メイド服×バンド=ハードロック!? ガールズバンド新星・BAND-MAID、海外での“お給仕”も話題

初のメンバー作オリジナル曲 新たなBAND-MAIDの一面見せる

――速弾きギターソロもありますね。
KANAMI はい。速弾き、タッピング、スウィープなどの奏法がどんどん楽しくなっていて、今回のアルバムでもかなり取り入れていますね。ギターソロに関しては、メロディ重視で考えるタイプなんですよ。勢いで弾いたのは「YURAGU」のソロくらいで、あとはメロディを意識しながらフレーズを作っていきました。そのほうが聴きやすいと思うんですよね。

――リードトラックの「alone」はメンバーの皆さんによるオリジナル曲ですね。
MIKU この3年間ずっと曲は作ってたんですけど、今回ようやく収録できることになりました!
SAIKI この曲の制作もバンドのレベルアップにつながったよね。
KANAMI うん。パソコンでメロディを作ったんですけど、MIKUには「(キーが)めっちゃ高い」って言われて、SAIKIには「(キーが)めっちゃ低い」って言われました(笑)。
MIKU 1オクターブ違うメロディをふたりで歌ってるんですけど、ギリギリの音域に挑戦する感じだったんですよね、ボーカルもコーラスも。
KANAMI その音域だからこそ、ふたりのボーカルの良さが出るかなって思ったんです。
――歌詞はMIKUさん、SAIKIさんの共作ということですが、どんなことをイメージしたのでしょうか。
MIKU いままでのBAND-MAIDは強い女性像を描いてきたんですけど、それも残しつつ、哀愁や切なさもフィーチャーしたかったんですよね。強さだけではなく、弱さも垣間見えるイメージだと思います。
KANAMI そこはいままでになったテイストだよね。
MIKU そうだね。特に「alone」は自分のなかの悩みを強く出しているんですけど、きっと誰にでも経験がある気持ちだと思うんですよね。「YURAGU」の歌詞もKANAMIと共作、「FREEDOM」は私がひとりで書かせてもらったんですけど、他の曲に関しても(作詞家と)「ここはこういうフレーズにしたい」という話をさせもらいました。いろんな表情を感じてもらえると思いますね。

目指すは“世界征服” もっとたくさんの国に行きたい

――よりリアルな感情が描かれているわけですね。衣装へのこだわりも教えていただけますか?
MIKU この衣装はそれぞれのキャラに合わせてるんですよ。たとえばKANAMIは、お嬢様風の衣装なんですが、中身もホントにフワフワしてるんです。休日は代官山で読書でしょ?
KANAMI それが趣味です(笑)。
SAIKI あふれ出す“良い育ち”感(笑)。
MIKU SAIKIは御覧の通り、女王様ですね。網タイツを履いてたり、妖艶なイメージもあるし。最初はエプロンを着ける予定だったんですけど、ポイッ!ってされました(笑)。
MIKU AKANEちゃんは元気でパワフルな感じです。ボーイッシュな雰囲気。
AKANE だから帽子も着けてるんですよ。
SAIKI で、MISAちゃんはもはやメイドじゃなくなってる(笑)。
MIKU 殺し屋かマフィアだね(笑)。ふだんも喋らないし、ステージドリンクもお酒だし。
MISA ウイスキーを飲んでます。
SAIKI MIKUは……ぶっ飛んでますね。自分で“小鳩”って呼んでるくらいだから(笑)。

――5月の後半にはロンドンで行われるモダンポップカルチャーイベント『MCM COMIC CON』に出演、さらに10月にはメキシコでの公演も行われるなど、活動の規模はさらに広がりそうですね。
MIKU そうですね! YouTubeで公開している動画を見てくれているのも、アメリカが1番多くて、2番が日本、3番がメキシコなんです。最初は「え、メキシコ!?」って思いましたけど(笑)。
KANAMI もっともっといろんな国に行きたいですね。
MIKU そうだね。世界中どこでも「BAND-MAID? 知ってるよ」というふうにしていきたいなって思っています。
SAIKI それが“世界征服”ですね。もっといろんなフェスにも出たいし、キャラの濃いバンドを集めた企画もやってみたいなって。
AKANE BAND-MAIDフェスだね。

――海外のバンドを呼んでもいいですね。
MIKU あ、いいですね! またひとつ夢が増えました(笑)。

(文/森朋之 写真/草刈雅之)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる