多部未華子が歌手デビュー、吉田美和デビュー前の楽曲をカバー

■その他の写真ニュースはこちら

 女優・多部未華子が人気グループ・DREAMS COME TRUEが2009年2月25日に発売する新シングル「GOOD BYE MY SCHOOL DAYS」で歌手に初挑戦していることがわかった。同シングルは吉田美和がデビュー前の高校生の時に作った楽曲を、ドリカムや多部を含める4組のアーティストがカバーした、カバーシングルとなっている。

 来春スタートのNHK朝の連続テレビ小説『つばさ』で、ヒロインに抜擢されるなど活躍の場を広げている多部は「ドリカムさんの楽しい企画に私も参加させていただけて、とても嬉しいです。なにより私が楽しみたいと思います」と初挑戦に意欲をみせている。

 新シングルは、ドリカムがデビュー20周年を2009年3月に迎えるにあたり、吉田が高校の卒業ライブで歌った思い入れのある同楽曲を「女の子バンドに歌ってほしい」という長年温め続けてきた企画を実現したもの。多部のほか、スカバンドのオレスカバンドや若手スリーピースバンドのFUZZY CONTROLが参加した。

 「記念すべき20周年のカウントダウンの今だからこそ、デビュー前に作られた楽曲を卒業シーズンに発売しようということになった」というドリカムは、「それぞれに全く違う幅広い4バージョンが入ったこのシングルを、卒業シーズンを迎える中学生、高校生の皆さんに楽しんでもらえたら嬉しい」と心境を語っている。


 DREAMS COME TRUE

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 多部未華子 
  • DREAMS COME TRUE 
  • オレスカバンド 
  • FUZZY CONTROL 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索