• ホーム
  • 音楽
  • 【桐谷健太インタビュー】「海の声」ヒットからアルバム発売へ「自分の中の哲学にもつながった」

【桐谷健太インタビュー】「海の声」ヒットからアルバム発売へ「自分の中の哲学にもつながった」

「三線の先生からは“弟子にしたい”とまで言ってもらえました」

――「海の声」のレコーディングでは、三線をご自分で弾きたいと言ったそうですが。
桐谷健太 やっぱり、自分で弾かないと説得力がないなと思って。レコーディングのときは、プロの先生にも来ていただいていたんですけど、その先生からは「弟子にしたい」とまで言ってもらえました。

――今年を代表する歌になりました。
桐谷健太 いろんな奇跡が重なったんです。歌詞は、CMプランナーの人が書いたものだし、まさかこんなに話題になるとは誰も思っていなかった。曲をもらったのも、CM用のレコーディングの3日前。先に歌を録って、そのあとで三線もレコーディングしたんですけど、ずっと触ってなかったから、工工四(くんくんしー)っていう楽譜と睨めっこしながら、必死で弾いたんです(苦笑)。最初にこの曲を聴いたときに、「誰かを、何かを、想う歌だ」と直感したんですね。家族でも恋人でも自然でもいい。何か大切なものを思って歌えばいいやん、って想いだけで歌いました。で、CMが流れて、あれよあれよという間にYouTubeの再生回数がすごいぞ、と……。三線も歌も、好きでやってたことがCMになって、大勢の人に受け入れられて。役者人生でも、浦島太郎の役をやるなんてまさか思っていなかった(笑)。目の前のことを愛して全力でやっていれば、面白い、予想外のことにつながっていくねんな、って思たんです。浜辺で歌うののも、浦ちゃんやから成立することやし。全部、狙わなかったのがええねんなって思う。狙ってうまくいっても予想通りで感動はないし、うまくいかなかったら落ち込むでしょ?

――さっきの哲学が(笑)。
桐谷健太 好きなことを、楽しみながら、一生懸命やる。そこで連れて来てくれるものがあれば「ありがとう」やし。それがシンプルで、俺らしくてええな、と。

「音楽が好きで、全力で音を楽しんでる限り、引け目なんて全っ然感じない」

――アルバムを作るにあたって、『香音-KANON-』では作詞を手がけています。
桐谷健太 初めてアルバムを出させてもらうのに、詞も曲も全部人に任せて「歌います」だけやったら、説得力がないなと思ったんです。それじゃあ役者の延長線だな、と。アーティストの醍醐味って、0を1にすることだと思う。今回は詞を書かせてもらって、曲も高校の同級生と一緒に切磋琢磨しながら作れた。そこが、大切な、自分の中での納得感になりました。

――歌詞はどうやって書いたんですか?
桐谷健太 曲先やったんですけど、最初、その高校の同級生にすごく感覚的なオーダーを出しました。「木漏れ日のな、葉っぱが揺れて光が入ってくる、夕暮れの帰り道のあの感じ」みたいな(笑)。でも、出来たものを聴いて「ちゃうねん」とか言ったりもした。「このアーティストのこんな曲、みたいなイメージは?」って聞かれたりもしたけど、俺はそれと似たのが出てきても、いいと思うかわからない。「香音」は直感的にいいと思ったから、「これに歌詞をのっけてく!」って決めて。世界観を崩さへんような詞が生まれるまで待ちました。きっと生まれてくれる、って自信はありました。

――ところで、先日は、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の特別編で、木村拓哉さんとキャンプに行ったり、バラエティでの活躍も目立ちます。俳優の方は、バラエティが苦手な方も多いですが。桐谷さんは違いますね。
桐谷健太 バラエティは、すごくお声がかかります(笑)。

――弟にも兄貴にもなれるようなところがあって、誰とでも馴染むところも個性の一つなんでしょうか。
桐谷健太 どうなんでしょうね、でもたとえば、中学校って、不良グループ、面白いヤツらの集まり、オタクなメンバーのグループとかに分かれるじゃないですか。普通はグループ同士は全然行き来がないけど、俺は全部のグループに行き来してました(笑)。「◯◯に所属してるからこうあるべき」みたいな決めつけを、もともと持ってないんですよ。最近、取材で「役者が本業ということで、音楽番組に出ることに引け目を感じたりはしませんか?」と聞かれることがあるんですけど、そういう発想は全然ないですね。音楽が好きで、全力で音を楽しんでる限り、引け目なんて感じない。「好きじゃないのに歌わされてるんです」とかなら失礼だと思うけど(笑)。音楽は楽しんでいる以上、誰だってアーティストです!
(写真/宮坂浩見 文/菊地陽子)

【プロフィール】
キリタニ ケンタ。1980年2月4日生まれ、大阪府出身。ドラマ『ROOKIES』、『JIN-仁-』(ともにTBS系)、映画『クローズZERO』、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』など出演作多数。auの人気CM『三太郎シリーズ』で披露した「海の声」が話題となり、多くの配信サイトで1位を獲得。9月28日にアルバム『香音-KANON-』を発売。10月17日スタートのドラマ『カインとアベル』(フジテレビ系)に出演する。
◆オフィシャルHP(外部サイト)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!