【YouTubeチャート】HYBEが手がけるガールズグループ LE SSERAFIMが上位初登場

 今週(2022.4/29〜5/5)YouTubeチャートTOP100の週間総視聴回数は先週比で17.5%増と2桁台のアップとなった。TOP100の初登場作は16作(先週12作)となった。

【YouTube_TOP10】(4/29〜5/5)

【YouTube_TOP10】(4/29〜5/5)

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 今週の1位(先週3位)は、7人組ダンス&ボーカルユニットBE:FIRST「Betrayal Game」(視聴回数573.3万回)。ドラマ『探偵が早すぎる〜春のトリック返し祭り〜』(読売テレビ・日本テレビ系)主題歌だ。視聴回数が先週の1.6倍に伸長し「Gifted.」、「Bye-Good-Bye」に続く3作目の首位獲得となった。同作の配信日である4月25日には、リリースを記念してYouTubeライブ生配信とミュージックビデオ(MV)のプレミア公開の模様が、東京・新宿のユニカビジョンで同時中継されるという、YouTube Japanでは初の試みも実施された。

 初登場で4位に食い込んだのは、韓国発6人組グループLE SSERAFIM(ル セラフィム)の「FEARLESS」(同506.9万回)。5月2日にリリースされた初のミニアルバム『FEARLESS』のリード曲だ。メンバーは、元IZ*ONEのメンバーSAKURAとCHAEWON、そしてYUNJIN、KAZUHA、GARAM、EUNCHAEの6人。BTSが所属する韓国の大手プロダクションHYBEが手がける初のガールズグループということで、デビュー前より大きな関心を集めており、前評判通りの快進撃を続けている。グループ名は「IM FEARLESS」のつづりを組み替えたもので、「世の中の視線に動揺することなく前に進む」というグループの強い意志を表している。5月9日には『CDTVライブ!ライブ!』に出演して同曲をフルサイズで初披露した。

 韓国の歌手PSYの「That That(feat. SUGA)」(同437.7万回)は、5位に初登場。かつて「江南(カンナム)スタイル」で世界的ヒットを飛ばしたPSYと、BTSのSUGAによるコラボレーション作だ。SUGAは本作のプロデュース/フィーチャリングで参加。ウェスタンをテーマに撮影されたMVでは、ガンマン風衣装のPSYとSUGAの息の合ったダンスが披露されている。途中、空色のタキシードを着たPSYが、SUGAにKOされるシーンがある。これは「江南スタイル」との決別を意味しているのだという。徹頭徹尾自分をいじり倒した内容は面白さに加え、ある種の清々しさすら感じさせる。再生数はグローバルですでに1億回を突破。次週以降の動きにも期待がかかる。

 12位に初登場したのは、SEKAI NO OWARIの新作「Habit」(同233.9万回)。4月29日に公開された映画『ホリック xxxHOLiC』の主題歌だ。学校を舞台にしたMVでは、先生役のFukaseが、生徒役のダンサーらを従え、コミカルでキレ味のいいダンスを披露している。MVの監督は俳優の池田大が務め、振付はダンスチーム・パワーパフボーイズが担当。これまでSEKAI NO OWARIが見せてこなかった別の一面に、「何度も観てしまう」「クセになる」と、ハマる人が続出。反響は上々のようだ。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 【YouTube_TOP10】(4/29〜5/5)
  • 【YouTube_TOP11〜20】(4/29〜5/5)
  • 【YouTube_TOP21〜30】(4/29〜5/5)

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索