか。
【古川未鈴】2018年はずっと宇宙をテーマに活動してきたので、アルバムはその集大成感が出ていて、今でしか作れないアルバムって思っています。
【藤咲彩音】この1年を凝縮していますよね。これから先もがんばっていかなきゃな、って気持ちにさせてもらえるアルバムだと思います。
【古川未鈴】今回はど定番の曲もあれば、H ZETT Mさんの登場ででんぱサウンドにまた深みが出たというのもあるし、Shiggy Jr.の原田茂幸さんに初めて書いていただいた「世界が私の味方ならば…」もあって。この曲の歌詞って、ヲタクで自分のスペースは守りたいんだけど前へ進みたい、みたいな、すごくでんぱっぽいんですよ。ピンキー(藤咲)もこの曲すごく好きって言ってて。
【藤咲彩音】ちょっと恥ずかしくならない? リアルすぎて、見破られてる感がすごいんですよね。

──でんぱ組.incではあまりなかった、J-POP的なメロディーの曲ですよね。
【藤咲彩音】今まではキャラクター感重視で歌っているところがあったんですけど、この曲の時だけ完全に素でしたね。リアルな感じを出せたらいいなって思って歌っていました。
【古川未鈴】私は今回、一番時間かかったのがこの曲でした。ピンキーが言っていた、キャラ感じゃないというのが実は難しくて。でんぱ組.incってやっぱり歌に個性を求めてきたから、いきなり“素でいいんだよ”って言われてもわかんないんですよ。“もっとみりん節(語尾を上げる独特の唱法)抑えめで”って言われながら、めちゃくちゃ苦戦しました。

──今回は全体的に“みりん節”が少ないんですね。
【古川未鈴】実は最近、みりん節っていうよりは、力強くストレートに歌ってくれ、っていう要望が増えてきていて。“ここだ!”みたいな感じで思いっきり発揮できた感があったので、だからいつものかわいい歌い方はちょっと少ないのかもしれないですね。「太陽系観察中生命体」もそうだし。“命を生きるの”っていう大事なところをもらっていたので、精一杯歌わせていただきました。

「『絢爛マイユース』は私たちに寄り添ってくれる曲」(藤咲)

  • 藤咲彩音

    藤咲彩音

──「太陽系」はヒャダイン(前山田健一)さんの歌詞が、宇宙人から見た地球人っていう設定でおもしろいですね。
【古川未鈴】ヒャダインさんって、歌でしか言わせてもらえない強気な言葉が、けっこう入っているんですよね。「破! to the Future」の、私達先に行くんで後はよろしく、みたいな。「太陽系」もその成分があって、“馬鹿みたいだし面倒だわ、要らない!じゃあねー”とか。
【藤咲彩音】ヒャダインさんっぽいよねー。
【古川未鈴】ヒャダインさんに聞いたんですけど、“この1年で出したものをいろいろ汲んでいる曲だ”って言ってて。“なにそれはぁ?”は「ギラメタスでんぱスターズ」だし、“タイムマシンをどうぞ”は「おやすみポラリスさよならパラレルワールド」とか。実はめっちゃ入っているらしいです。
【藤咲彩音】私は玉屋2060%さんがすごく好きなので、「絢爛マイユース」が超絶好きですね。これこそ玉屋節じゃないですか。今まで玉屋さんにはいろんな曲を作っていただいたんですけど、やっぱり私たちに寄り添ってくれているところがあって、それがうれしかったです。この曲は今自分の中ですごくフィットするんですよね。

──「絢爛マイユース」は最後の“今まで過ごした全部が私の宝物”などが、夢眠ねむさんを送る曲のように思えてしまうんですよね。
【古川未鈴】私はお祝いソングだと思っていて。今はねむさん卒業の曲に聴こえるけど、普通の時だとおめでとうハッピーみたいな、すごく笑顔のなにかがある曲だと思っています。

「ねむさんが決断したのはすごいこと。誰も不幸にしない卒業をしようとしている」(古川)

  • 古川未鈴

    古川未鈴

──ちなみに、新体制になって約1年経ちましたけど、根本さん(ねもちゃん)と鹿目さん(ぺろりん)については今どう見ていますか。
【古川未鈴】1年間活動して、端から見るとちょっと余裕が出てきたのかなって思いますね。ねもちゃんは意外と楽屋でうるさいし。ねもちゃんとピンキーは仲いいんですよ。
【藤咲彩音】なんか暇な時に(低い声で)“暇になりましたー”とか言ってて(笑)。
【古川未鈴】もっとおとなしい子かと思っていたら、“ピンさんピンさん”ってくっついてきたりして。ぺろりんはほんとに天然ですね。ぺろりんがめちゃくちゃ強いのはバラエティ番組に出る時で、でんぱができなかった、ガンガン前に出てぶりっ子して、いじられて帰ってくるみたいなことをやるんですよ。でんぱの戦力がまた一個増えたぞ、って感じです。
【藤咲彩音】私の中では、でんぱの質を保たなければいけない、というテーマがあって。でんぱの暗黙のルールとかクセとかパフォーマンスとか、それをどうにか教えなきゃいけないので、特にダンスは一番教えていましたね。

──ねむさん卒業については、今どう思っていますか。
【古川未鈴】私は、でんぱをやめるって決断に至ったことはめちゃくちゃすごいことだと思ってて、マジで並大抵のことじゃできないんですよ。それを決断して、なおかつ、ちゃんと段取りを全部やって、誰も不幸にさせない卒業をやろうとしたんですよね。そこが素晴らしくて。
【藤咲彩音】ねむさんは、一番私に言葉をくれて、一番人間っぽくて、いい意味で見出してくれていた、そんな存在だったと思うんですよね。正直、卒業しますって言われた時に、あんまり実感がなくて“わかった”しか言えなかったんですけど。自分の中であまり受け入れられなかったんでしょうね。それで、(卒業の発表があった)沖縄で“ああ本当だったんだ、最終回ってあったんだ”っていう気持ちで見ていました。だから卒業って不思議ですよね。

武道館ライブを経て新体制へ「ねむさんが教えてくれたことをメンバーで補えたら、めちゃくちゃ強くなる」

1月6日〜7日には、ライブ「でんぱ組.inc コスモツアー 2019 in 日本武道館公演」に挑む

1月6日〜7日には、ライブ「でんぱ組.inc コスモツアー 2019 in 日本武道館公演」に挑む

──1月6日〜7日の武道館公演は、どういうライヴにしたいと思いますか。2日間それぞれで内容が違うようですけど。
【古川未鈴】かなり違います。だから申し訳ないけどどっちも来てくれ、っていう気持ちです。武道館って魔法があると思うんですよ。それプラスねむさんの卒業が絡んできて、どっかでグズグズ泣き始めないか心配なんですけど。でも、ステージはステージとしてちゃんとこなしてお届けしたいです。
【藤咲彩音】武道館はめっちゃ緊張するので、私はいつも振り付けを間違えちゃうんです。でも今回は2デイズだし、楽しむっていう気持ちを作りたいです。

──ねむさんが卒業した後のでんぱ組.incは、どうなっていくのか、またどうしていきたいと思いますか。
【古川未鈴】ねむさんが抜けたでんぱ組.incって、正直誰もが想像しきれていない、ってくらいの存在だったので、不安は正直あって。でもこの先のでんぱ組.incも楽しみだし見逃せない、って思ってもらえるようなでんぱを作っていくのが超最優先だなと思っています。
【藤咲彩音】私も不安なんですけど、でもねむさんが教えてくれたことを残ったメンバーで補えたら、めちゃくちゃ強くなるのかな、と思っています。だからこれからもがんばります!

取材・文/小山守

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!