『機動戦士ガンダムUC 1』がBlu-ray初動記録で『サマーウォーズ』抜く〜『THIS IS IT』に次ぐ歴代初動売上2位

■その他の写真ニュースはこちら

 大人気アニメ『機動戦士ガンダム』のシリーズ最新作『機動戦士ガンダムUC 1』が、発売初週で5.6万枚を売り上げ今週3/22付Blu-rayランキング首位を獲得。先週3/15付で『サマーウォーズ』が記録(5.4万枚)したアニメBlu-ray作品歴代記録を塗り替えた。また、Blu-ray総合の初動売上記録では、『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』に次ぐ歴代2位の記録となった。

 同作は、DVD総合ランキングでも首位を獲得し、Blu-rayと合わせ両メディアダブル首位に。同一アニメ作品のDVD&Blu-ray両メディアダブル首位は、これまでの『サマーウォーズ』(2010/3/15付)、『コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01』(2008/9/1付)の2作品に続く3作目となる。

 『機動戦士ガンダムUC』は、映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』から3年後の世界を舞台にした福井晴敏による人気小説のアニメ化第1弾。宇宙世紀0096年の工業コロニー「インダストリアル7」を舞台に、少年バナージ・リンクスの成長と純白のモビルスーツ「ユニコーンガンダム」の出会い、そして禁忌の箱「ラプラス」をめぐる宇宙規模の抗争が描かれている。


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索