• ホーム
  • 音楽
  • AKB48、音楽DVD初動売上で女性歌手歴代1位に

AKB48、音楽DVD初動売上で女性歌手歴代1位に

 人気アイドルグループ・AKB48の最新DVD『AKBがいっぱい 〜ザ・ベスト・ミュージックビデオ〜』(6月24日発売)が初週20.9万枚を売り上げ、7/4付オリコン週間DVDランキング総合首位に初登場。女性アーティストによるミュージックDVD史上最高初動売り上げ枚数を記録した。

 『オリコン2011年上半期ランキング』でシングルセールス部門1・2位を独占し、「アーティスト別トータルセールス」では66.6億円で1位となるなど、数々の記録を打ち立てているAKB48。ミュージックDVDでも、安室奈美恵の『namie amuro BEST FICTION TOUR 2008-2009』(2009年9月9日発売)による初動15.5万枚という記録を、約3年ぶりに更新した。

 本作は、AKB48初のミリオンヒットとなった「Beginner」(6/28現在103.4万枚)をはじめ、「ヘビーローテーション」(同83.3万枚)、「ポニーテールとシュシュ」(同73.0万枚)、「桜の木になろう」(同107.8万枚)、配信限定シングル「Baby! Baby! Baby!」など全36作品を収録したミュージックビデオ・コレクション。特典映像には、ミュージックビデオの撮影秘話やエピソードなど、メンバーによるトーク対談が収められている。

 また、同日発売のBlu-ray Disc(BD)作品も、週間BDランキングで総合首位を獲得。初週9.3万枚を売り上げ、発売1週目にしてミュージックBD史上最高売上枚数を記録した。



オリコントピックス