アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 【オリコン上半期】AKB48がミリオン2作 女性歌手33年ぶりのシングル1・2位独占

【オリコン上半期】AKB48がミリオン2作 女性歌手33年ぶりのシングル1・2位独占

■上半期トータルセールスは66.6億円で初首位

 人気アイドルグループ・AKB48が22日に発表された「オリコン2011年上半期ランキング」(集計期間:2010年12/27付〜2011年6/20付)のシングルセールス部門で1・2位を独占した。さらに、シングル、アルバム、ミュージックDVD、ミュージックBlu-ray Discの売上額を合計した「アーティスト別トータルセールス」では66.6億円を記録して1位となり、上半期2冠に輝いた。AKB48の「上半期アーティスト別トータルセールス」「作品別シングル売上枚数」の受賞はともに初めて。

 「第3回選抜総選挙」で社会現象を巻き起こしたAKB48は、シングル史上最高の初週133.4万枚を売り上げた「Everyday、カチューシャ」(5月25日発売・上半期売上149.9万枚)が上半期1位、毎年恒例の桜ソング「桜の木になろう」(2月16日発売・107.7万枚)が同2位に。また、デビュー6年目にして初のオリジナルアルバム『ここにいたこと』(6月8日発売・60.2万枚)はわずか1週分の売上で上半期アルバム部門2位に入るなど、盤種を問わずヒットを量産。「シングル」「アルバム」「ミュージックDVD」にランクインした計18作品の総売上額は、昨年同期の25.8億円から約2.5倍増となる66.6億円を記録した。

 この日、東京・六本木のオリコンで行われた表彰式に高橋みなみ大島優子板野友美宮澤佐江が出席し、メンバーを代表して高橋が「このような賞を受賞でき、光栄に思います。支えてくださるファンやスタッフ、皆様のおかげです。本当にありがとうございました」と感謝。上半期の総売上額を今知ったというメンバーは顔を見合わせ「数字には驚きを隠せません」と率直な感想を述べた。

■女性歌手では1978年ピンク・レディー以来の1・2位独占

 上半期シングルセールス部門1・2位独占は、1978年のピンク・レディー、1988年の光GENJI、2009・2010年のに続く史上4 組目の快挙。女性アーティストでは前出のピンク・レディーが「UFO」(上半期売上153.0万枚)と「サウスポー」(同124.0万枚)で記録して以来、33年ぶり史上2組目。女性グループによる上半期シングル1位は、1984年のわらべ「もしも明日が…。」(同96.7万枚)以来27年ぶりとなった。

 この記録に大島は「私たちが生まれる前からの記録を更新したということに驚きと記録の大きさを感じます」と話し、「デビュー当時はこの状況を想像できませんでした。毎日全力で歌い続け、皆さんに笑顔を届けられるように頑張ってきましたが、その姿勢は変えずに続けていきたいとより一層強く思いました」と気を引き締め直していた。

 なお、上半期のシングルミリオン突破は、2006年のKAT-TUN「Real Face」(同100.1万枚)以来5年ぶり。同一アーティストによる上半期内2作のシングルミリオンは、CD全盛期の1999年にGLAYが「Winter,again」(同163.8万枚)と「BE WITH YOU」(同117.3万枚)で記録して以来12年ぶり。AKB48にとって記録ずくめの上半期となった。

■「アーティスト別トータルセールス」ランキング
1. AKB48(66.6億円/377.0万枚)
2. 嵐(65.9億円/174.4万枚)
3. EXILE(46.8億円/100.0万枚)
4. 安室奈美恵(27.0億円/63.3万枚)
5. 少女時代(26.0億円/80.9万枚)
※2010年12/27付〜2011年6/20付のシングル+アルバム+ミュージックDVD+ミュージックBlu-ray Discの総売上額&総売上枚数

◆2011年オリコン上半期ランキング特集
 シングルアルバムDVDミュージックDVD過去のランキング


オリコントピックス