“新生”J Soul Brothers、メジャーデビュー盤が初日1位スタート

■その他の写真ニュースはこちら

 人気パフォーマンスグループEXILEのリーダー・HIROがプロデュースする、7人組ダンス&ボーカルグループ・J Soul Brothersのメジャーデビューアルバム『J Soul Brothers』が、2/24付デイリーアルバムランキングで1位に初登場した。

 J Soul Brothersは、かつてHIROがEXILEの前身として結成していたグループの名称で、新たにHIROが“自らの遺伝子を継ぐ者”としてプロデュース。ボーカル2人とダンサー5人の7人編成で、EXILEやCOLORのツアー参加などを経てアルバム『J Soul Brothers』でメジャーデビューを果たした。

 同作には、日本テレビ系『プリズン・ブレイク シーズンIII』のテーマソング「Be On Top」をはじめ、CDショップで一般発売されなかったシングル4曲とそれぞれのカップリング曲、そしてEXILEのヒット曲「Lovers Again」のカバー、さらに新曲5曲を含む全14曲を収録。メジャー進出作が初日1位の幸先のいいスタートで、週間ランキングへの注目も高まりそうだ。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索