上原美優、人気ロックバンドの音楽ビデオで“女優”に変身

■その他の写真はこちら

 “大家族貧乏”アイドルとして人気の上原美優が、8日に発売された人気ロックバンド・かりゆし58のアルバム『でーじ、かりゆし』の収録曲「ただひとつだけ伝えたいこと」で“ミュージックビデオ”デビューを果たすことが11日(土)わかった。同作で上原は、両親へ手紙を書くシーンやボーカル・前川真悟らと楽曲を口ずさむシーンなど、いつもの天真らんまんなイメージを封印し“女優”へと変身。本人も「歌の力って本当に凄い。早く両親に見せたい」と意気込んでいる。

 今春まで放送された俳優・松山ケンイチ主演の日本テレビ系ドラマ『銭ゲバ』(日テレ系)で、主題歌「さよなら」を務めるなど、沖縄出身のバンドとして注目度が高まっているかりゆし58。同メンバーが「可愛くてピュアな心の持ち主。同じ方面の出身で、親近感がわいていた」という理由から、鹿児島・種子島出身である上原の音楽ビデオ出演を熱望し、上原自身も喜んで快諾したという。

 3月下旬に、エキストラ200名と共に収録の臨んだ上原。ボーカルの前川は、上原の様子について「初めての経験で、とても緊張されていたようで……実はなかなか歌詞を覚えて頂けなかったんです」と振り返る。だが一方で、その一生懸命に取り組む姿勢に心を打たれ、直接上原に歌唱指導することもあったといい「自分たちの“根っこ”になる大切な曲を懸命に理解してくれました」と満足げ。最後には、同じ南西諸島の陽気なノリで意気投合し、連絡先まで交換するほど仲を深めたという。

 初体験ということで、終始緊張していたという上原も「前川さんの前で、本気で両親に手紙を書いていたこともあり、本当に何度も涙が出そうな場面がありました。とっても貴重な経験でした」と感慨深げに語っていた。




 かりゆし58


■気になるアノ人は?
『人気者チェック!』
■今、気になる話題『月間注目ニュースランキング』
■人気グラビアアイドルの映像が満載(無料動画)

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • かりゆし58(後方)の音楽ビデオに出演する上原美優 
  • 撮影の模様 
  • エキストラ200人を動員して撮影は行われた 
  • 撮影の模様 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索