九州新幹線CM、カンヌ国際広告祭で金賞受賞 マイア・ヒラサワ「非常に光栄なこと」

 九州新幹線全線開業記念「JR九州/祝!九州キャンペーン」CMが、「カンヌ国際広告祭」のアウトドア部門にて金賞、メディア部門にて銀賞を受賞した。同CMソング「Boom!」を書き下ろした日本人の父とスウェーデン人の母を持つシンガー・ソングライター、マイア・ヒラサワは「素晴らしいことだし、非常に光栄なことです」と喜びを語った。

 九州全土に新幹線が開通する一大プロジェクトのために制作された同CMは、東日本大震災の影響でお蔵入りとなったものの、その映像が動画サイトYouTubeで話題となり、「元気をもらった」、「今の日本に必要なCM!」などの声が、動画サイトのコメント欄やSNSに寄せられ、口コミで広がった。CMでは、鹿児島中央駅〜福岡・博多駅間を走るなか、沿線の1万5000人以上が参加した壮大な“ウェーブ”を車内から撮影し、180秒のロングバージョンも制作されたほどの大作となった。

 「カンヌ国際広告祭」は、広告賞のなかでも世界最大規模を誇り、毎年6月に南フランスのカンヌ市で開催され、全12部門あり、アウトドア部門は、看板、サインなどの屋外広告を対象とした部門で、最近ではゲリラ的なものやデジタルを利用したものなど、様々な作品を対象にしている。

 なお、同CMソングは、5月18日に発売されたミニアルバム『Boom!』に収録されている。

関連写真

  • マイア・ヒラサワ 
  • ミニアルバム『Boom!』 

オリコントピックス

メニューを閉じる