谷村新司、代表曲「昴」にアンサーソング

■その他の写真ニュースはこちら

 谷村新司が11日(水)に発売するニューアルバム『マカリイ』に、1980年発表した谷村の代表的な作品「昴」のアンサーソングとして作られた作品「マカリイ」が収録されていることが、わかった。ハワイ語で「星の航海師」を意味するタイトルで、編曲は「昴」を手掛けた服部克久の長男、服部隆之が担当している。

 谷村が約2年ぶりに発表するオリジナル・アルバム『マカリイ』は、昨年12月に還暦を迎え、原点回帰と新たなスタートの幕開けと言ったメッセージが込められた作品。ブラームスの交響曲第3番、第3楽章に谷村が詞を書き、千住明がオーケストラアレンジを行った、初の“谷村クラシック曲「Maria〜ブラームス交響曲第3番第3楽章より〜」が収録されるほか、08年夏に平原綾香に提供した「朱音」のセルフカバーも収録。

 さらに1980年の発表以来、四半世紀以上も歌い継がれてきた谷村の代表作「昴」のアンサーソングが、「昴」を手掛けた服部克久の長男、服部隆之の編曲によって制作され同アルバムで聴くことができる。谷村の歌声と混声合唱団を含む総勢75名のオーケストラが聴きどころ。

 昨年12月に還暦を向かえ、アラフォーにまねて自らを「アラ還」と称し、精力的な活動が続く谷村。同作品発表後の活躍も期待される。


 谷村新司服部隆之千住明平原綾香

関連写真

  • 「昴」のアンサーソングが収録されたアルバム『マカリイ』 
  • 谷村新司 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索