ぴあ総研が16日、2020年の音楽ポップスフェス市場に関する調査結果を公表した。市場規模は前年の330億円から97.9%減(323.1億円減)の6.9億円、総動員数も同295万人から96.8%減(285.7万人減)の9.3万人と激減した。 本調査は2020年1月〜12月に開催された音楽ポップス分野のフェスティバル形式(同時間帯に複数アーティストが出演する形式)のイベントが対象。チケットの販売額を推計したもので、オンラインライブは含まれていない。

この記事の画像

  • 右肩上がりだったフェス市場は深刻な落ち込みに
  • 10年分の音楽ポップスフェス市場規模と動員数の推移

タグ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索