Do As Infinity復活ライブ に1万人「もう店仕舞いはねぇ!」と再始動

■その他の写真はこちら

 05年に解散し、今年の9月29日に再結成したユニット・Do As Infinityが9月30日(火)、東京・代々木公園野外ステージで復活ライブを行った。来場フリーの会場には前日からの徹夜組を含む1万人が詰め掛け、ボーカルの伴都美子は「ただいまでございます」とファンとの再開に喜びを爆発。ギターの大渡亮も「もうDo As Infinityの店仕舞いはねぇ!」と再始動に対する思いを打ち明けた。

 1999年9月29日にデビューし、05年の同日に6年間の活動にピリオドを打ったドゥアズが3年ぶりに本格的に帰ってきた。雨が降りしきる寒気の中、伴らが現れると会場熱はヒートアップ。多くのファンが前方へなだれ込み、一部のフェンスが傾いて将棋倒しになるハプニングも起きたが、伴らが仕切りに「一歩ずつ下がって」と呼びかけたこともあって混乱することもなく、復活ライブの宴は続行された。

 「みなさんの声援があってこの日を迎えられた。凄く嬉しい」とファンの声援に全身全霊で応えた伴らは、ヒット曲「深い森」「冒険者たち」など全10曲を熱唱。ライブ中、大渡から11月に東名阪ツアーを行うことも発表され、「あの曲、この曲全部やります」と再始動ののろしを上げていた。
今月の写真ニュース一覧をみる

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • Do As Infinity 
  • Do As Infinity 
  • Do As Infinity 

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索