アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 豪華ゲストが集結 10年目「Golden Circle」武道館公演開催

豪華ゲストが集結 10年目「Golden Circle」武道館公演開催



 ロックバンド・JUN SKY WALKER(S)のベーシストで音楽プロデューサーの寺岡呼人が2001年から主宰し、今年で10年目を迎えるイベント『Golden Circle vol.15』が24日、東京・日本武道館で開催された。今回の公演には、寺岡の“憧れ”の存在であるRCサクセションの仲井戸麗市のほか、奥田民生Mr.Children桜井和寿ゆず中村中が出演。寺岡は「10年続くとは思ってなくて。20年、30年先もやりたいという希望をもとにこの日を迎えることが出来ました」と感慨深げに語り、共演者とともに「雨上がりの夜空に」など全23曲をパフォーマンス。会場を埋め尽くした約1万3000人の観客を熱狂の渦に巻き込んだ。

 『Golden Circle』は「若い世代、同世代、憧れの先輩と3世代で音楽を楽しみたい」という寺岡の願いから開催が実現し、これまでに忌野清志郎、小田和正、松任谷由実など豪華ミュージシャンが参加してきた。寺岡と20年以上の付き合いになるという桜井は「一番最初にMr Childrenを評価してくれたのが、呼人くんといっても過言ではない」としみじみ語り、当時2人で制作したというMr.Childrenの楽曲「星になれたら」を寺岡とともに熱唱し歓声を浴びた。

 この日が自身初武道館となった中村は、このイベントを“大人の部活動”と例え「遊び心もあって、後輩をこんな、大きな玉ねぎの下に連れてきてくれて」と感謝。寺岡から「『Golden Circle』を始める、きっかけを作ってくれた2人」と紹介を受けたゆずは「このメモリアルな回に呼んでいただき、本当に感謝しています」(岩沢厚治)。若い世代代表の中村が観客に「みなさん、もうゆずは若手ではありません!」と投げかけると、北川悠仁は「34歳になりましたー!もう中堅ですよ!」と笑顔でアピールして会場の笑いを誘った。

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 『Golden Circle vol.15』の様子 
  • 『Golden Circle vol.15』の様子 
  • 『Golden Circle vol.15』の様子 
  • 『Golden Circle vol.15』の様子 

オリコントピックス